Instinctive Brute > A > PC2

「波濤の獣」(クリード) ムクロ


≪プロフィール≫

【コードネーム】波濤の獣/クリード
【性別】男性
【年齢】19
【身長】175
【体重】70
【誕生日】8月10日
【血液型】AB型
【ブリード】クロス
【シンドローム】ウロボロス/ブラムストーカー
【ワークス/カヴァー】FHエージェント/UGNチルドレンA
【ロイス】
キャンペーンロイス:華房 瑛莉 □P:感謝/■N:不信
ジャーム □P:興味/■N:殺意
[Dロイス]:捕食種 原初の灰・デトネイドモードを取得
[Dロイス]:実験体 肉体+3、社会+1

【ライフパス】
出自:権力者の血統 遺伝的に繋がりがあるだけだよ
経験:大失態 絶対に、ユルサナイ
邂逅:
覚醒:無知:14 そうなるべくして産まれたから、当たり前のようにそうだった
衝動:殺意、破壊:18 捕食種は、絶対に殺す

【能力値・技能】
肉体:7 白兵:4 回避:1
感覚:3
精神:3 RC:1
社会:1 情報UGN:1

【副能力値】
 基本侵食率:44
 HP:35
 行動値:9

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート - 自動成功 自身 至近 効果参照 - HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート - 自動成功 シーン 視界 - エキストラ除外。
BS1 ≪コンセントレイト:ブラムストーカー≫ 2 メジャー シンドローム - - - 2 - C-Lv
BS2 ≪赫き剣≫ 5 マイナー - 自動成功 自身 至近 5 - HPをLv×2以下消費して赫き剣(槍)を装備。
BS3 ≪破壊の血≫ 5 マイナー - 自動成功 自身 至近 2 リミット 赫き剣で作った武器の攻撃力+Lv×3、ガード値+5、HP2点消費
BS4 ≪渇きの主≫ 1 メジャー <白兵> 対決 単体 至近 4 - 装甲無視。命中するとHPLv×4回復
BS5 ≪鮮血の一撃≫ 1 メジャー <白兵> 対決 - 武器 2 - ダイス+Lv+1、HP2点消費
UR1 ≪原初の白:オーバーロード≫ 1 オート - 自動成功 自身 至近 5 80% 攻撃の命中直前に使用。武器の攻撃力+武器一つの攻撃力。メインプロセス終了時武器破壊
UR2 捕食種・原初の灰・デトネイドモード 1 オート - 自動成功 - 武器 5 破壊、100% 攻撃直前に使用。武器一つの攻撃力を二倍に。メインプロセス終了後、HPを五点失い、武器破壊。
UR3 原初の青・ハンティングスタイル 1 マイナー - 自動成功 自身 至近 2 - シーンLv回まで距離内で任意に移動
BR5 ≪生命吸収≫ 5 メジャー


【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考

【コンボ】(100%未満/100%以上)
  • 名称:穿/鳶穿

  • 組み合わせ:UR1からのBS1+BS4+BS5/UR2からのUR1からのBS1+BS4+BS5
  • タイミング:メジャー
  • 技能:白兵
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:13/18
  • ダイス:2+9+侵食値D
  • CT値:8/7
  • 攻撃力:50(52)+命中D/100(104)+命中D
  • 備考:特になし/シナリオ2回




【アイテム】常備化P:2 財産P:1
名称 種別 常備化 詳細 設定
赫き剣(槍) 白兵 - 攻撃力は消費したHP+8 赫い槍
強化服 防具 1 装甲+1 設定に書いた衣装

≪容姿・性格・設定≫

 生まれついての白髪に赤目。優秀なオーヴァードの遺伝子を組み合わせて生み出された実験体。同じ遺伝子の組み合わせで作り出された中で何故かアルビノとなり、レネゲイドウイルスにも高い適正を示した。その為、実験体の中でも特別に扱われ、強い力を持つために幼い頃から性格などを厳しく管理された。実験体とはいえ、周りの人は優しく、そのため純粋で人を疑わなく、優しい性格に育った。しかし、一年前、彼は間違えて入ってしまった立ち入り禁止区域で、拘束された捕食種の男から、涙ながらに悪いことなんてしないからここから出してくれと頼まれてしまう。哀れに思ったのか、人を疑わなかった彼はその男を逃がしてしまう。それが、全ての崩壊の始まりだった。解放された男はすぐに他の399人もの捕食種を解放。その施設で解放された捕食種は、大量の人々を殺した。それを、彼は只々呆然として眺めていることしかできなかった。彼は、そこで初めて悪意というものを知ったのであった。衝撃から我に返った彼は、破壊された施設、大量の死体を見て、誓った。必ず、この復讐を遂げようと。そうして彼は、UGNをぬけFHに移籍。自らを捕食種となり、ムクロと名乗って捕食種を殺すことに人生を捧げることにしたのである。その時より、彼は人前では常に謎の鎧のようなスーツと、バイザーつきのヘルメットを被り、決して素顔を見せない。彼は知っている。人は悪意ある生き物であると。彼は知っている。それでも全員が悪人ではないことも。それでも彼は、決めたのだ。捕食種であるならば、必ず殺すことを。もしかしたら、捕食種の中にも良い人もいるかもしれない。でも、今の彼には信じられない。純粋であったが故に、一度でも裏切られたという事実は、毒のように彼の心を蝕んでいる。だから、彼は決めたのだ。全ての捕食種を殺し尽くし、その果てに、自らの命を断ち、それで捕食種の全てを終わらせると。それが、彼が殺してしまった、施設の皆への餞であるのだと、それが、彼が生き残ったただ一つの意味なのだと信じて。

《PLより》

捕食者絶対殺すマンになりました。FHだから許されるよね(にっこり)コードネームはムクロの使う自らの血で作る魔槍を、かの有名なゲイ・ボルグに見立てて、その槍の材料となったクリードから。ムクロの恰好が気になる人は、九角勇王 ムクロで検索してみてね。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。