The Ending of Agharta

このページは、世界樹の迷宮SRSキャンペーン「The Ending of Agharta」についてのページです。

世界は'F'により、その役目を閉じた


終わりの世界で、世界樹が見守る中


6つのFが、1つになりしとき


地中に眠りし大地が姿をあらわす


アレイスト・キリサキ(245-289)「アガルタ詩編集 第二編」より

レギュレーション

初期CL(クラスレベル):5

初期所持金:1500en

細かいレギュレーションは世界樹:スピードの迷宮SRSを参照のこと。(詳細ルールはそのうち作成する。)

追加レギュレーション
1.常備化点の導入
各話終了後、そのシナリオ中に獲得したドロップアイテムの総合計額÷3を、常備化点として各PCに配布する。
常備化点1点=1enとして消費することで武器,防具,アクセサリーを購入できるものとする。

2.レベルアップに必要な経験点について
LvXからLv(X+1)に成長するのに必要な経験点は(X+1)^2点とする。
(たとえばLv7からLv8になるのに必要な経験点は8×8で64点である。)
+ 必要経験点表

3.アクセサリーについて
同じアクセサリーを2つ以上装備することを禁止とする。
([フラワーネックレス]、[朱実の守り]、[革のベルト]複数装備への対策)

重要:スキルのエラッタについて
一部スキルのエラッタにあたり、wiki上のデータとPCのスキルデータが異なる形になる形になったため、現在の段階でPCが取得している旧データをこちらに置いておきます。このキャンペーン内では旧データの方の効果が適用されるものとします。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
+ 旧データ


ハンドアウト

PC1(女性PC限定)
出自:世界樹の巫女   特徴:['F'の遺伝子] 【精神力】+CL
境遇:迫害        クエスト:世界樹の封印を解く。
運命:自由
関係:ギルドマスターV[ビジネス]
 あなたは、世界樹を解放/封印することができるとされる世界樹の巫女である。ベルキアの町にある祠で祈祷していたところ、『世界樹によって、この世界は危機に瀕している。今こそ世界樹を封印から解き放たなければならない。それが頼めるのは、世界樹の巫女であるあなたしかいない。』という天啓を受けたため、Y大陸のどこかにある世界樹を目指し旅立つことを決意した。
しかし世界樹の巫女は迫害される存在であり、簡単には島から出ることすらも難しい。それならば、ベルキアの町に本部がある冒険者ギルドへ赴き、冒険者になるしかない。 そう、全てはこの世界を救うために。

PC2(男性PC限定 年齢制限:24歳以上)
出自:烈火の刃    特徴:[強靭な肉体] 【耐久力】+CL
境遇:追放     クエスト:「あの時」の真相を知る
運命:自由
関係:聖騎士フレイア[好敵手]
 あなたは、エルディリア王国に仕える精鋭部隊"烈火の刃"の一員であった。 精鋭部隊として過酷な任務に挑む中で、烈火の刃に同時期に入隊したフレイアと絆が深まっていた矢先、あなたは突如"烈火の刃"から追放される。追放の原因は今もわからないが、部隊を去る時フレイアは最後に悲しそうな目で「あの時、'F'を...」と言った。 「あの時」とは一体…?
あれから4年。君はベルキアの町で過ごしている。心の中に違和感を感じながら。この違和感が「あの時」のことだと気付いた時、あなたは冒険者ギルド本部へと走り出した。もう一度、彼女に会って「あの時」の真相を聞き出すために。

PC3
出自:ホッポル族    特徴:[幸運者] 1シナリオに3回まで、判定の2Dで出目4以下のとき、判定をクリティカルにできる。
境遇:捜索       クエスト:大賢者サマリアを探し出す。
運命:自由
関係:セヴァンタス(ホッポル族の族長)[師匠]
 あなたは、北方の村セシアに住む部族、ホッポル族の民である。ある日、族長であり予言者であるセヴァンタスが、「近い未来、世界樹と共に世界は崩壊する。それを止められるのは最後の世界樹の巫女ただ1人‥」と予言をした。セヴァンタスは、あなたに世界樹誕生以前から生きているという大賢者サマリアを探してくるように命じたのだった。それから1年余り、ベルキアの町に辿り着いたあなたは世界樹の巫女の存在(PC1)に気付く。彼女に付いていけば大賢者サマリアに辿り着くこともできるだろう。あなたは彼女の後を追うことにした。

PC4
出自:一般人      特徴:[一般人の底力] スキルの取得上限Lvが(本来が5なら6に、本来が10なら12)になる。
境遇:探究      クエスト:'F'の結晶を探す。
運命:自由
関係:ポポル博士[尊敬]
 あなたは'F'という謎の因子について研究しているポポル博士の助手として、ホドルの町で幼い頃から働いてきた。最近、ポポル博士は'F'についての研究を最終段階まで進めたようだ。しかし最後の実験には、Y大陸のどこかにあるという「'F'の結晶」が必要らしい。博士の研究を完成させるため、あなたは結晶探しの旅に出ることにした。宝関係なら、冒険者から情報を集めるのが最善策だ。それならばと、あなたはベルキアの町の冒険者ギルド本部を目指した。

PC5
出自:占い師の親友  特徴:[フォーチュンテラー] 1シナリオに2度だけスキルの効果を消滅させることができる。(使用回数制限スキルを消滅させた場合、そのスキルの使用回数は減らないものとする。)
境遇:孤児      クエスト:地底都市アガルタに辿り着く。
運命:自由
関係:アウグス・フェレンテール[親友]
 あなたはベルキアの町でも有名な全盲の占い師、アウグス・フェレンテールの小さいころからの親友である。フェレンテールは占い師であると同時に魔術師でもあり、あなたの見た光景をフェレンテールが魔術で共有することができる。彼女はある日、あなたに大陸のどこかにあるという幻の地底都市アガルタを見てみたいとお願いしてきた。話によると、占いでアガルタに行けば、彼女の目が見えるようになる何かがあるとのことらしい。フェレンテールのためにアガルタに向かうことに決めたあなたは、まず冒険者ギルド本部へと向かった。

ギルド名「裂空の太刀」の方はこちら → The_Ending_of_Agharta Ⅰ
ギルド名「トゥインクルシーカーズ」の方はこちら →The_Ending_of_Agharta Ⅱ


  • とりあえず作った -- speed (2016-05-16 02:17:56)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。