【MGR】泪の向こう側 > 第3話


何が善なのか 何が悪なのか
何が味方なのか 何が敵なのか
そんなことを考えるのはあまりに滑稽だ
己の腕が血濡れと知りながら、
今なおその腕で敵を斬る覚悟があるか
メタリックガーディアンRPG
『泪の向こう側』
第三話
『Lost Horizon』
鉄の腕で闇を砕け!
なに、大丈夫 覚悟あるものの振るう拳は強いさ


ハンドアウト
巻嶋リュウゴ
コネクション: 天河ツカサ 関係:心配
アイの件に加え、君が元いた世界から来たことを匂わせる仮面の男など、オルフェンズの泪の事件以後、君の周りでは事件が絶えない。そんな大変な中、君に臨時の支部長職を押し付けて何処かへ消えていた支部長が帰ってきた。君が文句交じりに彼が不在だった間の出来事の報告を終えると、小声で何か独り言をつぶやいた彼は神妙な顔でこう切り出した。「君のクラスメイトの……天河ツカサくんのことだが……。」

エミリ・タテカワ
コネクション:ワルモンヌ・ワルシュタイン 関係:任意
まぬけなアリサのおかげでワルモンヌに足取りが掴めた。しかし、あなたの眼の前に現れたワルモンヌはどうにも様子がおかしい。何か熱にでも冒されているような……。あなたがいつものように偉そうに彼女に挨拶をしようとしたところ、彼女はあなたに突然こういった。「私…エミリのことが好きになってしまったのだ……。」訳も分からず動揺するあなたにワルモンヌは抱きついた。これもこれで悪くは…いや、そんなはずはない!あなたはワルモンヌを引き剥がして思案する。一体誰がワルモンヌをこんな風にしてしまったのか。少し調査が必要なようだ。

アイ・フレンディア
コネクション:寿ヒカリ 関係:信頼
君は言いもしれぬ違和感を感じていた。紫の石。確かに、微かではあるが、それを求めていた気もする。しかし、そんな石のデータは記録のどこを探しても出てきはしない。では、なんでこんな違和感が?そもそもデータであるはずの自分に違和感など存在するはずは?プログラミングのどこかにエラーでも起きているのか?いや、そうであるなら、先日の点検の際になぜ直されていない?頭に?マークばかりが浮かぶ。そんなあなたの後ろから、ヒカリの声がする。「どうしたの、アイちゃん、顔色悪いよ。」そうだ、この違和感の正体について、ヒカリに尋ねてみるとしよう。

マリア・スターズ
コネクション:ライラ・スターズ 関係:懐疑
久しぶりにライラから”指令”が下った。今度は連邦首都・ニューバビロンで行われるサミットの護衛の手伝いであるという。いつもなら、二つ返事で受けるはずの任務だが、今の君にその自信はなかった。ちょうど「クロススター・コーポレーション」の方にも探りを入れようと思っていた矢先である。母を信頼して良いものなのか?是とも否とも言えぬ返事をし電話を切る。さぁ、これからどうしたものか。

析木美寅
コネクション:壬冷夏 関係:忠誠
混迷を極める桜華支部。そんな支部での仕事に充足感を感じ始めていた矢先、敷島皇国皇女・壬冷夏から連絡が入った。最近、国境付近のラーフ勢力があまりにおとなしく、何か大きな作戦を計画しているように思われるという。近々ニューバビロンでサミットが開催されることも考えると、そこを攻撃する可能性は非常に高い。どうも、ゾディアックガーディアンも関連しているようで、桜華支部で対策すべき問題であるようだ。

アリサ・ブロワ
コネクション:ナターシャ・ベルム 関係:不安
トリムルティの面々から聞いた話によると革命ゲリラは敗北し、離散したという。ナターシャにも連絡が取れず、事態は逼迫している。実質的なリーダーを欠いた共和国側も相当混乱していることが予想され、この好機を逃すことなく連邦側との交渉を成功させたい。幸いにもレムリア経由で交渉の席に立つことはできそうだが、どうなるものやら。会議の場はニューバビロンのサミット会場。壬冷夏など懐かしい面々に会えるのも楽しみだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。