ALG21_1_pre

ALSHARD GAIA



今回予告

ある日 彼の元に希望の鍵が訪れ 物語は始まりを告げた
早過ぎる邂逅は絶望の母となり 希望の鍵は世界の敵へと姿を変えた

その日 希望の鍵は失われ 彼らの未来は失われた
だから彼らは戦うことを決めた 彼らの未来を取り戻すために 

大きな渦の中に巻き込まれた迷子と、戦士と、夢見るものたち
その終わりに見えるのは希望か、絶望か、それとも――

アルシャードガイア21 夢と正義と死に神と 第1話
  「世界の敵と希望の鍵」
そしてまた、蒼き星に奇跡が生まれる

シナリオハンドアウト α版

後ろ二人が若干適当気味で、手直し中でごわす。


八ツ尾基房 用 ハンドアウト コネクション:クドリャフカ 関係:任意
学び舎の長として、後進の指導に当たるあなたの元に魔術師連盟からの使者が訪れた。 
連盟は大燦寺光照をブルーススフィアの安全への脅威だと認定し、処分を決定し、あなたに協力の要請をしたいのだという。
要請には各界の重鎮による署名がなされ、発起人には君のかつての弟子の名前すら名を連ねている。
何かがおかしい。そう思うあなたに魔術師連盟から来た少女はこう言った。
「明らかに、今の魔術師連盟の動向は不自然です。この異変の原因を突き止めてもらえませんか」と。

九頭恋 用 ハンドアウト  コネクション:チャイカ
シャルが君の元にやってきて、君がアスガルドを求めてからもうすぐ1年がたつ。
分かったのはアスガルドへ至るのは簡単ではない事と、そうしている間にも君の日常は続いていく事。
どこか焦りさえ感じるあなたに、医院に検診にやってきた少女がふとこんな事を尋ねた。
「もしもねがいかがなうなら、先生は何を願う?」
余命幾許も無いという彼女に対して、自分はなんと応えるべきなのだろうか?
シャルや元の世界の人に対して、そして何より自分に対して自分はなんと答えたらよいのだろうか

大燦寺光照用ハンドアウト  コネクション:空から降ってきた少女
物語の始まりはいつだって突然だ。
騒がしくも美しい日常を過ごす君の元に訪れたのは虹色の鍵と、見知らぬ少女。
それらはなぜか少し懐かしい感じがして、その光景を眼にした親友の顔はいつも以上に引きつり、蒼ざめていて
そうして君はわけもわからぬままに世界の敵になった。

Duds用ハンドアウト  コネクション:アーリャ
闇の御子の1件から1年が経ち、フランス寮は新たな住人を迎えた。
転入生としてやってきたのはアーリャとチャイカの兄妹。素直な良い子達で同室となった春紫君やミキとの仲も良好なもの。
だから、今日もあなたの日常は何も問題はない。そのはずだ。
だが、君はなぜか彼らに対して違和感と、嫌悪のようなものを感じてしまう。どこか【殺戮衝動】にも似ているような。
それに以前この兄妹を見たことがある気がするのだ。ここではないどこかで。


NPC

なぜかロシアンがコネクションの75%を占めています。実にカオス。

  • アーリャ
    • ゴットフリート学園高等部2年。半年ほど前に転入してきた。寮では瑞村春紫とルームメイト(トッキーと入れ替わり)。
    • チャイカの兄で若干過保護気味。

  • チャイカ
    • ゴットフリート学園中等部1年。半年ほど前に転入してきた。寮では鬼塚ミキとルームメイト(シャルと入れ替わり)。
    • 原因不明の病を患っていて、あまり長くないはだろうといわれている。定期的に都会の大病院に通っていて、近くの九頭医院には経過観察のために行きつけている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。