【MGR】追憶のケラサス > Track6


次回予告


機甲暦の黎明より蓄えられた人の業。ひとつの形をなす無数の点。
スペースコロニー・ケラサスは、澱で満ちた毒の壺。
渦巻く打算と純粋な祈りの狭間に、深い亀裂が走る。
混沌の中で確かなのは、誰も容易には仲間を裏切れないということだけだ。

『メタリックガーディアン 追憶のケラサス』第六話
「コドクの中のワタシ」
結局のところ、ヒトは皆ヒトリなのか。

ハンドアウト:放送日公開
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。