【MGR】追憶のケラサス > Track4


新章始動


帰りくる人々。変わりゆく未来。
悔恨など後の祭り。込められた弾は、ただ放たれるのみ。
相見ゆは我がさだめ。選ぶ道は闇の中。
星の磯に寄せる浪。果たして砕くか呑まれるか。

『メタリックガーディアン 追憶のケラサス』第四話
「この願いが叶うなら」
今は、ただそれだけを祈って。

ハンドアウト
【PC1】
コネクション:任意 関係:任意
チドリと瑞葉の「命を懸けた」大立ち回りで、ゼーアドラー率いるノイエ・ヴォルフ本隊はひとまず退けられた。
だがケラサスもまた枢要な戦力を失い、この機会を逃すなとばかりに波状攻撃は続く。
疲弊していく生徒会の面々。遅々として進まぬ反攻作戦。途絶する通信。
二週間めを耐え抜こうというところで、君の心は限界へと近づきつつあった。

【PC2】
コネクション:アリーゼ・ドンハット 関係:任意
君は命からがら、フォーチュン支部が存在する中規模コロニーへの撤退を果たした。
だが、ケラサスの人々が――そして恋人が苦境にある中で、反攻作戦まで息を潜めるつもりなどない。
更なる変貌を遂げたグランマグナの修復が完了するや否や、君は無断での出撃を決行するのだが。
……考えることは同じ、というやつだろうか。
重要参考人として保護されていたはずのアリーゼ・ドンハットもまた、そこにいた。

【PC3】
コネクション:霧生 颯 関係:旧友
時空間の裂け目を荒れ狂うAL粒子の流れは、君を連邦軍イズモ基地の付近へと導いた。
待ち受けるは突然の栄転と新たな任務、そして陰謀のヴェールを纏った飛行隊。
君の心は、半年の間に芽生えたケラサスへの情と、連邦軍人としての使命の間で揺れ動く。
そして、そんな君の下につく僚友たちは、かつて航空学校での日々をともにした少女たち――。

【PC4】
コネクション:故郷 関係:任意
帰れぬ場所と知りながらも、望郷の念は消えない。闇をたゆたい君が辿り着いたのは、忘れもしない故郷だった。
ある意味では好都合と言えるかもしれない。
かつてディスティニーがこの街を狙ったのは、連邦が管理する宇宙へのマスドライバー連絡線があるゆえだ。
それを利用することが出来たならば、速やかにケラサスに帰還することも可能であろうが……。
最悪なことに、君の目の前にいたのは、アビスステルスを展開し再度のテロ活動を企むミーレスだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。