アマデウス グラン・グランマ

グラン・グランマ

「おばあちゃんの知恵、というやつさねぇ」

レベル:1
属性:青
神群:エジプト神群
境遇:家族
予言:学者
性別:女
年齢:68
職業:作家
経験:0
神貨:2

親神 トト
背景 伝説の子

能力値
武勇 C- 1個 霊力 A+ 3個
-1 +1
技術 A+ 3個 B 1個
±0 ±0
頭脳 A++ 3個 日常 B 2個
+2 0

生命力 13

≪ギフト≫
ギフト名 分類 条件 判定 効果
親神の恵み 補助 なし 親神の権能に関連ならば達成値+X。
トトの書 補助 青白黒 なし 神貨1で闇無効、ダイスロール直後
経験豊富 補助 青緑緑 なし 条件を満たした時に使用可能。1つのモッドを+1、セッション1回
神撃 霊力 【自分の属性の覚醒段階】×2+2d6点ダメージ
星座 緑青白 霊力 自分が行動不能になったとき、判定成功で2d6回復、セッション1回
バァ 白白 なし 判定に介入時達成値上昇の代わりに(想い)d振ってアクションダイスにできる


≪アイテム≫
アイテム名 種別 威力 機能
常備品 1d6 神撃1、見た目は杖。おばあちゃんだもの。←セッション前に投げ捨てる
供物*2 消耗 1d6-1 表を振りなおせる
護符 消耗 1d6-1 ダメージ-1d6
食糧4個 消耗品 1d6-1 生命力1点回復
太陽と月の矢 5話で渡されたもの。

≪関係≫
梔(咲綺ちゃん) 1 +信頼
果子(果子ちゃん) 1 +憧憬
差笠(之くん) 1 +信頼
蒲池(健くん) 2 +信頼
明日実 1 +共感

協力者
トト(トトさま) 1 +
明日実 1 +信頼

≪成長≫
1話後:【ヒエログリフ】取得
2話後:技術を1アップ、【ヒエログリフ】→【星座】
4話後:愛をシフト1
5話後:【バァ】取得
6話後:技術を1アップ

≪設定≫
幼いころからトトのもとと現実とを行き来し、トトに多種多様なことを教えてもらったり、逆に現実の新しい発見を伝えたりしていた。そんな中で、彼女自身も多種多様な発明・発見をしたのだが、一つ一つはあまりに小さく、その偉大さが一般人に知れたのは彼女が老いた後だった。そのため、彼女の容姿の成長(老化)が止まったのは今の年齢になってからである。
現在では神子として神話災害に立ち向かいつつ、副収入源として、自分の経験や知識をもとに脚色したり創作したりした小説を書いている。
徳之島攻略の際、クロノス側に付いていた自分の【影霊】を倒し、記憶を回収した。

≪容姿・性格≫
よくあるおっとり系のおばあちゃんという雰囲気の女性。年の功とかいうレベルじゃない知識人。
トトのことは「トトさま」と呼び父親のように慕っている(実際父親かも知れない)。
杖を持っているものの、まだ腰が曲がるほどではない。これ以上老化しないし。武器だし。
「伝説の子」であるゆえに、若干ネジが外れている節がある。

≪PLより≫
たぶん少なくとも日本人ではない。
トト様秘蔵幼少期
+ ...

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。