アマデウス 差笠 路之

差笠 路之

「じゃあ、バッドエンドを否定してハッピーエンドを手に入れに行こうか」

レベル:6
属性:黒
神群:クトゥルー神群
境遇:加護
予言:神殺し
性別:男
年齢:25
職業:詩人
経験:1400
神貨:2

親神 ナイアーラルホテプ
背景 災厄の子

能力値
武勇 A 3個 霊力 B+ 2個
±0 +1
技術 B 2個 C++ 1個
±0 +2
頭脳 A++ 3個 日常 B 2個
+2 ±0

生命力 11

≪ギフト≫
ギフト名 分類 条件 判定 効果
親神の恵み 補助 なし 親神の権能に関連ならば達成値+X。
封印されし力 補助 黒黒青白 なし 任意のランクをシナリオ中1つあげる。1/Sr
輝くトラペゾヘドロン 術式 黒2青緑白 霊力 ダメ7d6、因果をすべて取り除く
ネクロノミコン 補助 赤青緑白 なし 【生命力】-1d6で。黒の因果を2つ多いものと数える。
悪魔的陰謀 補助 黒2 頭脳 冒険フェイズを行う。1/Sr


≪アイテム≫
アイテム名 種別 威力 機能
棍棒 常備品 1d6+4 制度-1、必殺2。見た目バット
供物 消耗 1d6-1 表を振りなおせる
供物 消耗 1d6-1 表を振りなおせる
食糧5個 消耗品 1d6-1 生命力1点回復

≪関係≫
ナイアーラルホテプ 信頼
中月さくら 1 同情
2 信頼
果子 1 興味
グランマ 1 心配
蒲池 1 庇護

NPC

ナイアーラルホテプ 殺意
明日実 1 憧憬


≪成長≫
1話終了後
+ ...
2話終了後
+ ...
3話終了後
+ ...
7話終了後
+ ...


≪設定≫
喜界島出身の詩人。
高校生の時に詩のコンテストで最優秀賞を取って以来、詩で食べていくことを決意。
創作意欲を高めるために世界旅行をし、行った先の人々の暮らしを写真付きの詩集にすることにより収入を得ている。
よく事件に巻き込まれており、その際には持ち前の頭脳で乗り切ってきた。
なお、彼の行ったところにはどこからともなくバットを持ち出してきて事件を解決する日本人がいるという噂があるとかないとか。
最近日本に一時帰省したときに蒲池としりあい、旅のノウハウなどを教えた。
あくまで一般人のため根本的な解決をすることはなかったが、アマデウスたちが駆け付けるまでの時間稼ぎは十分に行っていた。

今回生まれ故郷である喜界島が絶界化したということで押っ取り刀で駆け付けた。
原風景である島と海を取り戻すために、調査を開始した。



≪容姿・性格≫
一見すると普通に人の良さそうな青年でありいわゆるどこにでもいる人。
思考も常識的なものであるが、まきこまれ体質であることから少しねじが外れてる。
神々に対しては畏敬の念は持っているが既に人間の時代であり、退場を願っている。
神子として覚醒したのちもきったはったよりも頭脳労働が得意なため情報収集に力を入れている。
影霊が身近な者に憑依している可能性もあるため手広く情報を集めている。
親神についてはその知識や技術の高さは信頼しているが、性格については軽蔑しているので力を借りることは好まない。


≪PLより≫
スキル枠の入れ替えが多すぎる枠です。
次回はドキドキファンブル表からです。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。