「千年の黄昏」PC4

”琥珀の翼”リディ・シュバルツブルーム

正義じゃ倒せない悪があるなら、僕は…



世界干渉LV8
種族 マレビト(戦士) 種族特典 法則破壊者
表の職業 超戦士 特徴 恐るべき戦士 ([体力][知性][]判定+2)

【称号】
コントラクター A
ダークハンター A


年齢:18歳
性別:男の娘
身長:149cm
体重:51kg
瞳の色:茶
髪の色:プラチナブロンド
肌の色:白


経験値:初期経験点(世界干渉LV6) + 152
残金:3150

【主能力値】
体力 13 敏捷 11 知性 4 精神 1 幸運 1
【戦闘値】
命中 14 回避 13 発動 5 抵抗 2 看破 2
物D 9
魔D 4

行動値 23
生命力 71

【装備】
装備品 命中 回避 物D 行動値 生命力 装甲 結界
ワイバーン(神格契約獣) 11 3
形状:両手/距離:移動10マス?/対象:単体
効果:[ダメージ算出後]武器攻撃を行う
追加効果:物D+4、対象を範囲に(1/Sn)、対象+1
霊力釵 1 10
形状:片手 距離:近接 対象:単体
効果:射程【体力】の射撃武器として扱える
追加効果:物D+2、自動補足、対象+1
神職礼装 -2 1 1
スキル効果
合計 15 12 29 21 63 1 1

【スキル】
レベル 名称 タイミング 距離 対象 コスト 効果
霊力結界
零紋燃焼
混じり神 【体力】に+1
霊威放出 常時 超過霊力1/Sn
人騎一体 攻撃 アイテム 1体 4・4 ランク+2
1 影日向 特殊 使用者 使用者 2・2 [タイミング:攻撃]の《タレント》をコストを消費したものとして使用する1/R
1 戦闘即応 常時 使用者 使用者 なし 受動判定+1
2 騎乗戦闘 常時 使用者 使用者 なし 片手武器装備可能
3 英雄突撃 特殊 戦闘地帯 1体 対象が《タレント》使用時に宣言。攻撃を行える。1/R
4 疾風怒濤 特殊 使用者 1体 近接状態になったとき武器攻撃を行い2マス移動
霊魂捕食 特殊 使用者 使用者 なし 敵を気絶以上にした時、超過霊力とタイミング攻撃を得る。1/Sn
5 命中強化 常時 使用者 使用者 なし 命中と体力判定のダイス+1
6 恐るべき騎手 コンAの特殊をコスト遇で可
7 片手武器の達人 常時 使用者 使用者 なし 能動判定+1、ランク+1
8 サキミタマのもの ダメ+5


【持ち物】
  • 幻影能力
  • 転移能力
  • 大規模結界
  • 探索者セット(敏捷型)
  • ドロップ品(3.3.3.1)
  • 効果値4の敏捷+4

【パーソナリティ】
経緯:特別な儀式を受けた
知名度:10
霊紋の位置:左胸
霊紋の形状:鞍
目的:かつての恐怖を克服
組織:ミレニアム


【感情】
①キザイアへの腐れ縁(異世界から来た時に世話をしてもらい、その後もなんだかんだ付き合いが続いている)

【設定】
世間知らずの男の娘。
割と天然なうえ行き当たりばったりの行動をしているため
周りに心配をかけることもしばしば。
動物に好かれるなど見た目通り明るく周りを和ませるタイプ。
学校にはいっておらず、街角で猫に餌をあげてるのがよく見かけられる。

その正体は異世界のペガサス乗り見習い。
軍に入れる年齢でなかったゆえの見習いであり適性は当代1であり、
のちに勇者パーティーに誘われ、おもに遊撃役としてチームに貢献していた。
魔王との決戦の際、変身した魔王の攻撃にPTが壊滅。リディは上空にいたため直撃を免れることができた。
しかしその事実は彼の根源的な死の恐怖を呼び起こし、それを受け愛馬が撤退をはじめた。
彼以外では唯一生き延びていた勇者も負け戦につき合わせるわけにはいかないとそれを見送る。
次元の狭間での戦いであったため、さまよっていたところをキザイアに導かれこの世界に。
世界の真実を知りカミガカリになるとともに、自分の力不足をなげき現在武者修行中。
本来相容れないはずのキザイアであるが、命を救われたことと力を得るためのいい情報をくれるため
世界を直接滅ぼすようなことをしない限りは見逃すことにしている。
現在の討伐目的は「千年皇帝」情報元はキザイアであるが詳細が分からないため情報収集中。
また、その時のトラウマにより現在武器を握れなくなっている。

1話前(所属経緯)
千年皇帝の力を奪い取るために情報を情報収集(キザイアの指示でも自主的でもどちらでも)をしていたら
「ミレニアム」という安直な集団があったため億が一の可能性を考え内偵を開始。
結果千年皇帝とは全く関係のないことが分かったが、こちらの世界でのまともな身分がほしかったのと
人間1人と人外2人という珍しいメンツに惹かれ現在も所属を続けている。
ミレニアムでは営業兼運搬の担当。その際に世界中で千年皇帝の情報を探しているが今のところ有益な情報は見つかっていない。


【戦闘関連】
ヒットアンドウェイを信条する一方で攻撃する時は連撃を決めるなど、
決定力には欠けるが相手の注意を常に引き続けている。
影を操る能力はこちらに来てから覚えたため適性が低くたいして活用できていない。

PLより




成長

第一話終了後

+...
主能力 体力7→8
敏捷7→8
タレント 4:疾風怒濤
1:影撃
武器強化 自動捕捉(武器が戻ってくる)付与、効果値2
武器強化 形状追加【斧】付与、効果値2
武器強化 連射能力?付与 3000
武器強化 肉厚な刃(物D+4)付与、効果値2

第二話終了後

+...
主能力 体力9→10
敏捷7→8
タレント 5:命中強化
▲:混じり神
種族タレント 霊魂捕食

第三話終了後

主能力 体力10→11
敏捷8→9
ルルブがないので仮案
タレント 6:伝説の騎士
1:コストが1つのコンAの攻撃
or
6:恐るべき騎手


移動nマスの公式裁定

+...
1、「移動nマス」は近接状態を効果対象とする
2、移動後は近接状態になるかは任意

詳しく話長いので下記参照
ttp://r-r.arclight.co.jp/wp-content/uploads/2013/08/kgk_faq150730.txt

GM裁定まとめ

+...
1、『[ダメージ算出]時』とは、『減少前』と『減少後』のどちらを指すのでしょう(基本P174)
   ⇒減少前 
2、上記の裁定が前者ならば、過剰に攻撃した場合まき戻りは発生しますか
   ⇒まき戻り、未解決の効果は消滅する。
3、《影日向》のタイミングは1と違いますか
   ⇒生命点が最終的に算出された後
4、《快進撃》時、武器効果などの追加攻撃で倒した場合、後半の効果は適用されるのか
   ⇒されない。スキルのダメージで倒さないといけない
5、近接突破の条件が整っている状態で近接状態から離れることはできるのか(基本p167)
   ⇒ 条件が整っていれば可能ということにします。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。