【MGR】追憶のケラサス > Track1


新番組予告


機甲暦63年4月、スペースコロニー・ケラサスは55回めの春を迎えた。
反射鏡によって繰り返される昼夜と、地球のイヅモに似せて設定された四季。
全てがまがい物の箱庭。けれども、私達にとっては本物の故郷。
たとえその全てが、そう遠くないうちに失われてしまうとしても。

『メタリックガーディアン 追憶のケラサス』 第一話
「花のもとにて」
私達は、最後の時を刻み始める。


ハンドアウト
【PC1】
コネクション:エリカ・瑠璃=ランツベルク 関係:興味
君はウェスト・ハイスクールに通う――少なくとも、社会的には――ごく普通の女子高生だ。
ケラサスの日常は平和で、外の世界を絶えず覆っている戦雲のうねりなど微塵も感じない。
それはとても良いことのはずだけれど。
君はこの穏やかな日々と自分の間に、言葉にしがたい断絶を感じている。
閉塞感をケラサスの閉鎖とウェスト校廃校の反対運動にぶつける君の前に、その少女は突然現れた。
エリカ・瑠璃=ランツベルク。彼女が放つ浮世離れした空気は、君の胸に疼く何かを確かに掻き立てた。

【PC2】
コネクション:岩倉しいな 関係:思慕
何を隠そう、君は暁星インダストリーの重役・コロニー統括事業部長の娘だ。
ケラサスにおいては知事令嬢のような立場である君は、ともすれば雲の上の人のような扱いを受ける事もある。
だが、それを気にしてなどいない。
何故なら君には、地位ではなく心を見つめてくれる想い人がいるからだ。
生徒会役員でもある君は――今のところ出撃は滅多にないが――その人を守るため鉄騎を駆る。
もし定められた婚約がなければ、事態は本当にシンプルなのだが。

【PC3】
コネクション:ウィルマ・カスケーズ 関係:ビジネス
表向き、君は解体工事に携わる技術者である姉に連れられてケラサスに滞在していることになっている。
「転校生」の物珍しさは始業から一週間もすれば冷め、冬学期を終えた今ではただの生徒の一人。
だが実のところ、君は本当にこのコロニーにとってイレギュラーな存在だ。
君と、その姉に扮しているウィルマ・カスケーズ中尉の正体は
ケラサスを監視するために送り込まれた、地球連邦軍のエージェントなのだから。
……とはいえ、この長閑な終末を迎えるコロニーに、不穏な動きなどあるのだろうか?

【PC4】
コネクション:継美=バスティーユ 関係:親愛
君はウェスト・ハイスクールに勤務する若い教師だ。
ここに務めるようになってまだ日が浅い君は、継美=バスティーユという先輩と懇意にしている。
その夜も君は継美の家に招かれ、愚痴を肴にちょっとした酒宴を催していた。
教育についての熱心な議論や、生徒の可愛さを称える長広舌が一段落した頃
継美は咳払いをひとつ。そして、憚るような声色で、君にある秘密を打ち明けた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。