GATE > ガンドッグ NPC

【日本人】

  • 大泉純太郎 首相
男性/64歳/89代内閣総理大臣
銀座事件を受け、『門』の向こう側を特別地域と呼称し、特地自衛隊派遣法を可決させた。
口癖は「構造改革」

  • 安田晋二 首相
男性/52歳/90代内閣総理大臣
大泉の後を受け、基本方針そのままに特地の調査を継続する。体調に不安があるらしいが、はたして……
口癖は「うつくしい国」
4話にて、米国にスキャンダルを盾に揺すられるも、緊急入院からの総辞職で支持率低下を防いだ。

  • 福澤康史 首相
男性/70歳/91代内閣総理大臣
安田の後に総理となったのだが、どこか弱気であり特地問題に消極的。
口癖は「貴方とは違うんです」

  • 麻野次郎
男性/64歳/外務大臣→特地問題対策大臣
安田政権時に外務大臣を務め、福澤政権では特地問題対策大臣を務める政治家。村瀬の知り合い(コネ:政治家)
スナイパー御曹司。

  • 福山瑞子
女性/49歳/国会議員
安田政権を批判する社民主党の代表。

  • 松樹陸将
男性/50歳/幹部自衛官
特地派遣部隊の総指揮を執る陸将。二等陸士からの叩き上げ。ロマンスグレーのおじさま。

  • 梅宮一等陸佐
男性/47歳/幹部自衛官
特地派遣部隊の第一戦闘団(混成連隊)の指揮を執る。強面のおっさん。

  • 桜井二等陸佐
男性/45歳/幹部自衛官
第一戦闘団の指揮補佐を行う。インテリヤクザ風のおっさん。駒田二尉に資源調査の話などをしていた。

  • 藤林三等陸佐
男性/46歳/幹部自衛官
第一戦闘団所属。PCたち含む深部情報偵察隊などの部隊を運用しているメガネかけた人の良さそうなおっさん。
会社で言えば課長であり、PCの直属の上司とも言える。

  • 菖蒲川一等陸尉相当官
男性/53歳/警察官
陸自情報本部所属。公安からの人員交換できた人。内地勤務。

  • 名取、萩本、芒田
いずれも男性/52歳/46歳/32歳/外務省職員
外交団として特地に赴く。中東やアフリカで鳴らしたベテランたち。

  • 菊池
男性/60歳/警視総監
警視総監だ。

  • 下野(母)
女性/47歳/ジャパニーズマフィア
裏稼業の重鎮、下野家党首の妻。であるが、政治的な思惑の差から現在旦那と別居中。一部の構成員や門弟を引き連れて正統下野家を主張している。
自民党系の政治家に顔が効き、個人的にCIAとコネを持ち、米国系マフィアとのパイプを構築中である。

  • 下野(父)
男性/53歳/ジャパニーズマフィア
裏稼業の重鎮、下野家の現党首。妻に逃げられたが、頑張っている。
共産党系の政治家に顔が効き、個人的にKBGとコネを持ち、中露系マフィアとのパイプを構築中である。

  • 阿賀谷 刹那
女性/30歳/医師
六偵が救出した邦人拉致被害者。駒田の恋人であり、拉致前の職業は国境なき医師団に所属する日本人医師である。
銀座事件に巻き込まれ拉致され、約7ヶ月を特地にて奴隷として過ごしていた。他言語に精通しているため、特地共通語は問題なく会話出来る。
また皇子の奴隷となっていた期間が長いため、何かしらの重要な情報を入手している可能性も高い。

  • 第三のドラゴン
不明/不明/自衛隊に潜入したジャパニーズマフィア
ライリーに脅迫状を出した下野家のエージェント。自衛隊として特地に潜入しており、裏社会の平和のため、という名目で日本と帝国の戦争の激化を望む。裏切り者に血の制裁を与えるのも目的の一つらしい。
ヌンチャクのドラゴンとチェーンソードラゴンとは血縁関係にあるらしい。


【特地住人】

  • コルラード・チェルボー
人間/男性/56歳/村長
六偵隊が調査に行ったコルラ村の村長。若いときは冒険者だったが、膝に矢を受けたため引退。冒険譚は村の子供達に人気。

  • ヴェルナー・ボニファティウス・テオ・リーバーマン=レーラー
人間/男性/63歳/賢者
コルラ村の外れに居を構える賢者。村の相談役。彼を訪ねて遠方から人が来ることも。
魔導師でもあり、弟子がいるらしい。
どんな魔法が専門だったか、その学派は弟子のキャラデータによって決まります。

  • リーナ・リフテア
エルフ/女性/112歳/避難民
ウルカの森に住んでいたエルフの子ども。村が炎龍に襲われていたところを六偵により助けられた。
外見は11歳程度であり、精神面も11歳ほどの子どもらしい性格。
岸峰に懐く(予定)

  • サンディー
人間/男性/28歳/避難民
コルラ村避難民の男性。これといった特徴はない。

  • シャルロッテ・イリス・ヴェルト
人間/女性/19歳/帝国第三皇女
王位継承権第9位の皇女殿下。アイリス騎士団という騎士団を設立し、兵隊ごっこと言われようともお国の為に頑張るお姫様。思考は意外と柔軟。剣の腕と指揮能力はそこそこである。

  • ピアニー・グリント
人間/女性/18歳/皇女副官
シャルとともにリルガナに訪れていた騎士。子爵令嬢であり、帝国貴族の一員として幼少期からシャルの友人であった。家の位は高くないが、シャルに対して冷静に物を言える人物である為、シャルにより副官に選ばれたという経緯がある。剣の腕は低い。

  • アイザック・トールマン
人間/男性/24歳/アイリス騎士団筆頭騎士
シャルとともにリルガナを訪れていた騎士。家は伯爵。優秀な頭脳とハンサム顔が武器。

  • ダン・ハートフィールド
人間/男性/40歳/アイリス騎士団特別顧問
シャルとともにリルガナを訪れていた騎士。農家の生まれ。元々は帝国軍人であり、その優秀さで兵卒から将校まで登り詰めた。しかし生まれの関係であまり出世が望めず、貴族社会にも馴染めていなかったところに、皇女の騎士ごっこの相手の仕事を授かった。10年前のことである。
気付けば立派な騎士団に育て上げたのだから結構すごい。農家の生まれだが、将校になった際、騎士の位を授かっている。一代限りの貴族である。

  • レイラ・ルシール・マクウィリアムズ
人間/女性/11歳/マクウィリアムズ領領主
先代の急死を受け、領主となった伯爵令嬢。民を愛する気持ちは人一倍強く、異人種にも分け隔てなく接する。しかし幼く、現実を見つめきれない側面もある。

  • ジャン・ファラーチ
人間/男性/59歳/大商人
ヴェルナーの友人の商人。リルガナを拠点に、マクウィリアムズ領で商売をしている。

  • イザーク・ライナルト・ローゼンメラー
人間/男性/57歳/帝国元老院議員
上級貴族であり伯爵。主戦派の議員であったが、出兵して行方知れずだった甥の身柄と引き換えに講和派へ鞍替えした。タカ派脳筋が多い主戦派の中では、冷静に状況を見れる人物である。

  • ニコラウス・アルブレヒト・アンデ
人間/男性/45歳/帝国元老院議員
上級貴族であり侯爵。末弟の身柄と引き換えに講和派へ鞍替えした議員。

  • アレクサンダー・アルカンジェロ・ヴェルト
人間/男性/27歳/帝国第一皇子
帝国が世界で一番強いと信じて疑わない屑皇子。現実を見せてもヒステリーを起こすだけなので無駄、と妹にも思われている。元老院でも嫌われているが、立場が立場なので邪険にも出来ない面倒くさい存在。
勇敢であり軍事方面には長けるため、戦争相手が日本じゃなければ英雄王として、後世まで語り継がれたかも知れない。

  • マリー
エルフ/女性/325歳/旅人→岸峰の奴隷
自衛隊に炎龍退治を依頼しに来たエルフ。外見は32歳程度。出番が少ない。

  • ルフィナ・エルモラエヴァ・ファジエヴァ
龍人/女性/666歳/チェルノの使徒(亜神)
口と頭が悪い武闘派な褐色龍人おねーさん。自衛隊に対抗する戦力確保の為、休眠期の炎龍を起こしたり、休眠期の水龍を起こしたり、色々頑張っていたが、六偵にやられた。
その後、チェルノ神殿を訪れた六偵の案内役と試練役を務めた。
意外とフレンドリー。

  • チェルノ
神/女性/2万歳くらい/冥府の神
特地に最古からいる神様。精神体のみで存在しているので、使徒を介すか誰かに憑依しない限り会話も出来ない。生死の概念を超えた存在である。正体は不明。
約1000年周期で『門』を開け閉めし、異世界から人や文化を特地に流入させることで、世界の発展と破壊に寄与してきた。『門』に関しては誰よりも詳しい。
開門や閉門能力を人に授けることも可能。
基本的な目的は世界の存続である。

  • ヴァイパー
ハリョ/性別不明/年齢不明/暗殺者
ハリョとはキメラ獣人のこと。忌み嫌われる彼らの地下ネットワークにて、さらに暗部である暗殺を請け負う者の役職名がヴァイパーである。
口車や催眠術、あるいは幻術で人を意のままに操り、誰にも姿を見られることなく暗殺を成し遂げる。
ヴァイパーの外見は、老人とも少女とも言われる。その正体は誰も知らない。



【その他】

  • エドガー・R・ランドール大統領
男性/55歳/45代アメリカ大統領
同盟国日本に支援を惜しまないと言っている。が、実態は特地資源を求めCIAを日本で活動させるなどしている。

  • CIAのボブ
男性/32歳/CIAエージェント
CIAのボブだ。口が軽いぞ!

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。