『翠剣録逸文』第三書「大国主の室屋」


【今回予告】


一書に曰く、
今は昔、出雲の国に『黄泉の穴』在り。
、古より決して入ることを得ず。
ダブルクロスThe3rd edition
『帝國夜行譚/翠剣録逸文』
第三書「大国主の室屋」
一書に曰く、至りし者は皆ことごとく死せり



【状況設定】


有村 紫衣用
ロイス:大国主 推奨感情:P有為/N不審
君達一行は、大物主の言葉に従い出雲へと向かった。
出雲大社へと辿りついた君達を、一人の青年が出迎える。
青年は彼の社の祭神――大国主を名乗り、君に告げた。
「待っていたよ、星の討ち手」

桐生 蕾咲用
ロイス:伊勢神宮 推奨感情:P懐旧/N不安
登場人物弐用
ロイス:伊勢神宮 推奨感情:P懐旧/N不安
出雲に到着した君の元へ、一体の神使が現れた。
それは、伊勢神宮からの使いだった。
それは告げる。「神宮は何者かの襲撃を受け、外宮内宮ともに壊滅」した、と。

美壌 天音用
ロイス:八瀬 久隆 推奨感想:P信頼/N不安
出雲へと急ぐ君の元へ、八瀬から連絡が舞いこんだ。
曰く、「教団の捜索に上から圧力がかかった」と。
やはり、軍に内通者が居るのか。
それも、彼に圧力をかけられるほどの上層に。

長辻 御架子用
ロイス:『天地黙示之事』 推奨感情P:興味/N:恐怖
出雲へ向かう途上、君は苛まれていた。
出雲に近付くにつれ、『天地黙示之事』がこれまで以上に君に囁きかけるのだ。
「砕け、剣を。星に仇なす忌まわしき剣を――」


  • 何かあれば
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。