DX3翠剣録_有村紫衣 > PC1

有村 紫衣(AllimraC)
「陛下の為、帝國の為、祖国に連なる無数の島々、そして栄光を誇る帝都の為。天に荒ぶる神をも凌駕する英傑たる力……翠玉の剣を持ち帰ってみせる……」


≪プロフィール≫

【コードネーム:赫の剣客(公称)/貧血もやし(陰口)】
【性別:女性(偽造戸籍上は男性)】
【年齢:19歳】
【身長:170cm】
【体重:55kg】
【誕生日:1/1(便宜上)】
【血液型:不明】
【ブリード:クロス】
【シンドローム:ブラム=ストーカー/オルクス】
【ワークス/カヴァー:妖怪/随身省捜査官】
【ロイス】
[Dロイス]:半妖
謎の出生 P:諦観 N:憎悪
アリミヤ ヨリコ P:友情 N:隔意

【ライフパス】
出自: 謎の出生
経験: 奇妙な隣人
邂逅: 慕情/アリミヤ ヨリコ
覚醒: 生誕
衝動: 吸血

【能力値・技能】
肉体:2 白兵2 回避1  
感覚:3  
精神:2 RC1  
社会:2 情報:怪異1    

【副能力値】
 基本侵食率:34
 HP:26
 行動値:8

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
Cブラム 2 メジャー 2
赫き剣 5 マイナー 3 Lv×2以下のHP消費。攻:消費HP+8の武器作成
鮮血の一撃 5 メジャー 白兵 2 ダイス+Lv+1/HP2点消費
オーバーロード 1 オート 3 80% 攻+武器攻。使用後武器消失
妖精の手 2 オート 4 ダイス1つを10に。シナリオLv回まで
マルチアクション 1 マイナー 3 エフェクト以外のマイナーアクションを1回行える。シナリオLv回まで
半妖 3 メジャー 5 Dロイス ダメージ+Lv+1d10/シナリオ3回まで。HP5点消費
渇きの主 1 メジャー 白兵 対決 単体 至近 4 装甲無視/HP LV×4回復
始祖の血統 2 メジャー シンドローム 4 100% ダイス+LV×2
破壊の血 1 マイナー 2 リミット 赫き剣の攻+LV×3
夜魔の領域 1 オート 20 120% 行動値0で未行動になる。シナリオLV回
支配の領域 3 オート 6 - ダイス目1に。シナリオLv回
絶対支配 2 4 リミット 支配の領域をLv+1個に

【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考
シークレットトーク
猫の道

【コンボ】80%/100%(LV+5)/130%(LV+5)
  • 名称:翠赫乱舞

  • 組み合わせ:赫き剣+Cブラム+鮮血の一撃+オーバーロード+渇きの主+始祖の血統+半妖+破壊の血
  • タイミング:マイナー+メジャー
  • 技能:白兵
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:19/23/23
  • HP消費:10〜21/21(25)/23(25)
  • HP回復:8/8(28)/12(32)
  • ダイス:9/15(30)/18(33)
  • CT値:-3/-3(-8)/-4(-9)
  • 攻撃力:30〜52+5d10/52+5d10(90+(侵食値-34)+10d10)/62(90(侵食値-34)+11d10))


【武器】
赫き剣(攻12〜45)

翠玉の剣
種別:武器(白兵) 技能:<白兵>
攻撃力:[あなたの現在侵蝕率-あなたの侵蝕率基本値] ガード値:[あなたの現在侵蝕率-あなたの侵蝕率基本値]÷2 命中:0 射程:至近
解説:星を討つ星の刃。模造品ではない、正真正銘の"星鉄の刃"。星鉄の因子を持つものにしか扱うことはできない。
星鉄の因子を活性化させる力を持つ。
①この武器を装備している間、あなたの侵食率上昇効果は常に一段階上のものが適応される。
(つまり、現在侵蝕率が59%以下でも侵蝕率60%以上の「あらゆる判定ダイス+1」の効果が受けられる)
②メインプロセス開始時に宣言する。
そのメインプロセスの間、あなたの取得している全てのエフェクトのレベルに+5する。
この効果でエフェクトの使用回数は回復せず、1シナリオに1回まで使用できる。
③あなたがこの武器による攻撃もしくはガードを行う際に宣言する。
装備中の「種別:武器(白兵)」一つを選択し、その攻撃力もしくはガード値と効果を合計して計算できる。
この時、射程や対象は最も狭いものが優先される。


【アイテム】常備化P:4 財産P:0
名称 種別 常備化 詳細
随身省幹部 1
陸王 3 演出用の国産ハーレー

≪容姿・性格≫

「足手まといと一緒はごめんだ……」「腕に自信があるって? なら俺は不要だね」
ボロ切れのようなロングコートを羽織る男装っ子。白髪ショートヘア。顔色も白め。ひょろっとした不健康で中性的な青年に見える。ツリ目。
ウルトラスーパー貧乳(超重要)
一人でいることを好むが、面倒見は良い。子ども嫌いを公称しつつも、給料を孤児院に投げているらしい。
弱い奴が嫌いだが、強い奴にはそもそも興味が無い。誰にも迷惑が掛からないので、単独行動が一番楽だと考えている。
好きでは無いがよく食べるものはレバーとほうれん草。
悩みは貧血。
鶏レバーの焼き鳥を食べながら帝都をぶらつく姿がよく目撃されている。同僚にはよく「もっと肉を食え」と言われているが、元来少食。
戸籍上男性であり、常日頃男装しているが、勘のいい同僚や上司は女性であると知っている。紫衣自身も隠す気はない。周囲は、男であることの都合の良さを知っている為口出しせず、紫衣もそのことを理解している為である。
※勘が良い設定のPC/NPCは即座に見抜いてもらって構いません。

≪設定≫

「人を救おうなんて神か仏の仕事さ。俺に出来るのは精々引導を渡すことだけだ……」
英国人で吸血鬼の父親と日本人の母親の間に生まれる。
父親は元々貧民街(中略)人間をやめて(中略)気まぐれで母親との間に子をもうけた。両親に婚姻関係は無く、母親は一人で子を育てるつもりであった。
しかし紫衣がまだ腹の中にいるとき、怪異殺しを生業とする僧侶によって母親は殺され、埋葬される。辛うじて生きていた紫衣は墓場から自力で這い出し、生を受けた。
それ以降、獣を喰らい、貧民街を渡り歩き、バケモノとして一人で生きてきた紫衣だったが、なんか色々あって随身省に拾われて身を置くこととなり、今に至る。

なお、現在の戸籍は随身省に身を置くことが決まった際に作成したものである。よく男に間違えられており、ならばいっそ男として生きた方が利権としてもその他としても都合が良さそうだという理由で男にした。有村 紫衣という名もその際に有名な吸血鬼から文字って付けた。その辺り割と無頓着な性格である。

紫衣自身が随身省にいる理由は、父親を探すことであるが、その動機が憎悪か親を求める心かは紫衣自身にも分かっていない。
バケモノであるが人の世に生きる以上、怪異ではありきれず。
かといって親を人間に殺され、人間でもありきれず。紫衣は今日も危うい立場で、怪異と人の間に立つ。
故に、半妖。

一応、随身省(と陛下含む大日本帝国)には恩義を感じているので、忠実ではある。

《PLより》

ジョルノ鬼太郎。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。