『BNW』甲根子くすね

甲根子くすね/ミシャグジさま PL:ウォーリアー


スタイル アタッカー
ブラッド ネイバー(パステトの子)
エトランゼ(増殖体)
ネイバー(ワースネーク)
使用経験点:初期経験点+124


基本能力値 肉体 技術 感情 加護 社会
元値 10(12) 4 6 4 4
能力値B 5(6) 2 3 2 2
アーマー値 5(12) 2(8) 3(9) 2(8) 2(8)

戦闘能力値 白兵値 射撃値 回避値 行動値
元値 6 7 6 10
修正値 8 7 6 37

FP 初期人間性
39(75) 42


アーツ


名称 種別 LV タイミング 判定値 対象 射程 コスト 効果
魔獣化 自動 1 セット 自動成功 自身 なし 7 シーン中魔獣化
アレナ展開 自動 1 メジャー 自動成功 場面 シーン 0 アンノウンマンをエキストラ化
ストライクフォーム 自動、魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 0 魔獣化中、ダメージに+最大能力値B 魔獣化をセットアップに使用可
万物の打倒者 自動 1 判定直後 自動成功 単体 シーン 判定の達成値-20 1シナリオ1回
魔獣の殺意 自動 1 DR直前 自動成功 単体 自身 1 ダメージ+1D6
マルチウェポン なし 1 判定直前 自動成功 自身 なし 1 攻撃の命中判定直前、ダメージ+2
マルチエリミネート なし 3 マイナー 自動成功 自身 なし 3 マルチウェポンの効果中、対象を4体にする
バトルスタイル:白兵 魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 0 白兵値+2 魔獣化コスト+1
餓えし凶獣 魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 0 ダメージ+2D6 魔獣化コスト+1
キャットピープル 自動、魔獣 5 常時 自動成功 自身 なし 0 行動値+15 魔獣化コスト+1
猫たま 魔獣、攻撃 1 メジャー 白兵 単体 武器 4 ダメージ+行動値÷2 1ラウンド1回
獣のみこなし 魔獣 2 リアクション 肉体 自身 なし 2 ドッジを肉体で可能 1ラウンド2回
スネークボディ 自動、魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 0 魔獣化中、行動値+肉体B 魔獣化コスト+1
蛇神の呪力 魔獣 1 効果参照 自動成功 自身 なし 2 魔法のアーツか武器と共に使用、効果とダメージに+感情B このアーツを取得した場合素手は種別:魔法になり、ダメージを与えた相手に邪毒3を付与
バイオアーマー 自動、魔獣、ア 1 常時 自動成功 自身 なし 0 魔獣化中、生体装甲を装備 魔獣化コスト+2
レゾナンスアーム 魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 3 生体装甲を装備中、素手のダメージを肉体+2D6に変更し、攻撃対象のアーマー値を0にする
バイオブースト 魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 3 生体装甲を装備中、肉体+2、命中+2
巨神着装 魔獣、0 1 マイナー 自動成功 自身 なし シーン中FP+肉体×3、レゾナンスアームのダメージ+肉体 1シナリオ1回 効果中種別:巨大に
増殖復元 回復、魔獣 1 ムーブ 自動成功 自身 なし 2 FPを肉体+2D6点回復、BS1つ回復 1ラウンド1回
コスモガジェット 3 マイナー 自動成功 自身 なし 3 50点以下のアイテムを取得、シナリオ終了時に失われる 1シナリオ1回
弱点 なし 1 常時 自動成功 自身 なし 3 肉体+1 感情属性にはアーマーガード値0
拳の業 なし 1 常時 自動成功 自身 なし 2 素手の攻撃力+4
生得武器 魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 2 変異段階ごとに素手に修正 変異第1段階:攻撃力+2 第2段階:攻撃力+3、命中+1 第3段階:攻撃力+4、命中+2
変異特製:破壊 魔獣 1 常時 自動成功 自身 なし 2 変異段階ごとに攻撃力に修正 変異第1段階:+3 第2段階:+6 第3段階:+9
宿主 なし 1 常時 自動成功 自身 なし 2 行動値+3 思い出の品を選択


装備品


名称 種別 判定値 攻撃力 ドッジ ガード値 アーマー値 行動値 射程 備考
素手 魔法 肉体+2D6 3 0 至近 アーマー無視 邪毒3付与
生体装甲 防具 0 肉体B 0 魔獣化中装備


一般アイテム


名称 効果
住宅/住処 舞台裏の処理で回復するあなたのFPを+1D6する
治癒薬 マイナー、BS一つを回復
破れた絵本 行動値+3 概念からの被ダメージ+5
罪深き拳 素手のダメージ+2 初期人間性-1
思い出の品 イニシアチブ、FPを[(絆の数)D6]点回復する 1シナリオ1回 謎の輝きを放つ白い宝玉。闇夜の中に置いても、それは蛇の瞳のように光を失わない
輝くトラペゾヘドロン 恐怖以外のBS無効 邪心からの被ダメージ+8 コスモガジェットで獲得
闇医者 同意したキャラクターの舞台裏回復+10
通信機器 アンドロ何とか式スマホ。最近はもっぱら『スクスト』専用機


キャラ設定


年齢:14/1000年以上
性別:女/性別不明
種別:亜人・来訪
カヴァー:芸能人
出自:享楽……人間社会(享楽)
邂逅:好敵手……百鬼一馬
エゴ:永遠に生きていたい
変異:舌が二股になる


かつて、蛇は神だった。より正確に言えば神の一柱として蛇が祀られることはよくあったという話で、特に東の日ノ本という国においては蛇神の存在は文献にもよく見受けられる。
有名なのは諏訪信仰の『ミシャグジ神』であろう。様々な信仰、逸話と合流した結果か、あるいは元々そうであったのか、ミシャグジ神は蛇の姿として描かれることが多かった。が、ミシャグジ様については様々な話が散乱しており、その正確な姿は現代においても微妙にはっきりしていない。年月の結果、信仰や逸話が変化してしまった結果が故のことである。

その真実の一端――と言ってしまえば大仰であるが、少なくとも事実として、古来の日本の諏訪地方、その一部地域にて神と祀られた蛇がいた。その正体は月よりやってきた宇宙生物であり、土着的な月信仰、及びに当時の人間社会よりも遥かに高い科学技術を有していた結果、半ば神格としての概念を獲得していた存在である。
結果としては、大和の諏訪侵攻の際に諏訪の豪族諸共滅ぼされ、その信仰や存在は歴史の彼方へと忘れ去られた。以前内包していた神性は現代においてはほぼなくなり、神格としての力は振るえなくなってしまっている。それが今の“彼”、かつて『ミシャグジ様』と呼ばれた多数の神の一人である。
彼が神として振る舞っていた理由は、「その方が楽しかったから」に過ぎない。元々暇を持て余した結果として月から地球に降り立った彼は、自分自身の享楽のために君臨し、民を導き、そして大和の神々の前に敗れ去ったのである。かつてのことについては「それなりに楽しかった」と満足しており、大和の人々への復讐心等は持っていないようだ。……唯一、タケミナカタノミコトに関してだけは、一度ぶんなぐってやりたいと思っているようだが。
今の彼は神ではない。だが元来強大な力を持っていた彼は諏訪を追われる際にも命を奪われることはなく、現代に至るまでの時を過ごしている。元々長い寿命と擬似的な不老の力を持つ彼であるが、千年を超える時を過ごせているのは彼が持つ特性、「他者に寄生しその肉体を奪う」能力による所が大きい。老若男女、時勢に合わせて様々な人間に潜んで過ごしてきた彼は、神であった当時よりは年月もあって流石にかなり劣化しているが、それなりの力を有するようになっていた。

現在の憑代はパステトの子孫、月を司るアルテミスの加護を強く持つ種族の少女であり、元々月にいた存在である彼とは非常に相性がいい。素早い動きを可能とする素体の力に、蛇の毒と牙の力を併せ持つ今の彼は中々の力を持っていると言っていいだろう。
表向きのカヴァーは芸能人、とある中堅プロダクションに所属する歌手として普段活動している。見た目は可愛らしい少女であることもあって、表向きな知名度もネットを中心に多少存在するようだ。
無論、その実は半魔として気ままに活動しており、ネイバー系の組織や日本古来の組織等々と関係を結んでいる。懇意にしている組織はある反面、真っ向から対立している組織も少数ではあるが存在し、特に百鬼一馬率いる『JABF』とは設立当初の頃から殴り合いを続けてきた。無論、軍団と個人の戦いであるから真っ向からの戦闘ではなく、彼によるゲリラ戦や逃亡が殆どであったが。

彼の根源的な願いは、「永遠に生きること」である。それは享楽的な生活を長く過ごしたいからでもあるし、生命としての根本的な生存欲求の発露でもある。その願いが年月によって純化され、そして他人の体を糧として生きる生物である彼は、一般的な人物よりは確実に生き汚い存在だ。
蛇は狡猾であり、毒を持つ。基本的な性格が善性であり、外見が無害な可愛らしい少女であったとしても、油断をしてよい存在ではないのである。


外見


白髪ショートボブの少女。十代前半の頃、とある宝玉を手に取ってしまったことをきっかけに『ミシャグジ様』が憑依しており、その時の外見年齢で成長が止まっている。
普段の服装は少女らしいワンピースだが、魔獣としての力を出すと『パステトの子』としての姿が現れると同時に、蛇をモチーフにした装甲が体の一部を覆う。その姿はまるで体のあちこちが兵器に変化してしまったようであり、いたいけな少女の雰囲気の代わりに蛇の獰猛さと恐ろしさを纏うようになる。


捕捉


服部さんがルート分岐によって戦線から離脱してしまったので、急遽作った「ゲームのトゥルーエンドだけで仲間に出来るような隠しお助けキャラ」風味の新キャラ(予定)。
とりあえず一話だけのお付き合いなので、好きに設定盛り込みました。ワースネーク作りたかったんや……!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。