T×VSRS‐Vacancy Inter Pubescence レギュレーション他

▼レギュレーション
  • 初期作成+経験点10点で作成。1レベル上がってちょうど4レベルになります。
キャラクターのリビルドはプリプレイ毎に可。
おそらく、いくつもエラッタが当たることになるので…

  • アドバンスドVIPについて。
1話時点では1つまで自作可とします。2話で2つまで自作可。3話以降は全て自作可となります。
アドバンスドVIPはプリプレイ毎に組み直しを許可します。

  • 経験点
持ち込みは50点まで。トリニティ×ヴィーナスの物に限ります。

  • 変則ルール
経験点算出の際、【倒した敵のレベルの合計】について。
敵のレベルの合計ではなく、【倒した敵のHPの合計÷10】+【敵のアドバンスドVIPの消費VIPブースト値の合計×10】+【敵のVIPブースト×10】を使用します。


  • 使用ルールブック
基本ルールブック+サプリ2冊。

  • エラッタ&禁止行為
誤字などは公式エラッタを適用。その他適宜GMがエラッタを当てていきます。

1:不死身分身は分身と本体のHP共有のみ非共有になるものとして扱う。
2:騎士の誉れは自身対象のダメージロールでのみ使用可能とする。
3:AVIPのカウンターエフェクトのみ、対象が隠密あるいは不可視状態でも使用可能とする。
4:VIPブーストを回復させる効果を範囲化する場合、範囲内から一体を選び適用する。
5:VIPブーストは初期値を上限とし、回復させる効果により上限を上回らないとする。
6:VIPブーストを回復させるAVIPはラウンド1回まで使用出来るものとして扱う。この回数はマリオネイションによって使用したことにはならない。ワイルドカードをVIPブーストを回復させる効果を持つAVIPとして使用した場合、そのワイルドカードはラウンド間使用出来ないものとする。タレントコピーにおいてVIPブーストを回復させる効果を持つAVIPを使用した場合、マリオネイションによってVIPブーストを回復させる効果を持つAVIPを使用させた場合も同様である。
7:VIPブーストを経験点を使用し上昇させる場合、20を上限とする。
8:不可視状態になることを禁止する。
9:シナリオ間及びシーン間攻撃属性を神へ変更ことを禁止する。
10:一人のプレイヤーキャラクターが分身を3体以上作ることを禁止する。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。