T×VSRS‐Vacancy Inter Pubescence 設定集

※ルールブック及び原作にある程度即してはいますが、本キャンペーン独自の設定です。

▼世界観
  • VIP能力
特異統合可能性能力の略。いわゆる超能力であり、物理法則をも超えた現象を引き起こす。
VまたIまたはPから始まる英単語をキーワードとして発動する。原初の叡智と呼ばれる謎の物質で遺伝子が変異した結果発現する。などの特徴がある。
能力自体は20世紀初頭には解明されており、その存在自体は歴史の授業でも習う。
しかし能力者が少ないことと、大半は微弱な能力であり無自覚もしくは周囲には隠しているということから、1999年のS市での認知度は低い。
能力者が日本でも頻繁に事件を起こすようになるのは2000年以降であり、現時点では報道もされず、実際に会ったこともない存在である。
よって、超能力者について詳しく知る人はほぼいないだろう。
【追記】
原初の叡智が発見され、VIP能力が科学的に解明されたのは20世紀初頭である。しかし能力者自体はそれ以前から存在しており、人より優れた技能を持っていたとされる歴史上の偉人をVIP能力者だったのではないかとする見方もある。
偉人として名を残した者以外について考えると、彼らが魔女、化け物、聖人のどれかとして扱われたということは想像に難くない。中世の魔女狩り、あるいは悪魔憑きなどと言われた人々。英雄に退治された妖怪やモンスター。彼らがVIP能力者であった可能性は非常に高く、19世紀以前の能力者は、常に好奇と迫害の対象だったと思われる。また第二次大戦から冷戦・ソ連アフガン侵攻・イランイラク戦争・湾岸戦争などの戦争や紛争、あるいはテロ行為の中で能力者が利用され傷付いている問題もある。トリニティはこういった行為を禁止しているが、今のところ解決には至れていない。
二年後には9•11なので、まだまだ平和は遠い。

  • トリニティ
1920年設立。正義の能力者で作られた国際警察。日本支部はおそらく戦後には設立されているものと思われる。ただし、日本にトリニティ支部があることは1999年時点ではまだ秘匿とされており、ヴィーナスの本格的な活動が始まる前のため活動もあまり行っていない。
加えてエージェントの裏切り事件があり、内ゲバでめっちゃバタバタしてる。

  • ヴィーナス
悪の秘密結社。首領であるノエルはまだいないし、幹部の十仮面もほとんど揃ってないものと思われる。1999年は本格的な始動に向けての準備期間。
大半の下級エージェントにとっては暇な時期。
【追記】
方針として能力者至上主義を謳い、能力者の自由の為に戦うとい。
組織構造としては複数組織の連合体に近く、構成員も普段は日常の中に溶け込んでいる。そして上部から指令が来るとヴィーナスとしての活動を行うとされるが、基本的に指令が来ることは稀である。指令系統が縦割りの為、また構成員は仮面を被って活動する為、構成員同士もお互いをよく知らないことが多い。表向きにはヴィーナス財団という財団を装って活動している。都市伝説レベルでは秘密結社ヴィーナスとヴィーナス財団の関係は囁かれたりするが、事実として繋がりのある組織である
2000年より、プロジェクト・ノエルという計画を始動するらしい。計画に必要な物として、大量の原初の叡智を集めているそうだ。計画の内容は、ノエルという少女に大量の原初の叡智を与え、その能力《魅了-Venus》をもって世界を一つにまとめようというものだ。


  • ヴィーナス財団
ヴィーナスの表向きに顔。世界を股にかける巨大な財団。世界恐慌以前にはあったと言われる。
能力者の保護とかを秘密裏に行っている。
一応何人かはヴィーナスエージェントも職員として所属してはいるが、トリニティに目を付けられたりガサ入れされたりする対策で、何も知らない一般人の職員がほとんど。
【追記】
広く知られているヴィーナス財団は、孤児への支援や難民の保護活動で国際的に有名な団体であり、後進国などへの食糧や薬品の流通配布、及びそれらの製造を行っている食糧品メーカーであり製薬会社でもある。
裏の顔として秘密結社ヴィーナスの資金源という面を持ち、同時に隠れ蓑でもある。孤児への支援は、能力者の捜索と回収。後進国への支援は、紛争地域での能力者の戦闘実験を黙認させる為である。VIP能力を使って武器の製造販売なども行う武器商人でもある。
日本などの先進国では、幹部候補生の育成を行っているようだ。

  • S市
キャンペーンの舞台となる町。日本の地方都市。仙台市。

  • 県立S高校
PCと青葉の通う高校。共学。偏差値は中の上。それなりに不良っぽい生徒もいる。自由な校風が売り。
学年あたり200人、1〜5組まである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。