とある冒険者たちの冒険譚 PC4

名前 トウキ・スカーレット
種族 エルフ
性別 男性
年齢 138
名誉点 448

能力値


心技体 A-F 成長 アイテム修正 合計
器用度 9 4 1 14
敏捷度 9 9 2 20
筋力 2 2 5 9
生命力 2 9 6 17
知力 15 10 9 2 36
精神力 15 8 9 32



レベル  使用経験点(誰か計算してくれ) 未使用経験点1920

冒険者レベル 10
ソーサラー 8
コンジャラー 10
セージ 6
プロスティチュート 2
ライブラリアン 5
ヘラルディスト 3



戦闘特技

レベル 名称 自動取得 置き換え
魔法拡大/数
3 魔法誘導
5 MP軽減/操霊魔法
7 MP軽減/真語魔法 鋭い目
9 魔力強化1
11
13
15


練技


賦術


鼓砲


占瞳


騎芸


呪歌




アイテム

武器
  • メイジスタッフ

防具
  • クロスアーマー

装飾品
頭 フード 
顔 
耳 ピアス 
首 リボン(専用化:HP) 
右 知力の腕輪 
左 知力の腕輪 
背 
腰 
足 混沌の千変靴 
その他 とんがり帽子 


所持品
  • 冒険者セット
  • ぬいぐるみS×50
  • 保存食×7
  • シャンデル製保存食×7
  • 救命草×3
  • 魔香草×5
  • アウェイクンポーション×4
  • ヒーリングポーション×3
  • ヒーリングポーション+1
  • 20点魔晶石
  • 5点魔晶石×10
  • 知力の指輪
  • 陽光の魔符+1×2
  • 陽光の魔符+2
  • 月光の魔符+1×2
  • 月光の魔符+2
  • 太陽石の輝き×2
  • 琥珀の目×2
  • 柘榴石の活力×4
  • 柘榴石の生命力×4
  • 血肉の赤鉄×2
  • 黒曜石の盾×2
  • 鋼玉の守護×2
  • 金剛石の防護×2

所持金:8917G

言語:交易共通語(会話・読文)・エルフ語(会話・読文)・魔法文明語(会話・読文)・巨人語(会話)・妖精語(会話)・神紀文明語(読文)・ザルツ語(会話)・魔神語(会話)・魔動機文明語(読文)


設定

名前:トウキ・スカーレット
種族:エルフ
年齢:138
好きな物:怪しげな術/呪物/モノ・甘いもの・ぬいぐるみ
嫌いな物:老いること・年齢を言われること・苦いもの

 外見年齢は人間年齢で16歳前後。しかし中身は幼いまま(を装っている。というよりは、癖のようなもの)。
 もともと生まれ育った村と両親はそこで起きた自然災害(?)で失っている(ただし生まれ育ったのは幼少期までなので、そのころの記憶はあまりない)。そのため幼少のころから男娼として、一人前とはいかないものの、エルフゆえの外見の美しさと無邪気さで、それなりに働いていた。本人もそれに抵抗はなく、むしろ「無邪気さ」を利用した処世術を徐々に身に着けていった。しかし、その処世術は自分が幼いままでないと十分に発揮できないのではないか、いずれ自分は成長して男娼としての職を失うのではないかと危惧し、自らの肉体を若いまま、さらに言えば幼いままにとどめる方法を模索しては自ら人体実験を行っていた。結果、現在の彼は一般的なエルフの外見年齢より若い外見をしている。
 また、その実験のさなかで、当時客の一人であった操霊術師に師事し、多くのことを学んだ。が、トウキが「自らを一度殺し、アンデッドとしてよみがえらせる」という実験を(軽い自暴自棄で賭けるように、だったのかもしれない)行おうとした際に、操霊術師はその実験を中途で制止するとともにトウキを破門した(操霊術師曰く、トウキはこの実験のための自殺未遂で一度生死の淵をさまよった、らしい)。結果的に彼に命を救われたかもしれないという事実をトウキは苦々しく思っている。
 その後も独学で図書館等に通い操霊術のみならず広く呪物・魔法等に関する知識をつけていたものの、いつの間にか知識欲がその他の思いを上回るようになり、同時に知識という武器を手に入れ男娼で身を立てる必要もなくなったために、現在では書に描かれていない(怪しげな)モノを追い求めることに夢中なようだ。
 宵闇の睡蓮亭のいちごミルクが気に入っているらしい。


  • 思いついたものをつめこんでみたけど、設定としてあるだけ感に溢れる。 -- さいれんす (2013-12-16 01:04:43)
  • 経歴表:命を助けられたことがある・田舎で育った・大ケガをしたことがある -- さいれんす (2014-02-10 00:29:03)
  • どうでもいいけど師匠女性だったな… -- さいれんす (2015-11-25 23:53:21)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。