cfsc_aboveall > session-3

【今回予告】




果てない螺旋の限りにて、
ついに見つけた石の臥榻。
カオスフレア達は招かれる。
世界を覆う無蓋のまどろみ、
断ち引き裂くは奇跡の軌跡。

愛情に満ち溢れた心には、
悲しみもまたおおいのである。
でも今は、その心が愛おしい。
心さえ捨ててしまった今ならば。


異界戦記カオスフレアSC キャンペーン “Above all, don’t lie to yourself”
第三話 「小さな英雄」

赤裸の意志を、人は静かに侵略する。




【ハンドアウト】



アル・ラスフォルト用ハンドアウト
パス:メルキオールへの貸し

美酒町の危機を救ったキミであったが、邪炎天使の活動によりその活躍が街の民の記憶に残ることはなかった。
それを知ってなおメルキオールが現れて、キミの質問にはなんでも答えると誓約する。
これにて一件落着。キミの小さな英雄願望はしっかり満たされたことだろう。
さて、やるべきことが終わったら、帰ることにしようか。



ケイネス・エルメロイ・アーチボルト&ランサー用ハンドアウト
パス:ケリィトゥグへの好敵手

美酒町から帰還して1年、魔術師の風上にも置けない不愉快な虫がキミを悩ませていた。
“魔術師殺し”。
そう呼ばれる彼はキミの研究成果を破壊し、誇りを傷つけ、神経を逆なでてくる。
そんなある日、哨戒のランサーが“魔術師殺し”とその雇用主が邂逅するのを目撃する。
報復の好機! 自らの正義をなすべくキミは奇襲をかける。



天ヶ瀬 水緒&カルペディエム用ハンドアウト
パス:故郷への友情

美酒町に再びフレアが循環し、世界が脈動を始めた。
世界神を解任された亜禁閉弖音はキミに地球に帰ることを提案する。
それは故郷に端末をばらまいた罪悪感か、それとも同化していくキミたちを慮ってのことか。
結局、その提案は受け入れられることになった。
1年後―キミたちは 端末狩り (ターミナルハンター)として活躍していた!



デリス・ビーシュ用ハンドアウト
パス:平和への純愛

ベルティーンの祝祭を退け、キミはひとつの世界の平和を守ったと同時に自らの記憶の一端に触れた。
それは絵しいて容易に受け入れられるものではなかったが、改めて思えば納得できることでもあった。
再び戻ってきたつかの間の平穏。
それが破られることになるのは先の戦いから1年が経過したころだった。





【何かありましたら】


  • まず前回のエンディングフェイズを兼ねた合同オープニングを行った後、個別オープニングを行います。若干面倒な処理ですがご容赦ください。 -- ペンギも (2013-06-18 00:02:31)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。