MGR-月にさよなら > PC5_name

カタリナ・シェーレンベルク / SGA-1 R2ヴァナルガンド


※スキル更新は現在ストライカー10レベルぶんまで完了

クラス(九話開始時、リビルド三回)

クラス名 Lv 加護
スイーパー 20 オーディン
ユニオン 20 ブラギ
ストライカー 13 トール
スペシャル - スサノヲ
サクセション - (プリプレイに決定)
消費経験点:8920(Lv:8885 常備化:30 コネクション:5)
獲得経験点:8920(内15点持ち込み)

※《スサノヲ》
タイミング:DR直前 対象:キャラクターひとり 射程:視界
以下の効果から一つを選んで使用する。
  • 対象の行うダメージロールに+6D6し、属性を<神>に変更する。
  • 対象の行うダメージロールに-6D6し、その属性が<神>に変更されているならそれを取り消してもとの属性に戻す。
(この加護の使用回数を《ブラギ》で回復することはできない)

ライフパス

出自:教育者
経験:組織
邂逅:ロドニー・チャン(師匠)
ミッション:平和を守る、秩序を守る
ライフスタイル:組織の構成員
住宅:個室

コネクション

イゾルデ・フォン・グリューニング 恋慕
龍ケ崎綺麗々 感謝
ガイラス・オズワルト 尊敬
テア・ベーレンドルフ 親友
ルイス博士 憎悪

能力値


能力値
体力 反射 知覚 理知 意志 幸運
基本値 14 14 13 14 11 10
ボーナス 4 4 4 4 3 3

戦闘値
(数値は近接:アームミサイル×2 遠隔:小型ミサイル×4、特殊:プロトンパニッシャー、オプション:フェンリルアトーニィ時)
未搭乗 搭乗時
命中 39 46
回避 35 36
砲撃 40 47
防壁 31 36
行動 56 59
力場 315 377
耐久 226 226
感応 192 234
近主攻 46 炎+65
近副攻 46 炎+65
遠主攻 46 炎+65
遠副攻 46 炎+65
合体攻 - 雷+111

(変形かつフェンリルアトーニィのみ装備時)
未搭乗 搭乗時
命中 39 43
回避 35 44
砲撃 40 44
防壁 31 40
行動 56 70
力場 315 374
耐久 226 226
感応 192 231
基礎攻撃力 44 44

(変形+近接:アームミサイル×2 遠隔:小型ミサイル×4、特殊:プロトンパニッシャー、オプション:フェンリルアトーニィ時)
未搭乗 搭乗時
命中 39 43
回避 35 39
砲撃 40 44
防壁 31 40
行動 56 62
力場 315 374
耐久 226 226
感応 192 231
基礎攻撃力 44 63

※飛行・フル武装時の機体の能力修正:命+1、回+1、砲+1、壁+6、行+3(能力解放分は除く)

防御修正
(数値はフェンリルアトーニィ装備かつ飛行時のもの)
20 15 18 18 8 8 10 10

(変形時)
13 11 13 13 8 8 10 10

移動力
戦闘移動 全力移動
3 6

(変形時)
戦闘移動 全力移動
5 10

特技()


特技名 Lv 種別 タイミング 対象 射程 代償 効果
能力解放 5 常時 なし なし なし 命・回・砲・壁+2、行・攻+3、力・感+10、防御修正+3(修正済み)
能力解放2 10 常時 なし なし なし 能力解放の効果を強化する(修正済み)
パニッシャー 1 常時 自身 なし なし BOSS・中BOSS・ライバル属性を持つキャラクターに与えるDm+2D6
エイミング 1 - 常時 自身 なし なし 自身の命中判定に+2
エイミング2 9 - 常時 自身 なし なし 《エイミング》の効果を「自身の命中判定に+5」に変更
鉄の集中力 6 - 常時 自身 なし なし 耐久力に+30(計算済み)
スターゲイザー 1 常時 自身 なし なし 命中・防御判定のC値-1(下限9)、覚醒武器使用可能
ムーブ&ファイア 1 常時 自身 なし なし 1マス以上移動を行ったラウンドに行う攻撃のDm+1D6
ムーブ&ファイア2 3 - 常時 自身 なし なし ムーブ&ファイアの効果に+[キャラクターレベル]
ブロックエキスパート 3 - 常時 自身 なし なし 防属性の特技・アイテムの効果に+[キャラクターレベル]
ブロックエキスパート2 6 - 常時 自身 なし なし 防属性の特技のラウンド中の使用回数に+1(計算済み)
ブロックエキスパート3 10 - 常時 自身 なし なし 防属性の特技のラウンド中の使用回数に+[キャラクターレベル÷10(切り上げ)](計算済み)
ユナイトガーディアン 1 自・機 イニシアチブ 単体 0 4EN 対象と合体。合体時は分離、メイン機の変更を行う
ユナイトガーディアン2 7 自・機 セットアップ 単体 本文 10EN 即座に戦闘移動を行い、移動後のスクウェアで対象と合体。この移動は封鎖・制圧・敵スクウェアを無視する。合体時は分離、メイン機の変更を行う
クイックトランス 1 イニシアチブ 自身 なし 2EN 変形を行う
ユナイトアームズ 1 機・ア 常時 自身 なし なし 「種別:合体武装」の武装ををひとつ選んで常備化する
ユナイトアクティベイト 2 合体中 本文 なし なし 合体中、自身と合体相手の与えるDmに+2D6
フィールドジャミング 1 命中判定直後 単体 0~6 2HP 命中判定の達成値に-2。ラウンド1回
ユナイトリインフォース 3 機・自 常時 自身 なし なし 常備化している合体武器の攻撃力に+[クラスレベル×2]。合体時、自身と合体相手の全判定のC値-1(下限10)
ハイモビリティムーブ 3 常時 自身 なし なし 飛行状態でいるとき、【回避値】と【防壁値】に+[クラスレベル÷6(切り上げ)]、【行動値】に+[クラスレベル÷3(切り上げ)]する
分身殺法 5 命中・防御判定直後 自身 なし 3EN 一度の判定につき一度限り判定を振り直す。1ラウンドに[クラスレベル÷8(切り上げ)]回
ユナイトシャープネス 6 合体中 自身 なし なし 合体中、自身とその合体相手の全判定のC値を-1(下限9)
ユナイトアクティベイト2 7 常時 自身 なし なし ユナイトアクティベイトの効果に+[クラスレベル]
ミサイルチャンバー 8 常時 自身 なし なし 常備化している機体ふたつを指定し、その「遠隔の副武装」を2つ増設する。増設部位には「種別:ミサイル」以外装備不可
ユナイトアダプション 7 常時 自身 なし なし 合体武装の【行動値】修正に+[クラスレベル÷2(切り上げ)](最大0)し、更に【行動値】以外の任意の【戦闘値】修正に+2(最大0)(修正済み)
プロシュートマニューバ 10 DR直前 自身 なし 本文 移動を行ったメインプロセスのみ使用可。装備している任意の「種別:ミサイル」の武装の弾数を0にし、0にした武装ひとつにつきDmに+4D6
ユナイトアクティベイト3 11 常時 自身 なし なし ユナイトアクティベイトの効果に更に+[クラスレベル]。クラスレベル16以上の場合+[クラスレベル×2]とする
ラピッドアクセラレーション 2 メジャー 単体 本文 2EN 戦闘移動を行う。移動後のスクウェアにいる対象に対して「種別:突撃」による白兵攻撃を行う。ラウンド1
ユナイトサプライ 2 本文 単体 0 本文 合体中、合体している相手が使用する特技や武器の代償を代わりに支払える(弾数を除く)
ラピッドアクセラレーション2 6 - ラピッドアクセラレーション 自身 なし 3EN ラピッドアクセラレーションの判定値+2、Dm+2D6、使用回数の減少を無効化
Sクラスマニューバ 13 常時 自身 なし なし ラピッドアクセラレーションとトライフルマニューバのDmに+[クラスレベル]。クラスレベル18以上で+[クラスレベル×2]
カモフラージュホログラム 1 いつでも 自身 なし 2EN 隠密状態になる。戦闘中と敵と同一のスクエアに居るときは使用不能。見破られるとシーン中再使用不能
プロシュートマニューバ2 17 - プロシュートマニューバ 自身 なし 20EN プロシュートマニューバを使用して行うDRのダイスの出目をすべて6にする。クラスレベル20以上でEHMマニューバと併用可能
EHMマニューバ 9 機、増 DR直前 自身 なし 20EN ラピッドアクセラレーションのDmに+[種別:突撃以外の武装の威力+2D6]。複数武器使用特技。Sin1
オーバーキャスト 3 機、増 DR直前 単体 0 5EN 合体時のみ使用可能。DR+3D6。ラウンド1回
荘厳なる詩神 20 いつでも 自身 なし 40EN 自身が持つ≪ブラギ≫の使用回数を一回分回復する。sin1
アサルトチャージ 1 ムーブ 自身 なし 5HP 全力移動を行う。マイナーアクション・メジャーアクションを継続可能
リジッドクライシス 1 - 常時 自身 なし なし 《マルチロック》か《クーデグラ》が前提。命中判定でクリティカルした時、攻撃対象はカバーアップとカバーアップ効果を持つ特技を受けられない
サブパイロット 2 判定直後 自身 なし 2EN 判定のダイスの目を+1する。sin3
ブロウビート 1 判定直後 単体 視界 3HP 一度の判定につき一度限り対象に振り直させる。拒否不能。ラウンド1回
ブロウビート2 11 - 《ブロウビート》 自身 なし 2HP ブロウビートの効果を変更。達成値が上昇した場合、振る前のものを採択し達成値-2
鋼機変形 1 マイナー 自身 なし 4EN 変形を行う
マルチロック 1 操・ビ 対象選択の直前 自身 なし 3HP 攻撃やダメージを与える加護の範囲を一段階拡大し、対象を選択可能に
アブストラクション 1 - 判定直後 単体 視界 2HP 判定の達成値を-2する。ラウンド2
アブストラクション2 13 - 《アブストラクション》 自身 なし 3HP アブストラクションの効果を変更。達成値を代わりに-5する
リムーバル 1 - ムーブ 自身 なし 2HP この特技を発動したメインプロセス中、メジャー後に戦闘移動ができる
リムーバル2 3 - メジャー直後 自身 なし 4HP 即座に戦闘移動を行う。リムーバルを習得していないと習得不能
空中適性 1 常時 自身 なし なし 飛行状態で行う防御判定の達成値を+2する
機体安定 2 マイナー 自身 なし 5HP このメインプロセスで、移動していても種別:遠隔で遠隔攻撃可能。シーン[キャラクターレベル÷3(切り上げ)]回
レイディングインパクト 2 DR直後 範囲1(選択) 0 3HP 対象が受ける予定のダメージを[3D6+クラスレベル]分軽減。ラウンド5回
レイディングインパクト2 7 DR直後 範囲3(選択) 0 7HP 対象が受ける予定のダメージを[3D6+クラスレベル]分軽減。ラウンド5回。差し替え特技ではない
バックアップショット 4 - 命中判定直前 単体 本文 4HP 射撃・遠隔武装を一つ指定し、その射程内のキャラひとりの命中命中判定の達成値に+2、ダメージに+クラスレベル。ラウンド1回
ダブルブロック 7 - DR直後 自身 なし 4HP 「種別:防」かつ「タイミング:DR直後」の特技を2つ同時に使用する。ラウンド1回
リロールエキスパート 7 - 常時 自身 なし なし 「対象:自身」を除く、「タイミング:判定の直後」の振り直し特技、または「判定の達成値を+2(-2)」というニュアンスのテキストをもつ特技の、ラウンド中の使用回数+1
オーバーアゲイン 9 - オート 自身 なし 12HP 「1ラウンドに1回」もしくは「1シーンに1回」使用可能と書いてある特技やアイテムの使用回数を1回分回復する。sin1
遅滞する時間 10 判定の直後 単体 視界 8EN 行為判定の達成値を+もしくは-2D6する。シーン1回
シュートブレイク 9 - 防御判定直前 単体 本文 5HP 射撃・遠隔武装の射程内でのリアクションに使用する。それを1度だけ代わりに行い、成功すれば攻撃を受けない。sin1
カラミティテラー 10 判定直後 単体 視界 10HP 片方のダイス目を1にする。sin1
パルスジャミング 15 対象選択の直後 単体 視界 15HP 敵の攻撃の範囲を1縮小する。シーン[クラスレベル÷8(端数切り上げ)]回
エスケープアシスト 3 イニシアチブ 単体 本文 3HP 射撃・遠隔武装の射程内のキャラクターひとりに離脱を行わせる。ラウンド1
エスケープアシスト2 8 - ≪エスケープアシスト≫ 自身 なし 2HP エスケープアシストの対象を範囲1に変更する
アラクノウェブ 3 DR直後 単体 なし 3HP 実ダメージを与えた場合、攻撃対象の防御判定のC値に+2する
封殺 17 判定直後 単体 視界 なし 対象の判定のファンブル値を+3する。判定終了後、自身は10点のHPを失う。シーン1
ブレイクロー 20 操、ビ 本文 単体☆ 0~6 30HP 「タイミング:メジャーアクション」の特技を宣言した時に使用。行動値対決を行い、勝利した場合特技を失敗させる。sin1
サポートエキスパート 3 - 常時 自身 なし なし 「種別:増」で「対象:単体」の特技とアイテムの効果に+キャラクターレベル
朧砕き 3 - 命中判定直前 自身 なし 2HP この攻撃に対する防御判定のC値+1
静かなる炎 2 - 常時 自身 なし なし 重圧・憎悪を受けることがなくなる
ロケットブースター 1 移動の直前 自身 なし 10EN 移動力に+2する。離脱移動に使用した場合2マス移動できる
巨神突撃 4 《アサルトチャージ》 自身 なし 2HP アサルトチャージでの移動時、敵スクウェアを通過できる。シーン1
マルチスタック 5 - マイナー 自身 なし 2HP タイミング:マイナーアクションの特技をふたつ使用できる。シーンに[クラスレベル÷10]回使用可能
パニッシャー2 4 常時 自身 なし なし パニッシャーの効果に+2D6
灼熱の怒号 7 DR直前 自身 なし なし キャラクターレベル点以下のHPを消費する。Dm+[消費したHP]
戦鬼咆哮 1 ビ、増 マイナー 自身 なし 3HP メインプロセス中、Dm+1D6
戦鬼咆哮2 5 - ≪戦鬼咆哮≫ 自身 なし 2HP 戦鬼咆哮のDm+1D6
戦鬼咆哮3 7 - ≪戦鬼咆哮≫ 自身 なし 3HP 戦鬼咆哮のDm+2D6。クラスレベル12以上のとき、効果に+[クラスレベル]
フォトンバースト 8 常時 自身 なし なし トールの効果とニョルドのDmに+[クラスレベル×2]
パニッシャー3 9 常時 自身 なし なし パニッシャーの効果に+2D6
魂の一撃 10 マイナー 自身 なし なし クラスレベル×2点以下のENを消費する。Dm+[消費したEN]
重ね打ち 3 DR直前 自身 なし 2HP 対象自身でタイミング:ダメージロールの特技を2つ使う。シーン1
覚醒する力 4 - 常時 自身 なし なし ブレイク時Dm+1D6
覚醒する力2 4 - 常時 自身 なし なし ブレイク時Dm+1D6
覚醒する力3 11 常時 自身 なし なし ブレイク時Dm+[クラスレベル]
パニッシャー4 13 - 常時 自身 なし なし パニッシャーの効果に+[クラスレベル×2]

(コンボムーブ)
1:フェンリスヴォルフ
《ユナイトアクティベイト》《同2》と《ムーブ&ファイア》《同2》の修正の合算
威力:

2:ブリッツマニューバー
1+ムーブ戦闘移動、マイナー《機体安定》、対象選択前《マルチロック》、メジャー合体武器、DR直前《プロシュートマニューバ》《同2》
代償:HP:8 EN:20、各部位の弾数
威力:
強化案:バックアップショット(HP4)で+11、パニッシャーで+2D6(実質12)

3:フレスベルグマニューバー
1+対象選択前《マルチロック》、メジャー《ラピッドアクセラレーション(Sクラスマニューバ付与)》《同2》、DR直前《プロシュートマニューバ》《同2》
代償:HP:3、EN:28、各部位の弾数(近主を除く)
威力:
強化案:バックアップショット(HP4)で+11、パニッシャーで+2D6(実質12)

装備

(経験点30点使用、常備化ポイント50+300=200点)
  • 一般アイテム
名前 種別 タイミング 効果
携帯端末 その他 いつでも 通話、ネット閲覧、メール機能を持つ小型端末
フォーチュン徽章 その他 いつでも 通信機と発信機を兼ねたフォーチュンの身分証。かっこいい
自動脱出装置 その他 いつでも 即座にガーディアンやヴィークルからベイルアウトするパラシュートとサバイバルキット一式
エキストラA その他 いつでも 士官学校時代からの親友テア・ベーレンドルフ。数少ない、歳相応の態度で臨める相手
エキストラB その他 いつでも イゾルデ・フォン・グリューニング。尊敬とは違った性質の想いを寄せているが、直接には告げていない
GPS 使い捨て 登場判定後 登場判定を振り直すことができる

  • 人間用装備
名前 種別 効果
パイロットスーツ 防具 ヴォルフ共和国軍の戦闘服。生身戦闘がシナリオ中であった場合スペックは記載
拳銃 武器 9mm弾を用いる広く普及した拳銃。同上

  • ガーディアン装備
名前 種別 部位 効果
大型ユニオン級ガーディアン ガーディアン ガーディアン(ユニオン) 攻撃力と命中精度に優れた大型のユニオン級ガーディアン
フェンリルアトーニィ オプション オプション イゾルデの乗機フェンリル、もといスサノオそのもの。単体ではオーバーロード級である
量子コンピュータ アシスト なし フェンリルに付随するもの。三貴子のガーディアンに共通して搭載されている

  • 常備化装備
名前 種別 部位 効果
大型ユニオン級ガーディアン ガーディアン ガーディアン(ユニオン) 命+3、回-2、砲+3、壁-2、FP+12,EN+12、攻+5、移:4、サイズ:L、斬10/刺5/殴8/炎8
ユニオン級飛行形態 ガーディアン 航空機(ユニオン) 回+3、壁+3、FP+9,EN+9、攻+3、移:4、サイズ:M、斬3/刺1/殴2/炎2
●アームミサイルポッド×30 射撃(ミサイル) 近主副 行-2、<炎>+4、射程1~2、代償:弾、弾数:2
●小型ミサイルポッド×60 砲撃(ミサイル) 遠主副 回-1、行-1、<炎>+4、射程3~4、代償:弾、弾数:2
●ALアスロック×3 砲撃(ミサイル) 遠主副 回-4、行-4、<炎>+12、射程3~4、代償:弾、弾数:1、対潜、L・XLにDm+12、対艦魚雷相当
●大型対空ミサイル×2 砲撃(ミサイル) 遠主・副 回-4、行-4、<炎>+12、射程3~4、代償:弾、弾数:2、飛行・高機動に対しDm+12
フィールドセイバー 白兵(突撃/ビーム) 近主副 行-2、<光>+6(3)、射程0、代償:3EN
プロトンパニッシャー 砲撃(合体武装/電撃) 特殊 回-1、<雷>+10、射程0、代償:なし、対象:放射4(選択)。部位を消費せず装備可能
リアクトセーバー オプション オプション 装備中、移動を行ったメインプロセスにも「種別:砲撃(ミサイル)」を使用可能
ウェーブライドバインダー オプション オプション 回-1、行-2、装備中高機動・突入付与、「種別:突撃」以外の白兵武装を装備不能
フェンリルアトーニィ オプション オプション 命+1、砲+1、FP+20、EN+10、攻+5、斬5/刺3/殴5/炎5/氷3/雷3/光5/闇5、飛行、合体時限定特技・アイテム使用可能
量子コンピュータ アシスト なし 判定の直前に使用、その達成値に+2する。シーン1。アシストドローン相当

設定・その他

【カタリナ・シェーレンベルク】
  • 年齢:19歳
  • 身長:166cm
  • 体重:57kg
  • 髪型:ポニーテール
  • スリーサイズ:85・57・83

「どうやってもままならないものに現在進行形で操られていることが、ようやく分かった気がするよ」……ある日の独白
「フフフ、どんな滋味とて食べ過ぎは身体に触るというものだな」……戦場にて、昏い愉悦と共に
「女だ。恋のひとつもする」……ふわりと、自嘲して

カタリナ・シェーレンベルク。ポニーテールに結んだ栗色の長髪とヘーゼルの瞳が印象的な乙女。
だがその実態は、若き烈しさを怜悧さに包み込んだヴォルフ共和国の女性士官である。

彼女は、ヴォルフ共和国で技官として名を知られた両親の下で生まれた。
第二次大戦の緒戦で絶対的な兵力差を埋めた最初のミーレスと指揮型ガーディアン――後の「ザード」の開発メンバーであった二人に育てられた少女は、幼い頃から鋼の巨人たちを日常的に見聞きし、当然のようにその威容に憧れた。

やがて小学校を卒業し国立の軍学校の門を叩いた彼女は、徐々にその頭角を表し始める。
AL粒子に触れ続けてきた彼女が、リンケージとしての早熟な開花を見せるのは無理からぬ事だった。
ミーレスを用いた訓練科目では常に優れた成績を収め、模擬戦闘の大会ではたびたび優勝してみせた。

非日常的な日常の中、彼女の胸の中ではある人へのあこがれが膨らんでいく。
〝ティラネウスの海竜〟の二つ名を戴く女傑、イゾルデ・フォン・グリューニング。
両親のつてで一度だけ本人と会うことができた時に、やや子にすぎないカタリナと、当時激務の中にあったエースパイロットが交わす事ができたのは二、三言にすぎない。
だがイゾルデは自分を見て小さく頷き、期待の視線を向けてくれた――少なくともカタリナはそう思っていたし、それを励みとして少女は更に努力を重ねた。だが、共和国は彼女の士官学校への進学を待つ事無く地球連邦との休戦協定を結ぶ。
それが良い事なのか悪い事なのか、まだ幼いカタリナには判断しかねた。
教えてくれたかもしれない両親は戦いの中ですでに亡く。
そして戦災孤児となった彼女を拾い上げる所は、ヴォルフ主義という正義を失った軍だけだった。

……思想を語る段階になかった少女にとって、戦いの理由は、ただ戦う事に過ぎなかったのだ。

拠り所を求めて士官学校へ通い、すべてを忘れるようにして訓練に打ち込むある日、ヴォルフ共和国を衝撃的なニュースが駆け抜ける。『〝ティラネウスの海竜〟ことイゾルデ・フォン・グリューニング、親衛隊第三突撃師団を率いて離反……』

大戦終結から5年、ノイエ・ヴォルフ設立から3年。カタリナは苛烈に成長を遂げた。
最後まで戦士として主義に殉じることを選び、国を裏切った英雄に立ち向かうように、民衆の意志と秩序の維持こそを軍人の正義として奉じる、新しい世代の『狼の騎士』がそこにいる。
だがそれは、未だに燻る美しき女傑への未練――誤解を恐れずに表現すれば、恋慕に近い感情――と、ガーディアンを駆っての命のやりとりに邪な愉悦を感じつつある自身の異常性に苦しむ、いびつな心を塗り固めたものでもあった。

彼女は『戦争』の空気が、たとえそこが『戦場』でなくとも、人間をおかしくしてしまう事を知っている。
狂いきった自分には、もはやガーディアンのコクピット以外の居場所が無いということも。
模範的な軍人を装いながらも煩悶していた彼女に訪れた次なる転機は、月面でのスクランブル任務。
そこで彼女は、『記憶』とぶつかり合うことになる。

『R2(エルツヴァイン)ヴァナルガンド』

  • 頭頂高:17.7m
  • 全高(ラウプリッター部分を含む): 23.2m
  • 重量:152.5t
  • 搭載武装:???

※工事中

+サクセション前までの情報
『MBG-7014LX ラウプリッター』

  • 頭頂高:18.8m
  • 全長、翼幅(変形時):22.4m、16.6m
  • 本体重量:31.4t
  • 全備重量:54.7t
  • 搭載武装:120mmザード・マシンガン改×2 アームミサイルポッド×2 対艦ALコーテッドミサイル×6 対地大型ミサイル×4 小型ミサイル×無数 凍結ガス内蔵型運動エネルギーミサイル〝ニヴルヘイム〟×無数 
  • 特記事項:主任設計者亡き今、その完全なスペックデータは失われている

カタリナの乗機ラウプリッターは、試作型のユニオン級ガーディアンである。
ヴォルフ特有の流線型デザインを昇華させた華麗な人型形態から、高いドッグファイト能力を持つ戦闘機形態に変形し、その状態で他のガーディアンの背部に接続することで強化スラスター及び武装プラットフォームとして機能できる万能兵器。
全身に搭載されているミサイルはハッチの中に収納可能で、ステルス性や速度を損いにくい。
またAL粒子力場を集中して摩擦熱に耐え、大気圏を単独突破することが可能な機構の副産物として、強力な対光学・重力防壁や物体を穿孔する攻性ALフィールド『シュトゥルムボーラー』の展開を行えるため、接近戦にもあるていど対応している。

この機体は、カタリナの母であるエルネスティーネ・シェーレンベルクが二次大戦中に設計図まで完成させていた。
従来のSFS代用型ユニオン級より、更に生存性を高めた『軍人の友』として、それはロールアウトするハズだった。
戦場で要求される機能をこれでもかと詰め込んだ欲張りな設計ゆえ、技術的な問題から大戦中の完成は成らなかったが。
カタリナにとってこれは、技術士官として従軍のおり、宇宙に散った母の唯一の形見。
『血で結ばれた姉妹』とも例えられるような、特別な存在だ。

しかし、「合体した機体の操作権限を奪い取るハッキング能力」なんてものを仕込んでいたあたり。
エルネスティーネ博士は、どこまでも良かれと思って『娘』に業を背負わせる――そんな、人間だったのかもしれない。
なおこの機能を発揮した場合とユナイトアトーニィとしてミーレスと合体した場合は、質量的にLサイズとして定義される機体となる。

なおこの機体がカタリナに委ねられたのは、機体の特性を見抜く観察眼と、戦闘データの収集に適した操縦技術を高度なレベルで兼ね備えた人材だったから、といういたって合理的な理由からである。
だが事情を知る者がこの状況を見る眼は皮肉げ。それもまた、彼女の奮起の理由ではあるのだが。

【顔タイプ】ピンク色のかなり目つきが悪いツインアイ
【カラーリング】黒基調に腕や脛、胸の一部が濃いピンク


『エルネスティーネ・シェーレンベルク』
カタリナの母。ガーディアン設計者にして、いわゆる天才科学者。
専門は軍用機であり、ミーレスとの連携を念頭に置いた傑作機ザードや、後に世界初のユニオン級とされる強襲降下機ヴォライフ・フォルグの開発チームを指揮し、いずれにおいても大きな役割を果たした。
自分が開発した機体の活躍をこの目で、という考えもあって現場主義者だったのが仇となり、大戦終結直前に艦隊の技術主任として従軍のおり、修理ドックへの流れ弾で吹き飛んだ隔壁に潰されて死んだと言われている。

私人としては仕事の虫であり、愛情を注ぐことはともかく、受け止めることがとても苦手だった。
カタリナの事も夫であるバルトルト――こちらは大戦終結間際に過労と妻の死による心労がたたって病死している――に任せていたが、ガーディアンに熱烈な興味を寄せて育っていった事には強い喜びを見せていたようだ。
娘が「立派なヴォルフ軍人になって、私のガーディアンに乗って戦う」ことを度々夢想していた、とか。

この場合のヴォルフ軍人とはすなわち、「ヴォルフ主義の庇護者」という意味である
つまり今のカタリナの姿は母の望みに適っていないことになるが、本人がそれを知るよしもない

また、彼女は不慮の事故に備えて、『家族三人分の』遺伝子情報と自身の卵子を保存していた
これらを使えば、バルトルト、エルネスティーネ、そしてカタリナのクローンを作り出す事ができる
しかしこれらの『材料』を保存した冷凍庫の存在とその管理者は極秘中の極秘であり、カタリナ自身、存在を知らない。当然、もし先に情報を突き止めた何者かによって奪われていたとしても、そうだとは分からないのだ。

カタリナ本人は母のことをあまり口に出したがらない。
あるいは、言葉にできないようなドロドロとした感情が今も渦巻いているのかもしれない。

  • イメージソース的にはリジェネレイトガンダム的な何か。デカブツとモブには結構威力出ます。撃ちつくしたら合体(意味深)しよう! -- からっぽまる (2013-05-16 01:10:40)
  • 二話終了時点でのステータスを記載。全弾発射(大嘘) -- からっぽまる (2013-07-18 21:35:56)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。