夢に映る夢_StL > team-B > session-4

今回予告


アルファ星域。

ゲートネットワークの再発見と
多くの星系国家の連携でとても活発な地域だが、
未曾有の危機に襲われつつあった。

かつてない規模の海賊が現れたのである。
それはサールナートを離れたパガタの一統。
彼らは、何を考えたかアルファ星域全体を見境なく
襲撃し始めたようであった。

一人の"海賊"と、多くの人々の想いをこめて
いつかあなたにつたえるために、
古い宝を映す、"鏡"

物語は、ここに、終わりを告げる

スターレジェンド キャンペーン
夢に映る夢/Consign to Oblivion   最終話
「果てなく続く物語/Die Spieleverderber」

さあ、冒険のゲートを、くぐろう。

Hand Out

PC1: アウリン・ペータ・フロイント
コネクション:”故郷”(関係;任意)
パガタがサールナートを出て後、あなた方もまた、彼らを追いかけて宇宙へと出ることとなった。
どうやら、サールナートを出てすぐ、彼らは軍勢を率いるようになったらしい。
道路掃除夫は別れ際に「故郷のことを努々お忘れ召されるな」といっていた。
あれはどういう意味だったのだろうか。

PC2: “ABC”アルフォンス・ブルーメ=クリストフ
コネクション:エリザベス・コトフォード(関係:任意)
「妙な話がある」あなたの旧知、エリザベスは現在の対海賊戦に駆り出されている傭兵の一人だが。
「やつらの追跡中に未確認の青い星を見た、という報告が後を絶たない。
その報告後の殉職率が高いため一種の走馬灯かも知れないが」
彼女は心当たりがなさそうだが、あなたには分かる、それは地球だ、と。

PC3: “無限の好奇心”ノイギーア・ホーク
コネクション:"魔術師”(関係:敵)
ゲート公団からの情報によれば、パガタたちはアルファ星域全土を荒らしまわっており、
星系軍や公団の正規軍でも対処しきれない相手となったという。
あれがそんなに手強い相手だっただろうか。
あなたはそんな疑問を抱きつつ、追跡を続けていた。

Pc4: 鳴海夜 闇
コネクション:神(関係:任意)
あれから数日が過ぎた。……フェンインとも気まずい空気になったまま。
宇宙では逃れた海賊たちがまた暴れていたりするようだがそれよりも。宇宙船の私室に
「どうかな、改めて話をしないか」
耳を離れなかったアレの声が響いていることが問題だった。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。