夢に映る夢_StL > team-B > session-3

act trailor

忘却惑星サールナート。

アルファ星域の隅にあり、
いくつもの航路や情報の掃き溜めとなっている。
物静かな田舎の雰囲気を持つこの星が、
この数年で空気も雰囲気も変わってしまった。

数人の海賊が この星で始めた事業で、
気づけばすさんだ雰囲気の星になってしまったのだ。
その海賊とは"パガタ”の一統。
彼らは、ここを根城に地球を探していた。

一人の"海賊"と、多くの人々の想いをこめて
いつかあなたにつたえるために、
古い宝へつなぐ、"とき"
すべてが動き出し、物語の終着が見える

スターレジェンド キャンペーン
夢に映る夢/Consign to Oblivion
第三話 「忘れた楽園の物語/There is only the time of dawn.」

さあ、冒険のゲートをくぐろう。



Hand Out

PC1 アウリン・ペータ・フロイント (PL:t-jun)
コネクション:”道路掃除夫”(関係;忘却? 懐旧?)
「初めまして、ということになりましょうな」
気がつくと、見知らぬ部屋であなたはお茶を振舞われていた。
「あなた様にお渡しするものがございましたので」
質素なたたずまいの部屋にいる穏やかな老人。彼は、何者なのだろうか。

PC2 “ABC”アルフォンス・ブルーメ=クリストフ (PL:Campari)
コネクション:ローザ・シュタインベルグ(関係:友人)
「ああ、そなたか。元気そうじゃな」
忘却惑星サールナートに来ていた旧知の皇女様、ローザはいつもと様子の違う、
気だるい感じであなたに応答した。
銀河帝国を取り戻すためにがんばっている彼女に、いったい何が起こったのだろうか。

PC3 "無限の好奇心"ノイギーア・ホーク (PL:あるふぁすたー)
コネクション:"宇宙飛行士”アンドレアス(関係:庇護?)
あなたは、以前、総帥ガイアから一人の客を保護するように依頼された。
経由地のゲートに現れたその客は、宇宙開発初期段階で用いられる
言ってしまえばもっさりした宇宙服を着ており期待に満ちた目をしていた。
偶然再会した彼は、しかし、当時の面影を感じさせなかった。

PC4 鳴海夜 闇 (PL:RYOJI)
コネクション:”顔のない消防士”(関係:敵意?)
ひと段落が着いてフェンインの話を聞いてみると、やはり彼女は操られていたようで。
何でも顔の見えない消防士風の服を着た男と会ったあとから意識がぶれているという。
さらに彼女は、パガタ達の本拠地としてひとつの星の名と、
そこで彼らが何か非常に冒涜的なことを行っているということを告げた。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。