DnD4_Campaign_G

特にタイトルは思いついてないので適当に。

とりあえずD&Dのキャンペーンに向けて、どういう種族やクラスがあるのかをイメージしてもらうために、ざっと紹介しておきます。

種族、クラスについてはもう読みにくいだけなので撤去しました。

作成レギュレーション

  • 能力値はポイントバイ
  • レベルは6レベル
  • 初期所持マジックアイテムは7Lvまでを1つ、6Lvまでを1つ、5Lvまでを1つ。7Lv枠で5Lvアイテムとか取っても差額は還元しません。
  • 初期所持金は1000GP


導入枠

各PCごとに、こんな感じでシナリオに絡んで欲しいなというお願いということで、導入枠を6種類用意しました。
まだ決めなくて構いませんが、この枠だとどうかなーとか適当に想像しててください。
基本的に数字が小さいほどシナリオにからみやすいはずです。


導入1
 君は、グレイプスヘイブンと言う街を拠点に、クリステルという名前の少女(間柄等は応相談)と冒険をしている。
 すっかり顔なじみとなった酒場の親父の仲介で受けた仕事、それは簡単な暴れ熊退治――のはずだった。
 ※D&Dの熊は5Lvエネミーなので一般人ではエサになりに行くだけですが、6Lvキャラなら鼻歌混じりで倒せるはずです。

導入2
 君は、邪悪な狂信者と裏社会で戦う秘密結社"うつろなる車輪"のメンバーの1人だ。
 首領のヴィルヘルムによれば、アイミックスなる存在を信仰するカルトの動きが騒がしいので調査して欲しいとの事だが――

導入3
 君は、賞金稼ぎを生業としている。
 君の因縁の相手(因縁の内容は応相談。仲間を全滅させられたとか推奨)である、"ダブルコート"と呼ばれる男の情報を得た君は――

導入4
 君は、かつて冒険者仲間をしていたリリアーノと言う女性からグレイプスヘイブンに招かれた。
 今の彼女は、この街で警備隊長の職を得たらしく、君に頼みがあるというのだ――。

導入5
 君は、とある街を拠点に冒険をしていた冒険者だ。
 とある冒険で手に入れた財宝の在り処を示すと思われる地図、それに示されている街、グレイプスヘイブンに君は旅立った。

導入6
 君は、グレイプスヘイブンを拠点に冒険をしている冒険者だ。
 ある日突然、君はこの街の領主であるアンドレイ=リンドバーグ直々に呼び出され、依頼を受けた。



NPC
導入で名前の出てきたNPCの詳細です。

クリステル・エレクトラ
 ヒューマン 16歳 女性
 ライトブラウンの髪に青い瞳の活発そうな少女。
 好奇心旺盛な生来の冒険者気質。
 クラスはシーカー/レンジャーのハイブリッド。

ヴィルヘルム・ブラウヴェルト
 ヒューマン ?歳 男性
 プラチナブロンドに青い瞳の丁寧な物腰の男性。
 外見年齢は25~6歳といったところだが、実年齢は不詳。
 少なくとも10年程度前から"うつろなる車輪"としての活動を開始している。

"ダブルコート"
 エルフ ?歳 男性
 ダークブラウンの髪に茶色い瞳の陰気なエルフ男性。
 本名不詳であり、何故かコートを2枚羽織っている事からダブルコートと通称される。
 恐ろしく腕が立ち、目的は不明だが単身で幾つも街を陥落させている危険人物。
 クラスは未定(PCと被らないように適当に考えます)。

リリアーノ・バッフルズ
 ヒューマン 23歳 女性
 ヴェニーシャンブロンドに緑の瞳の女性。
 冷静さには定評があり、彼女が激する所を見た事がある者はいないという。
 武勇にも人望にも優れ、若くしてグレイプスヘイブンの警備隊長となった。

アンドレイ・リンドバーグ
 ハーフエルフ 52歳 男性
 赤毛に黒い瞳の男性。グレイプスヘイブン近辺の領主。
 ハーフエルフという単語から受けるイメージとは裏腹に、ドワーフのような体型を持つ。
 暴飲暴食を愛する俗物であるが、領民から反発を受けない税金額などのラインは明確に理解している。
 現状が彼にとって非常に都合の良い状況であるため、極めて保守的。

NPCパワー

本来ならNPCもちゃんとデータを用意して運用するのが正しいルールですが、死ぬほど面倒なので一種のパワーとして表現することにします。
ハウスルールです。

NPCパワーの具体的なルール
 ・どのPCも使用を宣言できる。ただし、使用回数はパーティー単位である(誰かが使用したら他のPCは使用できない)
 ・対応するNPCが一緒に行動しているときでないと使用できない。
 ・小休憩、大休憩以外の方法で使用回数を回復することはできない。

クリステル・エレクトラ  Lvの無いNPCパワー
遭遇毎
フリー 使用者
トリガー:使用者の攻撃がヒットあるいはミスしたとき
効果:以下の2つから1つを選択する。
「雑魚に対するミスした攻撃ロール1つをヒットに置き換える(複数体攻撃の場合でもヒットにできるのはどれか1体)」
「ヒットした攻撃は2D4点の追加ダメージを与える。この追加ダメージは使用者のLvが21以上のとき4D4に増加する」


リリアーノ・バッフルズ  Lvの無いNPCパワー
遭遇毎
フリー 使用者
トリガー:使用者に敵の攻撃がヒット、あるいはミスしてダメージを受けたとき
効果:そのダメージを10点減少させる。この減少値は使用者のLvが21Lv以上のとき15に増加する。




あらすじ

第1回
  • “世界形成者”の異名を持つプライモーディアルの名を冠した「アスゴラスの天球儀」なるアイテムを手に入れた。
  • 天球儀にはプライモーディアル語で「わが愛し子らへ。愛と憎悪を込めて」と書かれている。
  • 本来仲の良くないプライモーディアル・カルトが大同団結して天球儀を狙っている可能性がある。
  • ダブルコートも天球儀を狙っているらしいが、今はまだこちらに預けるつもりらしい。
  • 何故ダブルコートは姿を現したのか。
  • レイヴン・クイーン様(仮)は条件によってはヴィルヘルムを殺して欲しいらしい。
  • カルトのアジトから、怪しげなポータルが発見された。

第2回
  • 前回のシナリオ終了後すぐくらいからグレイプスヘイブンは一週間以上続く大嵐に襲われる。
  • リリアーノさんも大忙し。
  • 大嵐のせいで滞っていたポータルの調査が終了、どうやらこの世界の平行世界、フェイワイルドに続いているらしい。
  • 当面の危険は無さそうな場所に通じているので調査よろしく、とヴィルヘルムは依頼する。
  • 張り切るクリステルだが、ヴィルヘルムは彼女には別の依頼があるという。
  • グリーンベルと呼ばれる、グレイプスヘイブンから徒歩3日ほどの廃村で火山活動が活性化しているという情報があったので少し見てきて欲しいらしい。
  • グリーンベルと聞いて、表情を曇らせるクリステル。
  • 心配したオーキッドが同行しようかと告げるが「ごめん、キッドにはあんまり来て欲しくないの」という返答。
  • 折衷案としてアーシュラがクリステルに同行する事に。
  • 一方、フェイワイルドに向かおうとしたパーティーとリリアーノが遭遇。
  • 大嵐が尋常の物では無いと見て、原因を探るリリアーノ。
  • カルト教団の介在を伝えるかどうかしばし悩むが、結局情報を流し、カルトが原因かもしれないなら、とリリアーノも同行することに。

  • フェイワイルドに辿り着くと、グレイプスヘイブンとは比べ物にならないほどの大嵐に襲われている。
  • 通りすがりのトレントによれば、一週間ほど前に近隣の空間が崩壊し、元素の渾沌が出現したとのこと。
  • ちなみに出現場所はもとの世界で言えばグレイプスヘイブンのあったあたり。
  • これによりフェイワイルドの秘術エネルギーが流出し、フェイワイルドの生物は力を失っていっているという。
  • 道中、元素の渾沌のエレメンタルやその奥底のアビスから来たデーモン等に襲われながら、手近な人里に降りて行く一行。

  • 辿り着いたエラドリンの大集落、グリーンベルでは住民が揉めまくってる最中であった。
  • 族長であるフラニーという女性が元素の渾沌を封印するための儀式魔法を完成させたのである。
  • しかし力が失われつつあるエラドリンたちでは儀式魔法を実践するのは難しく、儀式強硬派と里を捨てて逃げる派が対立していたのだ。
  • 元素の渾沌の拡大はかなり早く、フェイワイルド全体が崩壊する危険もあり、一行はこの儀式への協力を承諾。

  • 秘術使いであるネイサンを中心として儀式を行うが、その最中に儀式を止めようとデーモンの群れが来襲。
  • 開幕に敵がクリティカルヒットなどの死闘の末、なんとか敵を撃退し、儀式が完成。
  • 修復こそ不可能であったものの、元素の渾沌の拡大は抑えられ、とりあえずフェイワイルドは救われた。

  • その後、グリーンベルの住民の協力も借りてカルトのアジトを何とか発見。
  • どうやら野良デーモンに残っていた団員が殺されたらしく、数枚の計画書や報告書を発見する。
  • それによれば、海と火山帯、肥沃な大地と季節風の吹く気候を持つグレイプスヘイブンは四属性を併せ持ち、元素の力に感応しやすいという。
  • そして、元素の渾沌を本格的に呼び出すために、次はグレイプスヘイブンで同じことをしようとしているようだ。

  • 一方、クリステルとアーシュラは危険に陥っていた。
  • 何故か現れたフロスト・タイタン(Lv20 精鋭・暴れ役。基礎攻撃は4D8+7+継続的ダメージ10くらい)の群れに襲撃を受けていたのだ。
  • しかし、今にも二人を打ち倒そうとしていたタイタンは、突如出現したダブルコートの一太刀で倒される。
  • 何をしに来たか訝る二人に、ダブルコートはこう告げた。
  • 「クリステル・エレクトラを守りに来た。俺の言葉が信用できないと言うなら実力で排除すれば良い」と。

第3回
  • 酒場にてガルのかつての戦友であるイブリーズというドラゴンボーンが現れる。
  • 彼はグレイプスヘイブンの西40kmほどの場所にあるサイレントヒル(名前を決めたのはPL)に住む賢者、レイゼンに依頼を受けてきたという。
  • 彼によればガルの持つ「アスゴラスの天球儀」は、アスゴラスの力によりいつ隕石を呼び寄せるかわからない極めて危険なアイテムだというのだ。
  • それを先祖代々封じてきたというレイゼンが再封印をほどこしたい、というのがイブリーズの話のあらましである。
  • 旧友の話でもあり、ガルはこれに応じようとするが、ダブルコートが忽然と現れ、忠告する。
  • 曰く、「イブリーズはプライモーディアル・カルトの一員であり、彼に渡してはならない」
  • 「それくらいならば、自分が引き取る」というダブルコートの申し出に、どちらの言い分が正しいか悩む一行。
  • 結局、サイレントヒルに向かいレイゼンと直接話をすることに決めた一行。何故か話の流れでダブルコートもついていく事に。
  • レイゼンの話はイブリーズの発言と殆ど変わらないが、言動に矛盾があることをアーシュラが見抜く。
  • それを指摘した途端、逆ギレをするレイゼン。一行は<看破>判定で、レイゼンの語っているところには嘘があると判明する。
  • 他方、一行はダブルコートに食い下がり、天球儀の本来の力の一端を聞きだすことに成功する。
  • 天球儀には『この世界が誕生する前の記録』が残されているものであるが、それ単体では特にこれといった効果を持つ者では無いという。
  • 「とはいえ、何かと組み合わされば色々と厄介な事を引き起こしそうだがな」と言い、今はそれを手放すなと告げてダブルコートは去る。

  • こうしてグレイプスヘイブンへの帰路についた一行は、グレイプスヘイブンが何者かに襲撃を受けている姿を目撃する。
  • 元素の力で変容したドラゴンの亜種や、その他元素起源のクリーチャーによる総攻撃を凌いでいたリリアーノは、一行に敵主力の撃退を依頼。
  • 負傷者の治療のためにオーキッドを残し、エルダー・ヴォルケーノ・ドラゴンを主軸とした敵軍を何とか撃退する。
  • しかし、それとは別にリリアーノを初めとした街の人々に発生している奇妙な状況に気付く。
  • グレイプスヘイブンの住民達は、口や爪などから炎や電撃が漏れるという極めて奇妙な状態に陥っていたのである。
  • 調査をしたところ、体内の元素エネルギーを暴走させられているための病状であると判明、元素病と仮称する。
  • ヴィルヘルムとの会話の中、今大規模な襲撃をする理由がない事などから、この襲撃は何かを隠すカモフラージュなのではないかと推測を立てる。
  • 元素病の症状がグレイプスヘイブン内でしか発症していないこと、病状の広がり具合などから議事堂の地下食堂にアタリをつけた一行。
  • しかし、そこに近づくにつれ一行にも元素病の症状が発生し始める。どのような生物であってもこの近辺の濃密な元素エネルギーには抗しえないのである。判定も無いし。
  • 地下食堂では、魔法陣で儀式真っ最中のレイゼンと、レイゼンに操られたイブリーズ、そして様々な怪物が待ち受けていた。
  • そして、そこで一行は奇妙な事に気付く。同行したクリステルには元素病の症状が一切現れていないのである。
  • そのことをうっかり口に出してしまった某PC。それによりレイゼンもそれに気付く。
  • 次の瞬間、レイゼンはイブリーズに、クリステルを捕えるように命令を下し、撤退する。
  • 怪物を打ち倒し、イブリーズを正気に戻した彼ら。
  • イブリーズの話によれば、レイゼンは『何らかのファクターの燻り出し』のためにこの儀式を行ったのだという。
  • クリステルが何者なのか、疑問を抱く一行。
  • そのとき、オーキッドを伴い、ヴィルヘルムが地下食堂にやってきた。ヴィルヘルムは告げる。
  • 「それについては、私が説明しましょう――」
  • 次回へ続く。

冒険の舞台

グレイプスヘイヴン

 非常に大きな港町。南側に内海が広がり、東岸にはこの内海に通じる大河が流れる。
 また、北方には山岳地帯が広がり、その山肌には広々としたぶどう園が山肌を覆うように作られている。このブドウは街の名前の由来であり、名産品でもある。
 特に、良質のワインを生産しており、その貿易により潤っている豊かな街である。
 いわゆる地中海性気候であり、年中通してある程度温暖であり、すみやすい。オリーブやトマトなども栽培されている。
 政治形態は有力商人による議会制。この辺りを治める貴族はいるのだが、統治はある程度議会に委任しており、伯爵は重要案件にゴーサインを出すのが仕事。


その他用語

アイミックス
 “永遠の炎”など様々な異名を持つ特に古く強大なプライモーディアルの一柱。
 悪属性の炎クリーチャーの支配者でもある。
 現在は神々により溶岩の中に囚われているが、その中から変わらず様々な策謀をめぐらせている。
 他のプライモーディアルを嫌っており、今は“永遠の水”と呼ばれるオルハイドラの精髄を使って牢獄を破壊しようとたくらんでいるとの噂。
 また、最近息子のザーマン・ラルに叛乱を起こされたが、負傷して逃亡したザーマン・ラル以外の反乱軍は全員死ぬか奴隷化された。
 様々な姿を持つが、蛇のようにうねる巨大な炎の柱や人型の炎の姿を好む。実はリクイドフレイムなのではあるまいか。

プライモーディアル
 我々の世界を創造した古く、力ある存在。
 原初世界には元素の渾沌が存在し、その中から自然発生した渾沌の化身がプライモーディアルである。
 彼等の根源的な衝動は破壊と創造であり、世界を作っては壊すことを繰り返す事を望んでいる。
 しかし、この世界に魅せられたアストラル海に住まう神々が、我々の世界の荒れ狂う自然を平定し、エンジェルや定命の者をこの世界に住まわせた。
 世界の維持、永続を望む神々と世界の破壊を望むプライモーディアルの間には、やがて“暁の戦”と呼ばれる大戦争が勃発する。
 数千年に渡るこの神話的闘争は最終的に神々が優勢となり、プライモーディアルの多くが幽閉されるか死ぬか力を奪われた。
 しかし、その争いの余波により我々の世界も滅びに瀕した。
 そこで出現した、我々の世界そのものの霊的具現たる“原始精霊”によりプライモーディアルも神々も放逐された。
 この原始精霊の定めた“掟”により、現在はプライモーディアルも神々も、この世界に直接の介入は不可能となっている。
 そのため、それぞれの教団が彼等を代行して動くわけである。
 ちなみに[原始]系クラスはこの原始精霊の力を借りているとか。

オグレモク
 極めて古い大地のプライモーディアルで、世界創造の際にも高い山々を作るなどかなりの力を発揮した。
 オグレモクは世界を愛してはいないが、己の所有物だと強く信じており、それを侵す連中を許しはしない。
 “旧き元素の目”と呼ばれる遥か太古の、そして原初にして最強と言われるプライモーディアルと盟約を結んでいる。
 岩や水晶、砂で作られた人の姿で現れる。
 カルトの団員がちらっと登場。

カスタナミー
 優れた将軍にして軍師であった嵐のプライモーディアル。
 ドラゴンの祖神イオに丸呑みにされ、自然界の海に落下した。
 ゆかいな双頭巨人が信仰していた。

ソルカラ
 水圧と氷結のプライモーディアル。メローラ、コード、セイハニーンに破れ、囚われている。
 カルトの団員がちらっと登場。

アスゴラス
 “世界形成者”と呼ばれるプライモーディアル。
 隕石が生み出される落星海と呼ばれる次元を生み出している。
 ドラゴンの中にも信望者さがいるようだ。


英雄達の詰め所

 メールにあったよう、種族やクラスのすり合わせをしようぜ的な。
 wikiの編集の仕方が分かる人は適宜書き込むとよろしい。
 wikiの編集分らねえべさという人は、下のコメント欄に書き込んでもらえれば反映します。
 第三希望まであればきっと無事に決まるんじゃねえかな。
 見やすいよう、PL名と第一希望を太字に。
 名乗りのあった順に表にしたので、特に並び順に意図などはありやせん。
 問題があれば、Campariまで。

種族/クラス申告表(決定版)

PL名 種族/クラス 役割 備考・予定している性格とかあれば
Hor. ミノタウロス/クレリック 指揮役 うしちち。
ツネカズ エルフorエラドリン/アヴェンジャー 撃破役 設定とかはっまだ決まってないけどアヴェンジャーに魅かれてる!
Ku ドラゴンボーン/ファイター 防衛役 戦いの中に己を見出す竜人。脳筋。
Campari レヴナント/ルーンプリースト 指揮役 蘇った理由、自らの来歴、悉くを忘れている半死体な元人間(多分)の少年。覚えているのは、自らの名前と神代の文字の扱い方のみ。GMに投げっぱなしと、割とひどい気がしなくもない。
satyo ヴリローカ/ソーサラー 撃破役 備考・性格など
kanimiso ハーフエルフ/ファイター・スレイヤー(弓) 撃破役 不敵系オッサン。生来の射手たるエルフや人間の弓の達人に馬鹿にされながら育つ。「悪いが俺には俺のやり方があるんでね」

希望導入枠申告表(仮)

Hor. 2 4 6 わかりやすくやりやすそうな順に。
ツネカズ 2or4 1 第三希望 宗教関係がやりやすそう。
Ku 4 5 6 ドラゴンボーン的に上3つはしっくりこなかったので。
Campari 1or4 3 2or6 1or4:お姉ちゃんが欲しい、3:レヴナントやりやすそう、2or6記憶喪失でも仕事できそう
satyo 第一希望 第二希望 第三希望 理由・言訳
kanimiso どれでも 第二希望 第三希望 どのパターンでもできそうなんで大丈夫です。ただ、デーヴァの場合3は遠慮したいです
+ ...
  • 申告表を決定版に。コメ欄長いので格納。あとは導入枠を決めればOKな流れ? -- Campari (2012-08-22 06:19:25)
  • どれも面白そうだけど導入枠2は信仰系キャラクターに譲ろう。あと今気づいたけどこのパーティ知力職いないね。 -- kanimiso (2012-08-22 13:32:59)
  • それどころか半数が筋力職だったりする。 -- が (2012-08-22 21:02:09)
  • やっぱり皆で直接会って話し合った方が早いかも…? -- ツネカズ (2012-08-23 00:06:50)
  • 喧嘩腰の物言いをしそうになったが保留。キャラ作してきたんで導入枠申告。突撃で戦線を押し込むオプションもあるよ!ってぐらいの回復よりのクレリックに仕上がりましたとさ。 -- Hor. (2012-08-23 08:38:04)
  • また、出先で、申告表弄れないのでこちらで申告をば。第一が3、第二が5、第三が6です。とりあえず3なら没落貴族になれそうかなと。 -- satyo (2012-08-29 21:30:37)
  • とりあえずCampari:1、satyo:3(敬称略)は確定っぽいとして、Hor.、ツネカズ、Kuがバッティングしまくってる感じかしら。リリアーノさん大人気! -- が (2012-08-30 13:53:43)
  • Hor.:4 ツネカズ:2、Ku:5、kanimiso:6辺りが丸いのかな?異論あったら求む。 -- が (2012-08-30 13:57:50)
  • 今更だが5と6見事に間違えてたので修正したでござる。 -- Hor. (2012-08-30 19:46:30)
  • ちょっと見ぬ間に枠決まっておったのか。了解ー。 -- Campari (2012-09-04 20:13:56)
  • あ、ちなみに撤去はしましたがデータは残っているので復旧させたい場合はご連絡を>クラス・種族データー -- が (2012-10-22 21:34:46)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。