奇跡の天使 > team-B > PC1

九重修一郎

≪プロフィール≫

【コードネーム】
【性別】男
【年齢】17
【身長】173cm
【体重】63kg
【誕生日】不明
【血液型】A型
【ブリード】クロスブリード
【シンドローム】ブラムストーカー/エグザイル
【ワークス/カヴァー】FHチルドレンA/高校生
【ロイス】
[Dロイス]:強化兵
兄弟姉妹 庇護/嫌気
同僚 友情/隔意

【ライフパス】
出自:複数の兄弟姉妹
経験:平凡へのあこがれ
欲望:保持
覚醒:感染
衝動:破壊

【能力値・技能】
肉体:6 白兵5 回避1  
感覚:3
精神:1 RC1  
社会:1 調達5 情報:FH1  

【副能力値】
 基本侵食率:30
 HP:33
 行動値:7

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
xx1 ≪C:ブラムストーカー≫ 2 MjAct - - - - 2 - C値-Lv。
Br1 ≪鮮血の一撃≫ 1 MjAct 〈白兵〉 対決 - 武器 2 - 判定ダイス+[Lv+1]個。メイン後HP2点消費。
Br2 ≪ブラッドバーン≫ 3 MjAct シンドローム 対決 - - 4 80% 組み合わせた攻撃の攻撃力+[Lv×4]。メイン後HP5点消費。
Ex1 ≪ジャイアントグロウス≫ 1 MjAct 〈白兵〉 対決 範囲(選択) 武器 5 100% 攻撃を範囲(選択)に。Dmr+2D10。シナリオLv回。
Ex2 ≪ヒュドラの怒り≫ 4 SetUp - 自動成功 自身 至近 4 100% ラウンド間MjActのダイス+3個、攻撃力+[Lv×3]。タイタス昇華でしか回復しない暴走を受ける。


【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考
≪鍵要らずの歩≫ 1 MjAct - 自動成功 自身 至近 - 自身を液状化させて移動できる。
≪異能の指先≫ 1 MjAct - 自動成功 単体 至近 3 記憶を読みとる。効果に抵抗する相手は対象に出来ない。必要ならRCで判定。

【コンボ】(100%未満/100%以上)
  • 名称:

  • 組み合わせ:xx1+Br1(+Br2)→xx1+Br1+Br2+Ex1(Ex2後/アイテム使用後)
  • タイミング:MjAct
  • 技能:<白兵>
  • 対象:単体→範囲(選択)
  • 射程:至近
  • 侵食値:4(8)→13
  • ダイス:8+侵食率ボーナス→9(12/14)+侵食率ボーナス
  • CT値:8/7
  • 攻撃力:5(17)+2d10+Dmr→21(36)+4d10+Dmr




【アイテム】常備化P:12 財産P:
名称 種別 常備化 詳細
レインボウアビリティ:肉体 FHアイテム/その他 5 マイナーで使用、シーン間【肉体】判定ダイス+2。HP5点消費。
コネ:FH幹部 コネ 1 〈情報:FH〉の判定ダイス+2個。
キーンナイフ 武器 2 技能:〈白兵〉/〈射撃〉 射程:至近/10m 攻撃力+5/命中0。攻撃対象の装甲値-5としてダメージを算出できる。
強化服 防具 1 装甲値+1
応急手当キット その他 3 HP2d10回復

≪容姿・性格≫

黒髪黒目、長めの髪を後ろで纏めて流した男子高校生らしきなにか。
普段の恰好は面倒くさいという理由で学生服の上下にワイシャツ、革靴という出で立ち。
顔はまぁ、可もなく不可もなくって事でそれなりにそれなり。

性格は基本的に刹那的な快楽主義者。
今が良ければ全て良しな気質の女好き。
その根底にあるのは、戦いが日常である事から端を発した、「いつ死ぬか分からない」という思い。
自分がいつまで生きられるかが分からないからこそ、今を謳歌しようとしている。
そんな青春?まっさかりな男の子である。

また、オーヴァードとして破壊衝動を内に秘めている。
それは、過去に受けた何らかの物理的影響か、はたまた心因性の物かは定かではない。
しかし破壊衝動が表に出た場合は、敵も味方も一切関係なく全てを壊し尽くす事になる。
曰く、目に映る全てが愛おしく、故に其の有終の美を見たくなるのだとか。

≪設定≫

幼少の頃にレネゲイドウィルスとの親和性を確認され、FHに拾われる。
それは合意の上かもしれないし、或いは強引に拉致されたのかもしれない。
ともあれ、少年は幼少の頃から競争の中で育った。
覚えたのは愉快な知識。
どこを切ったら人は死ぬか、どこを突いたら喋れなくなるか、どこを捻じったら苦痛で悶え苦しむか。
それら一連の事を「常識」として学んだ上で、「一般常識」をトッピング。
「何でもむやみやたらに人を傷つけるのは良くない事なんだってさ、お父さんが言うなら殺しても良いらしいけど」
そんな中で出来上がった、歪みに歪んだダメ人間。

基本的には1対1での戦いに特化した戦闘プログラムを学習しており、人体を破壊する術に長けている。
又、自身の持つ異能として、姿の変貌や記憶の読み取り等も行えるいっぱしの便利戦闘員A状態。
潜んで忍びこんで殺して奪って潜んでずらかる、敵に回したくない感じのくそったれ。

でも、そんな人でなしにも、願いたい事の一つや二つはある物で。
彼の望みは自分の周りにいるごく少数の、仲の良い人間達だけでも笑って暮らせる事。
それは、自分が持ち合せていない日常を、他者に重ね合わせて補完し、自己満足を得るための手段。
だが、それは同時に今を謳歌する為に必要な物でもある。
故に少年は、周囲の平穏を保持する事を躊躇わない。
基本的にはFHの任務を淡々とこなしていた方が、変化がない分ましだろう。
しかし、もしその任務が所謂「身内」に牙をむくならば、その時はどうなることやら――。
もしかしたら、己を殺して忠実に従うかもしれないし、或いは初めての反抗期って奴をぶちまけてやってもいい。
結局の所、彼は刹那主義者で快楽主義者で、女好きなエゴイストなのだ。

……クズ?うん、クズだよ。

ちなみに以下は趣味設定。

好きな食べ物:鯖の塩焼き、魚介のマリネ、ドリア、鰻のかば焼き
嫌いな食べ物:ういろう、パクチー、伸びたラーメン

好きな虫:クワガタ
嫌いな虫:黒い悪魔

《PLより》

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。