DX3rd-sunakawa_shizune

砂川 静音


≪プロフィール≫

【コードネーム】sand doll / Dead End (通常/侮蔑)
【性別】女性
【年齢】19
【身長】161cm
【体重】やせ気味
【誕生日】
【血液型】A
【ブリード】クロスブリード
【シンドローム】モルフェウス・ブラックドッグ
【ワークス/カヴァー】アーティスト/アーティスト
【ロイス】
[Dロイス]:守護者 攻撃を自分のみに

【ライフパス】
出自:結社の一員 FHの家庭に育ちました
経験:悲恋 想い人はお墓の下…
欲望:喪失 昔はあったよ.でも今は…
覚醒:探究 私に何ができるのか知りたっかたの
衝動:自傷 何もできない私なんて…!

【能力値・技能】
肉体:5    
感覚:3 <知覚> 1 <芸術> 2
精神:3 <意志> 4
社会:1 <調達> 6 <情報:ウェブ> 1 <情報:FH> 1

【副能力値】
 基本侵食率:33
 HP:43
 行動値:9

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
Mo1 ≪砂の結界≫ 1 Auto - - 自身 - 2 - カバーリング
Mo2 ≪砂の祝福≫ 1 Auto - - 自身 - 4 - 砂の結界と同時使用,(Lv)*10mカバーリング 1シーン1回
Mo3 ≪ヒール≫ 1 Mj <RC> - 単体 視界 2 - (Lv)D10+【精神】HP回復
BD1 ≪ペインエディター≫ 2 常時 - - 自身 - - - 最大HP+Lv*5 基本侵蝕値+3(補正済み)
BD2 ≪磁力結界≫ 3 Auto - - 自身 - 3 - ガード値+(Lv)D

【イージーエフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考
Mo 壁抜け 1 Mj - - 自身 - -
BD 電子使い 1 Mj - - 自身 - 1
BD 電波障害 1 Mj - - シーン 視界 -
BD タッピング&オンエア 1 Mj 自身 視界 -

【コンボ】(100%未満/100%以上)

  • 名称:身代わり人形

  • 組み合わせ:Mo1+BD2
  • タイミング:Auto
  • 技能:
  • 対象:
  • 射程:
  • 侵食値:5
  • ダイス:
  • CT値:
  • 攻撃力:




【アイテム】常備化P:5 財産P:1
名称 種別 常備化 詳細
コネ:FH幹部 コネ 購入不可/1(常備化済み) 情報:FHのダイスを+2
コネ:マスメディア コネ 購入不可/1(常備化済み) 情報:メディアのダイスを+2
レザージャケット 防具 5/1(常備化済み) 装甲値2
ジュラルミンシールド(相当のアコースティックギター) 武器 12/8(常備化済み) ガード値6

≪容姿・性格≫

リボンでまとめたロングヘアーが印象的な女性.
どこか,生気がない印象を受け,自暴自棄なところもある.
性格は穏やかであり,怒ることはめったにないが,
ライティングブレードという言葉を耳にしたときだけは,
鋭い目つきになったりもする.

≪設定≫

FHの研究者の家庭で育っており,オーヴァードになるべく教育された.
あくまで自分の意志でオーヴァードにはなっているが,そのように教育されたといった方が正しい.
ただ,昔はいわゆる落第生であり,FHチルドレンとしての活動はほとんどない.
せいぜい,電波障害を起こしていたくらいである.

そんな彼女が次第に身に着けた能力がガーダーとしての能力である.
この能力を持って,憧れのセルに所属した.
実はこのセルリーダに彼女は好意を抱いていた.
しかし,3年前のある日,彼女の所属したセルは崩壊する.
UGN最強と噂されるライティングブレードと対峙した結果である.
彼女は深手を負いながらも,戦場を離脱したが,
後の者は戻ってこなかった.彼女の想い人も含め.

このことは,彼女の所属していたセルを統括しているFH支部で,
問題となっていた.というのは,彼女がこのセルに入れた理由が
弾除けとしてであり,それ以外のことは期待されていなかったからである.
その彼女だけが戻ってきたことが問題視されたわけである.
そこで,FHチルドレンとしての立場からは追い出され,
FHイリーガルとして活動することを余儀なくされた.
また,この件以降,彼女のことを「Dead End」と揶揄するものもいる.
(ガーダーの対象が死ぬという意味で)
このことに対して,彼女は言い訳するつもりもなく,
もしろ受け入れているように見える節すらある.

上記の一件で,彼女の欲望は失望に変わっており,
他のFHメンバーとは少し違うところが見受けられる.
ただし,彼女はFHの考えには賛同しており,
オーヴァードの能力には肯定的である.
その根本にあるのは,やはり前述の事件であり,
能力があっても何もできなかったにもかかわらず,
能力すらなくしてしまったら,本当に何もできなくなると思っているからである.
また,オーヴァードの能力に否定的なUGNがその能力を使って,
FHのメンバーを攻撃してくるのにも疑念を抱いている.

なお,普段はストリートミュージシャンとして,
悲恋の歌を歌っている.

《PLより》

設定になにか問題があればご連絡ください.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。