なまえ1_wh2012

プロフィール

名前:シグムント・レーリッヒ
種族:人間
出身地:ウィッセンランドの入植地
年齢:19歳
性別:男
身長:171cm
体重:60kg
髪色:淡褐色
瞳色:青灰色
兄弟:1人(弟)
星座:グルングニの飾り帯
運命:「人ならぬ人に注意せよ」←ミュータントですね、分かります。
消費EXP計:0(2012/4/16時点)

能力

キャリア:入信者

主能力 武技 射技 筋力 頑健 敏捷 知力 意志 協調
初期値 39 34 44 36 40 35 32 31
成長度 /5 /5 0/- 5/5 /- /10 /10 /10
現在値 39 34 44 41 40 35 32 31
副能力 攻回 耐久 筋ボ 頑ボ 移動 魔力 狂気 運命
初期値 1 12 4 4 4 0 0 2
成長度 /- /2 -- -- 0/- 0/- 0/- 0/-
現在値 12 4 4 4 0 0 2

能力値EXP計

運命点の推移
初期:2点



経歴

入信者
CCEXP計

来歴

ウィッセンランドの入植地出身。19歳の男性。
容貌は淡褐色の髪の毛を短く刈り上げている。また、一本結った長い髪の毛を垂らしている。(スターウォーズ エピソード2のアナキン・スカイウォーカーみたいな感じ) 参考画像 眼は青灰色。


ウィッセンランドの貧しい町の生まれ。
生まれた頃から右肩の後ろの部分にシグマーのシンボルである『双尾の彗星』のような痣がある。その痣はあまりにも鮮明に現れているため見た人たちのなかに少し噂になるほどだった。「シグマーの再来か?」「詐欺じゃないのか?」
小さな村だがあまり大きな噂になることを嫌った親によって隠されていたため真実を知るものはあまりいなかった。

しかし、4歳の時にこの噂を聞いた魔狩人のフェリックス・バウワーが周りを嗅ぎ回り始めた。
猜疑心の固まりであるフェリックスはその事実が本当であれば火あぶりにしようとしていたのである。
このことを知った両親はシンボルの痣を焼きごてで焼き消した。
痣が見えなくなるぐらい大きなコテで焼かれたため、その部分はひどく爛れてしまったがなんとか一命はとりとめ、魔狩人の手も逃れることができた。


一度は逃れることもできたがいつまでもつきまとうフェリックスに恐怖を覚えた家族は転々と町を移動するようになった。
段々と家族の疲労も増していった。そして、7歳の時にアルトドルフについた両親は息子を匿い続けるのに疲れ、シグマーの神殿に彼をおいて逃げ出した。
流石のフェリックスも本部のシグマー教団に所属している入信者に手を出せないのかつきまとわなくなってきた。

シグマーの神殿に入ってからは武芸や戦争の歴史が好きになり将来は騎士になって混沌と相対したいという思いが大きい。
そのため、いつかは冒険の旅に出て実力をつけていきたいと考えている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。