手をとりあって > B > イェールゥサウル > 年表類

母、エルディリアンに関する記述

1015年春 エルディリアンの手記
また一年が過ぎてしまったみたい。
この地を訪れた際に、お父様と植えたデルフィニウムがまた花を咲かせたのだから。
母が眠るカシワの森が恋しいけれど、仕方がないわ。このベルグフリートを守る大切なお役目ですもの。
……でも、今年の秋には頼んでみようかしら。そうして、首尾よく事が進んだら、春には着くはずだから。
もしそうなったら、ここで書きためた詩歌を先生に見てもらいましょう。今から整理しておかないと。
……みんなに会ったら、なんて言われるかしら。人間のように粗野になったと言われるかもしれない。
でも、しょうがないわ。ここでは、カシワの森でのようにのんびりしてられないのだから。

1015年夏 エルディリアンの手記
……なんてことでしょう! 本当になんて!
どうしよう、そんな、だって!
彼は人間よ? 私はエルフだわ!
だけれど……。

1015年秋 エルディリアンの手記
北狄の様子がいやに騒がしいわ。
お父様へのお願いなんて、している場合じゃないわ。

嫌な予感がする……。
主よ、使徒フルキフェルよ、わかたれし祖の守護者、使徒フィニスよ、
どうか、どうか、お守りください。



クラウディオ ……

1015年冬 ゴール・ベルグフリートの壁面
私はなんのために生きているの。お父様。

1017年春 ×××のマーテルの記録
5/5 ハイ・オークの男児1人 母親はエルフの女性(深夜)。
 可哀そうに、子の顔を見るなり泣き崩れてしまった。
 主よ、彼女にこれ以上不幸が訪れませぬよう。

5/12 母子ともに安全。父親と目されるゲンナディの屋敷に子の誕生を連絡した。
 この子が父親に引き取られるのであれば、彼女の心にも安寧が訪れるだろうが……。

5/13 引き取らぬ旨の通達が届く。奴隷の子は奴隷のままに、とは。
 ……主よ、なぜ彼らはかくも非情なのでありましょう。
 なぜ、彼女がこのような辱めを受けねばならぬのでしょう。主よ。


学者が伝記を書くにあたり、まとめたイエーシャの足跡

1017
アスケルハノフ族の族長、ゲンナディとエルフの姫君、エルディリアーンとの間に生まれる。

1024
イェールゥサウル殿の言葉に依ると、この頃から、エルフ娘の家を出、路上で物取りを生業となさる。

1028
11の齢、マトヴェイ将軍旗下の兵と騒動になり(当時、イェールゥサウル殿は路上で暮らしており、兵との騒動もイェールゥサウル殿の手先の悪さが原因と言われている)、兵に傷を負わせた殿に将軍が興味を引かれ、軍に引き取る。
その際、母君が身分に不相応な口利きをした為、殺処分と相成る。

1030
13の折、初陣。

1037
20の齢、小隊長に上る。

1039
22の頃、××族との戦いにおいて、捕虜となり、奴隷となる。

1044
26の冬深く、保釈金を払い、帰還。

1050
33の齢、部隊長にあがる。父君との逢瀬を果たすも、認知はされず。この頃、ゲーマルク率いるガゾム族のルシアーン殿と戦場にて矛を交える。

1052
35の齢、ルシアーン殿を副官に迎える。

1054
37の折、×××族の族長を見事討ち取り、ゲンナディ族長に認知され、ヴェロニーカ嬢を下賜される。

1065
48の齢、父君が倒れ、「集会」の結果、族長に選任され、就任。

1069現在に至る


名前の由来

イェールゥサウル

エルフ語であるエルサウル(Elsaur)という名をベゼルグ風に読み直したもの。
エルサウルの意味は
「エルフの(el-)敵、おぞましいもの、唾棄すべきもの(saur)」といった感じ。
イェールゥサウルを今、エルサウルと呼ぶものはいない。

エルディリアン

el dir ian 星を愛する姫

イメージ

イエーシャは志方あきこ「金環食」を念頭にしてたけど、それって壮年の頃じゃねぇの? と思い始めています。
カーチャンは志方あきこ「蒼碧の森」な感じ。神経細そうな感じ。でも、死んでるしロールする機会ナイネ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。