手をとりあって > 番外編 > アインとこどもたち~予兆~ > ギュンター・ボルツ

ギュンター・ボルツ<Günter Boltz>

「…人は、自分のためにこそ、死ぬべきだ。誰かのために誰かが死ぬとか、もう嫌なんだよ」

概要 / Personal Data

 種族 / Race
人間
 生年 / Birth
1058~
 性別 / Sex
男性
 色素 / Color
瞳:茶
髪:赤
肌:白
 身長・体重 / Height & Weight
170cm/58kg

アルカナ / Arcana

アルカナ 奇跡 聖痕位置
過去 アダマス -Adamas- ∵無敵防御 =Invincible=∵ 瞳の奥
現在 ディアボルス -Diabolus- ∵魔器 =Artifact=∵
未来 アルドール -Ardor- ∵絶対攻撃 =Fatal Blow=∵

外見・性格 / Image & Character

 赤毛でがっしりとした体格の青年。顔は四角めで彫りが深い。瞳は三白眼気味。
 同年代の者に比べ背が高いのが密かに自慢。
 農家をやらせたら絵になるだろう感じ。

 性格
 父親が裏切った関係で苦労しており、現実主義者の傾向がある。
 不必要な争いは嫌い(めんどい)なので、よくケンカの仲裁に入る。が、それを別に義務とかノーブレスオブリージュだからとかは考えてはいない。
 動ける奴が動けばいいやというのが信条。余裕がある時は人に優しくもするが、どこか一歩引く。必要ならいつでも切り捨てられるようにしておく。
 プライドは低く、あまり細かいことにはこだわらないが、騎士道、という言葉に敏感に反発する。特に、それを嬉しそうに語る奴に対しては。

 「騎士道? その言葉が今までどれだけの人を死に追いやってきた?そいつが何になる?
  俺のとっつあんはその言葉に酔いしれて…挙げ句それを貫くことすらできなかった」

 彼は思う。父、グラハム=ボルツが皇女アクア・パッツァの言葉に呼応したのは、古くさい騎士魂に火がついたからだ(推測だが)。
 苦難の皇女に馳せ参ずる騎士。いかにも絵になるだろう?
 だが、それが何になった?父は味方を裏切って、義もない戦いに多くの人を巻き込んで、迷惑をかけて、死んだ。
 それ、駄目だろ。それとも「何にも勝る騎士の大義」ってのがあるのかい?

 なら、騎士道なんて要らねえ。

 余裕がある時の遊びならいい。だが、一番大事な所、例えば、命がかかるような場面ってのが、人生には、ある。
 そんな時、人は自分のためにこそ、死ぬべきだ。それが一番大事だろ、馬鹿野郎。
 少なくとも、自分の言葉も貫けねえ奴が、そんな言葉を語るもんじゃねえ!

(1/5セッション後の変化)
 クラウディオは最初から最後まで、立派に…あー、「騎士道」を貫いていた。
 マルレーネは騎士でもないくせに、見事に人をかばって倒れやがった。
 騎士道なんて言葉は気に入らないが…実際、あいつらの働きが無ければ俺たちも死んでいた。
 くそッ、結果として全員政官した以上、否定してかかれないのが辛いぜ。


設定 / Settings

 騎士の家、ボルツ家の生まれ。
 父親グラハム=ボルツはそれなりにちゃんとした騎士であり、ギュンターも彼を敬愛していた。

 8年前、村は北狄に占領されてから、ボルツ家の人々は農奴となった。
 グラハムは渋い顔をしながらも、圧倒的な力の差を感じ取り、余計な死人が出ないように努めた。
 3年前のドルトムンテ砦で人間の過激派が蜂起した時も、グラハムはそれが義のない戦いとして、北狄側に味方した。
 だが、最後にアクア・パッツァに唆され北狄を裏切り、挙げ句勝つことも出来ず死んだ。

 戦いが終わった後ギュンターは広場で見ることになった。
 地面に刺された父の剣クラウ・ソラスと、その上に置かれた父の首。
 (その後しばらく、彼は父親の首をかばい、群衆の投石に耐え続けた)

 その後、彼はアインに引き取られ、農奴の仕事をしつつ、色んな子どもたちに練兵所で剣を教えていたという設定。
 そして3年後の1073年に1/5の試験を受けることになった。
 その後はアインに許しを得、共同墓地の墓守を兼業している。


(1/7セッション後)
 騎士道を嫌っていても、人を救えなかった痛みは容赦なく心を抉る。
 レーネも、リタも、レオをかばって、死んでしまった。
 悲劇は繰り返されたのだ。

 また誰かのために
 それ以上に、自分がそれを見ていることしか出来なかった

 ギュンターは自分の無力を痛感し、限界まで鍛錬に励む。
 放っておけば修羅に落ちかねないレオを止められるように…。
 墓の下のレーネに報いるために…。


(どこかの未来)

 --ギュンターはクラウディオに対して斬りかかった--

 これは疑問と証明の儀式。

 クラウディオの騎士道を試し、自分の騎士道を試し、
 そして、自分の存在意義を試すための。

 「お前の騎士道を見せてみろッ!」

 ギュンターは叫んだ。
 その叫びには憎しみが籠もり、嫉妬が籠もり、何より「救いが欲しい」という願いが籠もっていた。

 クラウディオが自分と姫の命を天秤にかけ、それでも姫の命を選び。
 その上でギュンターに打ち勝ち、大切な者を守り通すなら。
 その時、ギュンターは本当に、クラウディオに負けることが出来るだろう。

 (俺が間違っていると証明してくれ、クラウディオ--)

 ご託だけの騎士道なんていらないんだ。
 現実の非情さを示され、なおそれを踏み越えて進め。

 俺にお前を信じさせてくれ。

 出来なければ、お前は死ぬ。


 --剣は振り下ろされる。幾度も、幾度も。--


因縁・因果律 / Fatality & Causation

 因縁
◎仇敵:アクア・パッツァ  あのアマのせいでとっつぁんは犬死にした。多くの人が死んだ!
☆貸し:ファルディン=パーデルボルン  何か貸すらしい。でかい戦いで命を助けるとか?
◎秘密:クラウディオ  …あいつはいい奴だと思うぜ?だが…だから、決着は、付けなきゃいけねえな。
◎幼子:レーネ  (毎日朝夕、ギュンターは彼女の墓の掃除をする。よく墓前でレオの話などをする)

 因果律
過去 没落  とっつぁんの裏切りで色んなもんが失われた。
現在 生活の糧  食わねえと話にならないだろ?  
未来 欲望  力が手に入るんなら何でもいいよ。

能力値・技能 / Attribute&Skills

能力値

 体格 15
重武器 ●●●
 反射 13
回避 ●●
 共感 10
 知性 8
自我 ●●
 希望 12

副能力値

 生命力 / HP:35
 尊厳値 / DP:12
 行動値 / AP:11(5)

特技 (リビルド後)

名称 Lv 技能 判定 代償 タイミング 効果
狂戦士
剣圧
※魔剣所有
進化
光の刃
魔技

八面六臂


 成長プランA:攻撃型
 <鋭き刃>2LV+<渾身撃>:狂戦士と合わせて6までクリティカルで攻撃。普段の攻撃強化。

 成長プランB:防御型
 <防護>+<対魔法防御>+<仁王立ち>:他人のカバーリング+魔法防御可に。

 成長プランC:超前のめり
 <獅子心>+<無形の刃>+<強振>:攻+8(max26)、セカンドアクション狙い型。HPごりごり消費。
                   クリティカル時はMAX攻26+2DのRダメ-ジが入る。

装備・所持品 / Equipments

 武器
魔剣クラウ・ソラス(両手、軽・重、S+12、防5、至近) ※魔剣所有の効果込み

 防具 防護性能:S7 I6 C5
スタディットレザー
オープンヘルム
グラブ
メタルレガ-ス

 所持品
▼一般装備
 バックパック
 オイルランタン
 補充用オイル×3
点火石
 ロープ×2
 フック×2
 チョーク×4

独り言

 本来狂戦士キャラだが、パリィが意外と強くてちょっと迷っている。
 1/5、1/7のセッション(「アインの子どもたち」、「アインと子どもたち~予兆~」)のどちらにおいても、ギュンターにとっては人間関係絡みで結構でかいイベントが起こった。PLとしては嬉しい。
 1/5ではクラウディオとの出会い、マルレーネの献身。騎士道をちょっと信じてみたくなる。
 1/7では腐った元騎士との出会い、レーネやリタの死。自分の無力を噛み締める。また、殉死的な二人の死に方に疑問を覚える。
 総計すると、今はChaos寄りくらいの位置。

名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。