学園島の群像劇 幕間2

DXオーヴァードアカデミアキャンペーン



今回予告



熱気も冷めぬ街々に。
提灯灯篭ぶら下げて。
太鼓の音と人ごみの。
活気あふれる夏祭り。
空に咲かすは大輪の。
職人芸の大花火。
さぁて、今宵の非日常。
遊べや遊べ、童達。

DoubleCross The 3rd edition
オーヴァードアカデミア 学園島の群像劇
―祭囃子と笛の音―

願わくば良き、お祭りを。






UGNチルドレン/レネゲイドビーイング用ハンドアウト シナリオロイス:雲雀宏一
キミはとある夏休みの昼時、生徒会長室に呼び出された。
曰く今宵はアカデミア納涼大夏祭りの一日目らしい。
日常とは違う非日常、祭りと言う未知の存在にキミは大変興味を持った。
さて、どう遊ぶ事にしようか?

番長連用ハンドアウト シナリオロイス:無道ささき
キミは突然番長連の詰め所に呼び出された。
その相手は一番隊隊長、無道ささきだ。
彼女を怒らせるような事をしたか、とは思うのだが、そう言った事は思い浮かばない。
はてさて、一体彼女はどうしたのだろうか?
不思議に思った君は早速詰め所に向かう事にした。

風紀委員用ハンドアウト シナリオロイス:ベアトリス・ハックマン
キミは突如風紀委員長であるベアトリス・ハックマンに呼び出された。
何でも、今夜から数日ほどアカデミア納涼大夏祭りが行われるらしい。
日常とはかけ離れた祭囃子の中では何が起こってもおかしくはない。
故にキミは祭りの巡回を任じられた。
少しぐらいは遊んでいいと言う、彼女の言葉に甘えつつ。

文化部/運動部用ハンドアウト シナリオロイス:任意(例:所属している部の部長など)
キミはとある部活に所属している一般生徒である。
部長曰く、今夜から行われるアカデミア大夏祭りに出し物を出すそうで。
的当て、焼きそば、綿菓子、お面、コリントゲームにジャガバター。
様々な案が丁々発止、そしてキミの一票にゆだねられた。
さぁ、重要な決断の時だ、どうしようか?
(実際の出し物はGMと相談で決めましょう。ただし、演劇とか言われたら噴く。)

ヒロインが欲しい人用ハンドアウト シナリオロイス:篠宮桜子
キミのクラスメイトである篠宮桜子は、保健委員を務める心優しい女の子だ。
そんな彼女が、珍しく君に手伝いを頼みこんできた。
何でも、彼女は今夜のお祭りに保健委員として参加しなければならないらしい。
委員会の仕事とはいえ、そこまで縛りもきつくなく、遊ぶつもりも満々だとか。
キミはこの誘いを断ってもいいし、断らなくてもいい。

ヒーローが欲しい人用ハンドアウト シナリオロイス:緋月凍夜
キミのクラスメイトである緋月凍夜は、風紀委員を務めている苦労性な男の子だ。
今夜も今夜で、数人分の巡回を押しつけられて、半分くたびれ気味でキミの所にやってきた。
彼はどうにか一人でこなそうと意気込んではいるのだが、傍から見る限りどうやっても一人ではこなせそうにない。
おせっかいなキミは手伝ってやっても良いし、手伝わなくてもかまわない。
さて、どうしようか?

秋元風雅用ハンドアウト シナリオロイス:弓弦織姫
とある夏の日、キミの携帯電話に一通のメールが届いた。
差出人の欄には、キミの恋人、弓弦織姫の名が入っている。
何でも、今夜の夏祭りに一緒に行かないか、との事で。
さて、どうしようか?

秋元風雅用ハンドアウトその2 シナリオロイス:比紀籠莉
とある夏の日、キミの携帯電話に一通のメールが届いた。
差出人の欄には、キミの娘、比紀籠莉の名が入っている。
何でも、今夜の夏祭りに一緒に行きたいけど勇気が出ない、との事で。
さて、どうしようか?

PC同士でいちゃいちゃしたい人用ハンドアウト シナリオロイス:コンビ打ち。
まつりある、いちゃいちゃする、プライスレス。


とりあえずページは作った!
そんな訳だからいつやるかは分からない。
気分が乗ったら即立てる恐怖の夏祭りでございます。
随時更新予定!



その他、何かご意見があればどうぞ

  • ハンドアウト二枚とかどうかしてるよ! だから総受けって言われるんだよ! -- nakamu- (2011-07-13 23:58:59)
  • GMに言えよ! -- kinosi (2011-07-14 00:00:21)
  • ふーがくんが私にハンドアウトを二枚かけって囁いている! って織姫がいってた。 -- Chara (2011-07-14 00:34:58)
  • おwいw -- kinosi (2011-07-14 00:44:57)
  • さて、籠莉はどうふーがくんふーがくんいおうかなぁ -- u-kari (2011-07-14 00:55:21)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。