BB_Personality

※注意
エンゼルギアのルールブックのGMセクションのネタバレも含まれる可能性もあるので、見たくない人は注意

パーソナリティーズ

西宮 由紀(Age:17 Sex:♀)

・・・帚篁の幼馴染。孤児院暮らしのオネーサン。昔はやんちゃ通りこしてガキ大将だったが、今は「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」な大和撫子に。色々あって「帚篁の嫁」宣言。現在セラピアとナビゲーターの座を争い中。(第一話)
→セラピアが天使に侵食された為、帚篁のナビゲーターとして初陣を宇宙で迎えるというアグレッシブな体験をする。(第二話)
→草薙 紫音の自己犠牲的な生き様に反発するも、最終的には帚篁に諭されて受け容れる。帚篁を愛する人が増えることに関して、「(孤児だったので)家族が増える事は素晴らしい。」と容認。(第四話)
→セラピアとの仲の良さが最高潮に(第六話)
→帚篁と共に全力出して、シュバルツ/ヴァイスを大破させちゃいました♥(第七話)
→蒼天式の覚醒。その最後の一押しとして、「赤騎士」から「火生土」として「金色の闘争」を生み出し、「五行ジステム」の完全起動に貢献する。(第八話)
→戦いの後、「縁の家」の院長として過ごす。若干腹黒度増しつつも20歳になりついに帚篁との年の差は5歳差になるがそんなこと関係なく帚篁好き好きで彼の帰りを待つ(第9話) 


アーサー=ハーウェイ(Age:35 Sex:♂)

・・・合衆国の研究員。小物臭漂う小物だったが、研究員としての腕は確かだった。実験の結果さえ持ち替えれば、もれなく教会に暗殺される予定だったのに、帚篁の呪詛返しによりあえなくアボーン。ビジュアルイメージは盟主王。(第一話)
→過去に、ヤシマ陸軍と合衆国との協定を知らずに技術力目当てでヤシマ陸軍第三技術開発局を襲撃していた事が判明。これが海巫の記憶喪失の原因な辺り、海巫の人生にとって実は重要な人物だった説浮上。(第7話)

謎の女性(Age:?/外見20代 Sex:♀)→東雲光子

・・・帚篁が割れた海巫の髪飾りを調べた時に入った精神世界っぽい所にいたオニの女性。なにやら海巫と関わりがある模様。帚篁との会話の後、マフラーを渡して光の中へ消えてゆく。(第二話)
→どうやら、東雲光子という女性らしい事を帚篁は知る。(第四話)

→金糸雀 海巫(海巫・K・ガイスト)の実の母。1983年に合衆国からヤシマへ亡命。娘が維馬篭 代胤により実験体にされていた事を悔い、2年前の事件が起きてからは、彼女ともう二度と合わない事を決意する。維馬篭 代胤の事は、「異母妹として、女としては許すが、母としては許せない。」らしい。そのため、事件後「金糸雀 海巫を愛せ。」と維馬篭に約束させる。なお、暴走する危険性のあった海巫を抑える為に髪飾りを作っていたのは彼女。それをアクシアが海巫に渡していた。享年1999年7月3日。維馬篭との戦闘中、海巫と精神世界で会合。海巫に母であると許して貰い救われる。(第7話)

→死の世界において、海巫を死の世界に誘おうとするも、海巫の意思を聞き、母として、彼女を記憶を失ってからの育ての親であるアクシアと共に送り出す。(第九話)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。