試遊台プレイレポート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試遊台プレイレポート

はじめに 東京ゲームショウ2007に白騎士物語の試遊台が設置されておりましたので、 プレイを行ってきました。 一般日の初日に行ったのですがやはり人気があり1時間待ちの後にようやくプレイする事ができました。

プレイレポート 試遊台ではクエスト「危険な帰り道」を行う事ができます。 内容はワイン運搬獣車の護衛です。 最初に主人公に同行するキャラクターを作成するのですが、試遊台のため、 予め決められた8つのキャラクターの中から選択してプレイを行いました。

始まると主人公のレナードと、ユウリ、エルドア、作成キャラの4人パーティでフィールドを移動できます。 主人公を操作すれば自動で仲間達はついてきます。 まず最初にファンクションパレットにスキルを設定します。 うまく設定すれば簡単に連続技を出す事ができます。 敵はフィールドに表示されており、FF12のようにシームレス戦闘が行われます。 普通は一番近い敵にロックが合うのでタイミング良く○ボタンを押して攻撃します。 仲間も自動的に攻撃してくれます。

敵を倒しながら先に進んでいくと、イベントが発生してトロルが出現します。 トロルは主人公達よりもはるかに大きく迫力を感じました。 ここで変身のスキルを使って主人公を白騎士に変身させました。 本来なら変身ゲージが必要なのですが、試遊台のためゲージは無いようです。 白騎士に変身したらひたすらアタックを繰り返してトロルを倒す事ができました。 トロルを倒した所で試遊台でのプレイは終了となりました。

感想 グラフィックも良く戦闘操作も簡単で楽しめそうです。 シームレス戦闘という事で、ファイナルファンタジー12に近い雰囲気を感じました。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。