第二章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二章


ワ・ダージュ「マッツーノ様は撤退したか。ならば私が!」
ワ・ダージュはすごい速さでルナアに向かってきた。

と、思いきやワ・ダージュは足元の直径約5?くらいの石につまずいた。
ワ・ダージュ「…」
ルナアはおもいっきりワ・ダージュの頭をそこら辺の石で叩いた。
ルナア「あら、打ち所が悪かったのね。」

ルナア「そういえばフロレウス、なんであなたが生きているの?ってかなんで髪の毛ないの?キモいんだけどw」
フロレウス「君が私をもやしインデックスに挟んでくれただろう?そのおかげで私は髪の毛を失ったが生き返ることができた。だがこの残り少ない髪の毛が全てなくなってしまうと私は…」
ルナア「逝ってよし。」
フロレウスがウザくなったルナアは某国民的アニメ サ〇エさんに登場する波〇くらいの残りの髪の毛を全て抜いた。
フロレウスは悲鳴を上げもやし塊に戻った。
そして土に返った。

ルナア「アァァ〜〜もう!どいつもこいつもなんで私の邪魔をするの!こんな世界なんてイヤ。とりあえずマッツーノを殺らないと」
旅を続けて世界の歪みを見てきたルナアがこの後、ダークサイドに落ちることなど誰も想像していなかった。