※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

47 :画家 ◆utHkaCg902:2010/04/26(月) 14:44:29 ID:0umzDybI0
35
ソースの流れを遮断しないためには流れに気付いていることが大切です。

明るく前向きで心地よいときは遮断していない。
何か心配や不安があるときは遮断している。

最初のうちは意識的な気づきがいるかもしれませんが、そのうち自動的に気付けるようになりますよ♪

例えば誰かに何かを言われたとする、でガクンと落ちたら流れを遮断しています。
その遮断原因は相手の言葉じゃなく思考です。
勝手に解釈したその思考が遮断原因です。
これがエイブラハムの教えですね。

でね、これ、見てると面白いんだ。
如何に勝手に判断してガクンと遮断しているか、笑えるくらいですよ。
で、見方を変えるとその判断が全くのでっちあげであることが解る。
所謂、墓穴ですな(爆)

「あ、遮断した!」

この気付きが大切。

で、実際には遮断されてはいなのです。
ただ思考がその流れを一部止めているだけ。
ソースからの流れは常に不変。永久不変。
つまり、充足の流れしかない。
故に私たちは何もしなくてもいいのです。

「あ、遮断した!」

そのときその思考を撤回すればいい。
見方を変えればいい。
ただそれだけ。

私はここ一ヶ月ほどソースからの流れに気付いてきました。
結果、良いことしか起こらなくなりました。
否、そればかりではなく、自分が今まで持っていたソースからの流れを遮断するような観念さえ見えてくるのです。
気付けばそれは変えられるのです。
あら?と感じたらその思考を見てみる。
その思考を支える観念(思い続けている思考)が見える。
(゚⊿゚)イラネで終わり^^