垣根帝督が仕返しされるようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初春「何とかして垣根さんに仕返しをしたいんですよ」

佐天「仕返しー?」

初春「そうです! 仕返しです!」

佐天「何で仕返ししたいの?」

初春「何でって……散々やられてきたんですから、こっちもやりかえさなきゃいけないですよ!」

佐天「はー……止めときなって。ろくなこと無いって」

初春「いいえ、私は絶対止めないです! 何とかしてギャフンと言わせます!」

垣根「ギャフン。はい言った。じゃあな」テクテク

初春「……」

佐天「……」

初春「と、言う事で御坂さん。一緒に仕返ししましょう!」

御坂「無理」

初春「ええ!? 即座に却下ですか!?」

御坂「初春さんには悪いけど、本当に無理。殺される」

初春「だ、大丈夫ですよ! 力を合わせれば何とかなりますよ!」

御坂「……力を合わせても無理だと思うよ? 何度やっても負けるんだもの」

初春「そ、そんな……」

御坂「そりゃあ私も仕返ししたいんだけどさ……常識が何一つ通用しないって言うか……」

初春「常識が通用しない訳ないですよ! 絶対に何とかなりますよ!」

御坂「何とかなるなら今頃アイツは常識人になってる筈よ」

御坂「ね? だから仕返し何て止めといた方がいいって」

初春「……御坂さんまで佐天さんと同じ事言うんですか?」

御坂「……そう言われても……」

ファサファサビューン

御坂「ん? ……初春さん、空見てみて」

初春「え? ……あ、あれは垣根さん!」

御坂「……能力使って移動とか……いくら速くても目立ちすぎだっての」ジロー

初春「どこ行くんですかね」ジロー

御坂「さあね……」ジロー

初春「……」

御坂「……」

初春「……御坂さん……!」

御坂「?」

初春「……御坂さん! 本当にお願いします! どうか協力して下さい!」

御坂「……はぁ」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
初春「色んな人に呼び掛けてみたんですけど……」

御坂「……」

土御門「垣根帝督に仕返しをしようの会を始める」

青ピ「いえーい!」

ガヤガヤ

初春「こんなに仕返しをしたい人がいたんですね」

御坂「そりゃあいるでしょうね」

上条「だからって俺の部屋で開かなくてもいいだろ」

浜面「諦めな」

一方「ハッ! こンなに恨み買ってンのかアイツはよォ!」

土御門「お前はいつでも仕返し出来るだろ」

一方「それだけじゃ足りねェンだよ」

麦野「これだけいれば余裕じゃない?」

土御門「具体的にどう仕返しをするかなんだが……」

初春「はい!」ビシッ

青ピ「初春ちゃん」

初春「靴に画鋲を入れるのはどうでしょうか!」

土御門「な、何て陰湿な仕返しだ……採用!」

初春「ありがとうございます!」

上条「それ仕返しという名のイジメだろ!」

土御門「他に案は無いか?」

麦野「はーい」

青ピ「麦野さん」

麦野「取り合えず歯ブラシの毛先を針金に替える」

土御門「こ、こえー……けど採用!」

上条「マジかよ!」


土御門「さーて、案が沢山出たのはいいが、誰が実行する?」

シーン

土御門「……だと思った」

浜面「……そりゃあ誰もやりたくねえよ。バレたら絶対に殺されるって」

初春「み、御坂さんどうですか?」

御坂「わ、私にふらないでよ」

土御門「一方通行、お前なら出来るだろ」

一方「ンな姑息な真似したくねェよ」

土御門「じゃあ何で来てんだよ」

ガヤガヤ

土御門「青ピ、お前がやるんだにゃー」

青ピ「無理でーす。師匠にホントに殺されまーす」

オマエヤレヨ
ムリムリ

土御門「……ったく、これじゃあ開いた意味が無いぜい」

初春「あのー……」

土御門「ん? どうしたんだにゃー?」

初春「今垣根さんって家にいるんですか?」

土御門「……いや、確かイギリスにいる筈だにゃー」

初春「い、イギリスですか!?」

初春「何でイギリス何かに……」

土御門「……『恋のキューピッドになりにちょっくらイギリスに行ってくるナリ』ってメールが来て、それ以来音信不通だにゃー」

初春「ええ……何ですかそれ……」

土御門「……とにかく今がチャンスだ。ここで誰がやるかやらないか何て言い争ってる場合じゃない。今こそ力を合わせて、垣根に仕返しをしてやろうじゃねぇか!」

ソウダ、ソノトオリダ!

土御門「準備を整えて、垣根が帰ってきたら一気に仕掛けるぞ!」

オオー!

初春「こ、これなら何とかなりそうですよ御坂さん!」

御坂「どうだか……」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

初春「いつ帰ってくるんですかね」

御坂「むしろ帰ってこなくていいんじゃない?」

佐天「本当にやるんですか?」

御坂「別に私はやる気じゃないんだけど……他の人達がね……」

初春「頑張りましょう!」

佐天「初春やる気満々だなー」

固法「変なことして怒らせないでよ? また破壊されたらたまったもんじゃないんだから」カタカタ

初春「だ、大丈夫です! 綿密な計画の元で行われますから!」

黒子「信用出来ませんわね」カタカタ


ドガアアアアアアン!


垣根「綿密な計画が何だって? 初春ちゃん」ファサファサ

初春「」

御坂「」

佐天「」

黒子「」

固法「」

初春「か、かかかか垣根さ――」

垣根「俺に一泡吹かせようと考えてる不届き者がいるって情報が届いてな、わざわざイギリスから戻って来た」ファサファサ

黒子「」

御坂「ほら……やっぱ無理なんだよ……」

垣根「首謀者は初春らしいな。土御門達と共に色々企ててるらしいけど、取り合えず首謀者である初春にお仕置きをしとかなくちゃなぁ」ファサファサ

初春「ひ、ひいいいいい!」

垣根「第三位も覚悟しとけよ?」ファサファサ

御坂「やっぱ私も!?」


土御門「く……そ……」ボロボロ

青ピ「やる前にやられたわ……」ボロボロ

浜面「いきなり来やがった……」ボロボロ

麦野「……あームカつく」ボロボロ

上条「俺は……俺は違うんだ……」ボロボロ

垣根「言い訳なんて聞かねぇよ。第二位を舐めんなよテメェ等」ファサファサ

土御門「急に帰ってくる奴がいるか……」

垣根「ちなみに初春達にもお仕置きしておいたから」ファサファサ

垣根「ま、テメェ等はこれで許してやるよ。ありがたく思えよ?」ファサファサ

土御門「何もありがたくねぇ……」

垣根「ったく、またイギリスに行かなきゃいけねぇんだから、くだらねえ事企んで俺の時間割かせんなよ」ファサファサ

青ピ「い、イギリスなんかに何しに行くんや?」

垣根「今さー、俺イギリスで恋のキューピッドやってんだよねー。それですげぇ忙しい訳なんだよ」

土御門「……何なんだよ恋のキューピッドって」

垣根「それは秘密だ。いずれわかる」

土御門「……ホントかよ」

垣根「つー訳で俺はイギリスに行く。くだらねぇ事考える暇があったら勉学に励んでろ。じゃあな」ファサファサビューン

土御門「……やっぱ駄目だったにゃー」

浜面「しょうがねえよ……仕返ししよう何て考えた俺達が馬鹿だったんだよ」

青ピ「やっぱ無謀やったかー」

麦野「はぁ……」

上条「……俺は違うのに……」

土御門「いつも通りの不幸だと思って受け入れるんだにゃー」

上条「受け入れたくねぇよチクショウ!」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
初春「うう……」ボロボロ

御坂「いたたたた……手加減しなさいよね……」ボロボロ

黒子「あああああまたしても支部がああああ!」

佐天「しょうがないですよ」

固法「復旧にまた時間が掛かりそうね」

初春「……どこから漏れたんですかね……」

御坂「ホント……どこからなんだか」

御坂「仕返しなんてくだらない事考えちゃいけないわね。コッチの身がもたないわよ」

初春「……」

佐天「? どうしたの初春」

初春「……やっぱ納得いきません……」

御坂「納得?」

初春「そうですよ! いつも私達だけやられるなんて納得出来ませんよ!」

佐天「もう受け入れちゃいなって」

初春「受け入れません! 私は諦めませんから……!」

御坂「……初春さん」

垣根「凝りねぇガキがいるって聞いてやってきたんだけど」ファサファサ

初春「」

垣根「テメェも凝りねぇな。まだわかんねぇの?」ファサファサ

初春「ご、ごめんなさああああああああい!」

御坂「ゆ、許してあげて!? ホント勘弁して!?」

垣根「……ま、今は見逃してやるよ。俺も忙しいんでな」ファサファサビューン

佐天「か、帰るのはえー」

御坂「……」

初春「……」

黒子「……はぁ」



~イギリス~

垣根「だぁぁぁかぁぁぁぁらぁぁぁあああ! 婚期逃したババァが俺のやり方に口だししてんじゃねえよバァァカ! 俺は俺のやり方でテメェの妹をくっつけてやる!」

キャーリサ「な、何ー!? 婚期を逃しただと……!?」

垣根「うわ、加齢臭する。くっせえええええ」

キャーリサ「臭くねーし! ふざけたこと抜かすな!」

垣根「あ……めまいが……臭いが頭に突き刺さる……吐く……」クラクラ

キャーリサ「」ブチ

騎士「……」


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



上条「垣根が不敬罪で捕まったあ!?」


土御門「恋のキューピッドの結果がこれなのかにゃー……?」

青ピ「ホント何しに行ったんや……?」






垣根帝督が仕返しされるようです





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。