「私はね、諏訪子。あの子が、少しでも楽になるのならばと、頑張ってきたつもりなんだよ。」

 「…………。」

  「…やっぱり、間違ってた。いくらこんなこと繰り返しても、あの子は、幸せじゃない。」

 「…何が、いけなかったのかな…。」

  「私たちの思う幸せと、早苗の思う幸せ、答えは同じでもその叶え方が違っていた。ただ…それだけよ。」

 「それじゃ、…そんなんじゃ、早苗も私たちも、いつまでたったって幸せになんかなれないじゃないか…!ひどいよ、そんなの…。」

  「もういいさ。私の行方も、早苗の行方も、…早苗にまかせる。もし、あの子の思いのほうが強いのなら…、その時は、」







 ああもう、次の信者さんがいっぱいいるのに、何やってるのかしらあの二人は!
 もっと、もっといっぱいお賽銭を、信仰を、でないと、でないと…!

「何サボっているんですか、早く次の信者さんのところへ行って下さいよ!こんなことでは今日の目標に全然足りないじゃないですか!
 ほら、立ってください!諏訪子さま!」

 「さ、早苗、ごめんなさいすぐ、すぐに行くから…!」

 泣くくらいならすぐに行けば良いのに…!でなきゃ大声出さなくてすむんだから…!

「今日は神奈子さまにもいっぱい指名が入っているんですから!さあさっさと、」

  「早苗、私はもうやめる。」

 …は、何を言ってんだか。

「…笑えない冗談はよろしいですから。働かざるもの食うべからずですよ?…意味、わかりますよね…?」

  「もう十分だ。諏訪子はどうだか知らんが、もう私には我慢がならん。自分の立ち位置も分からんようなものにへつらうのも、もうまっぴらだ。」

 …本当に笑えない。頭が痛い。

「なるほど、つまり神奈子さまは、」

 「やめて早苗!神奈子も少し落ち着いて!いまそんなこと言ったって、なんにも、」

  「黙ってな諏訪子、頭を冷やすのはこいつだ。自分が誰で何者なのか、少し勉強させてから話してもらわないと。」

 頭が痛い。頭が痛い。胃が痛い。頭が痛い。頭が痛い。頭が痛い。

「…よく、わかってますよ?私は、風祝です。現人神です。私は、私を裏切るものを罰することができる、つまり、神奈子さまの事も、」

  「やってみな早苗。はっ、そんな度胸も勇気もないくせに!」

 「だめだ、神奈子!だめだったら!」

「…………××××、×」

 「やめて、早苗、やめてーーーーーーーーっっっ!!!」

「…××××、×××××××××!」

 …言ってしまった。だって、あまりにも、うるさいから、あたま、いたくて、





  「心配ないよ、諏訪子。すぐ会える。」






 それだけ言い残して、神奈子さまは消えてしまった。私には何も言わないで、消えてしまった。頭痛は消えないのに。すごく、すごく痛いのに。





 「…早苗は、これを望んでいたの?」

 ふいに、声が聞こえた。耳鳴りもひどい。キーンとする。

 「…こんなことがしたくて、幻想郷に来たの?」

 私は、何がしたかったのだろう。頭が痛い。

 「…みんなで、幸せに。早苗は、そうじゃなかったの?」

 みんなでわらって、たのしく、

 「…まあ、もう、どうでもいいけど、ね………。」

 どうしようもない、神奈子さまは消えてしまった、消えてしまった?…違う、消してしまった、私が。

 「一つだけ言っておく。早苗はもう神の力も奇跡も使えない。」

「………?」

 「お前が使っていたのは神奈子の力だ。私が信仰を集め、神奈子が力にし、還元する。私に信仰がいくら集まろうが、お前にその恩恵が行くわけではない。」

「…え、いや、だって、」

 「早苗は神奈子の風祝だから。私の風祝ではない。それだけだ。そして神奈子がいなくなった以上、…私はここにとどまる必要はない。」

 理解ができない。神奈子さまはいない。諏訪子さまもいなくなる。………………………、そんなこと、私が、許すわけないのに。

 「早苗は早苗で"神様"になればいいさ。私は二度とこない、二度と会わない。私は、私の風祝を探しに」

「×××××××××。」

 ああ、すごくびっくりした顔をしている。…罰ですよ。私を捨てようとしたから。

 「………………………。」

 少しだけ悲しそうな顔をして、諏訪子さまも消えた。諏訪子さまも何も言わなかった。











「…私、がんばったのになぁ。信仰を集めて、お賽銭もいっぱいもらって、そしたら、神奈子さまと諏訪子さまがえらいねってほめてくれて。
 だから、私、もっと、もっと、いっぱい集めて、暑い日も寒い日も、イヤなときでも我慢して、」

『早苗さん、早苗さん。諏訪子さまと神奈子さまはまだかな?ずっと待ってるんだけど。ほら、今日は大人数でいいよって言うから
 いっぱいつれてきたんだけど…。』

 今日の信者か…。もう、ここには何もないというのに…。

「…もう、神奈子さまも、諏訪子さまも、ここにはいません…。今日は、お引取り下さい…。」

 いないのだ。もうどこを探しても。

『…いないってどういうこと?前金で結構払ってるでしょ。どうすんのよ、みんな準備万端なのに。』

「…お金はお返ししますから、どうか、どうか今日は…………。」

『いや、返さなくて良いよ。もう一人いるでしょ?現人神さまが。』

「………は?」

『行こうか。みんなお待ちかねですから。』

「…あ、いや、はなして、放してください!」

 必死で振りほどく。このまま連れて行かれたら、私は、あの神奈子さたちのようにに…!

『そんな嫌がらなくても良いでしょ。あんだけ神様二人にさせてたんだから、自分だけイヤイヤってのは通用しないでしょ。』

「…!よらないで下さい。力を使いますよ…!」

『…そっちがその気なら、こっちも人呼んじゃうから。お~い、お前らこっち来てくれ~。』

「…くっ、風よ!」

『わっっっ……………………………?…え、何?』

 なにも、起こらない。当たり前だ、私の神様は、私が、

『まあいいや。じゃ、お楽しみタイムですね!』

「い、いやっ、いやぁっ、風よっ!奇跡よっ!なんで、なんでっ私がっ!神奈子さま、諏訪子さま、助けてっ、助けてっっ!かみさまっっ!」




『"やっぱり神様なんていなかったね"って名言もあるくらいですから。ま、今日の神様は早苗さんなんですから仕方ないですよね。
 さあ、今日も信仰をいっぱいあげちゃいますから!期待しててくださいね、"神様"!』












  • 早苗ざまぁ -- 名無しさん (2009-05-12 11:58:54)
  • ざまぁwwwww -- 名無しさん (2009-05-13 13:41:18)
  • そして早苗はマワされる・・・ざまぁ -- 名無しさん (2009-05-15 15:34:12)
  • ざまぁwそう持ってこられたか -- 名無しさん (2009-05-21 01:57:04)
  • m9(^Д^)プギャー -- 名無しさん (2010-01-05 15:30:25)
  • 悲惨だ……自業自得だが同情する -- 名無しさん (2010-02-28 21:36:39)
  • なんかざまぁとは言えないな・・・ -- 名無しさん (2010-03-04 15:08:55)
  • こういうの見ると、
    自分のをもぎ取りたくなる衝動に駆られるのは何故だ? -- 名無しさん (2010-11-02 03:34:35)
  • 早苗ざまぁとしかいえんwww


    とにかくざまぁm9(^Д^) -- 名無しさん (2012-03-03 23:43:21)
  • ・・・とりあえず乙。 -- 名無しさん (2012-03-27 08:15:11)
  • はぁ………ざまぁwwwww -- 名無しさん (2012-04-10 19:31:13)
  • ざまあww -- 名無しさん (2013-12-26 16:47:26)
  • 人間の後はいじめてきた妖怪に仕返しされるさなビッチ -- 名無しさん (2014-03-11 07:14:29)
  • そもそもなんで神様二人は黙ってマワされてたんだw もっと早くおこってりゃここまで増長することもなかったろうに -- 名無しさん (2014-03-31 14:28:50)
  • 自業自得。 -- 名無しさん (2014-08-13 10:34:21)
  • 早苗ざまあwwwwwwwwwwwww -- 名無しさん (2015-07-09 20:24:16)
  • オーマイゴッド×2よ、早苗をもっと早くに叱っておやりよ。
    とりあえず、空気を読んだ俺は、早苗ざまぁと言っておく。 -- キング クズ (2016-07-08 07:35:08)
名前:
コメント: