勝手に>>174の続き。




「……あら?」

 もう何度目かの「お願いします」に、幽香の手がようやく止まる。
 天子は白濁とした意識の中に、希望の光を見たような気がした。

「もう完全に抵抗しないのね?」
「はい、ごめ……なさい。ごめんなさい」

 気がしたのだ。

「そう、それじゃあ仕方がないわね」

 気がした、だけだった。
 見上げた薄い笑いに、天子の肩が小さく跳ねる。
 まるで氷を飲み込んだ時のような感覚が、天子を襲っていた。
 それは、終わりの見えない暴力に感じていたそれよりも大きな、恐怖。

「向日葵たちはあなたに、成す術もなく、ゴミクズのように潰されたのよ?」

 暴力の最中、一度耳にした言葉が再びこぼされた。
 幽香の足が一歩、天子へと踏み出される。
 幽香の指先が、天子の口元へと差し出される。
 そして、

「だから、抵抗もしないあなたは向日葵たちと何も変わりはしない」

 白い指先が天子の唇から血を拭った後に、音も無く、前歯を一本引き抜いた。
 声は出なかった。目の前にある微笑が、あまりにも恐ろしかったのだ。

「そうしたら、ねえ?」

――あなたも向日葵になってしまえばいい。

 幽香の唇は優しく、笑みに歪んでいた。
 その唇が紡いだ言葉を、天子は理解したくなかった。
 幽香の手の内で、抜かれた前歯が向日葵の種に姿を変えた。
 天子は、


 いやだ、いやだ、いやだ、向日葵になんてなりたくない。
 ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、もう異変なんて起しません。
 やめて――やめて、やめて、やめて、やめて、やめて、やめて、やめて、やめて、やめて…………あ。


 天界には一面の向日葵畑が広がっていた。
 そして、その中にはおおよそ天界には似つかわしくない下賎な妖怪が一匹。

「綺麗ね……そう思わない?」

 妖怪は花ではなく、その茎の更に下にある苗床に語りかけていた。

「ああ、でもこの向日葵、無駄な葉がついてしまっているわ……よいしょ」

――――っ!

 “苗床”がぴくり、と蠢いた。
 感じたのはまだ下賎な人間であったときの出来事。
 それは確か、爪がまるまる一枚剥がれた時の痛み。
 “苗床”は思い出しながら、うまく動かない体を必死にまるめていた。

「あら、そんなに怯えないで? 私はお花には優しいのよ?」

 薄い笑いが咲いていた。
 それが何よりも、“苗床”を恐怖させていた。
 妖怪は微笑んだまま背を向ける。
 クスクスと笑みをこぼしながら、比那名居天子だったものに背を向ける。
 “苗床”は安堵した。もうぼんやりとしか見えない視界から妖怪が消えたから。

「これか、突然現れたという地上の花は」

 不意に、聞き覚えのある声が聞こえた。
 “苗床”はまだ憶えていた。
 自分がこぼれ落ちていく中で、どうにか憶えていることができた。

――お父さん。



「下賎な、天界の風景にこんなものは必要ない。燃やしてしまえ」



 “苗床”は薄れていく感情の中で、唯一残ったものを貼り付けた。
 葉を一枚削がれただけで感じた痛みを思い出しながら、敬愛していた父が放った火種を見つめていた。


 比那名居天子は笑って死んだ。






――Happy End.
















  • 救われなさすぎwwww -- 名無しさん (2009-04-23 23:04:00)
  • 幽香の情け容赦の無さが凄い。 -- 名無しさん (2009-04-25 01:29:12)
  • 天子だからってフルボッコすぎるwww -- 名無しさん (2009-05-11 02:54:31)
  • いいぞもっとやれ。…と言おうと思ったら終わってたw -- 名無しさん (2009-09-18 07:22:17)
  • これ、お父さんゆうかりんにフルボッコされんじゃね?ひまわり燃やしちゃったし。 -- 名無しさん (2010-07-24 03:55:50)
  • デッドエンドで終わっちゃったよw -- 名無しさん (2017-03-07 02:43:37)
名前:
コメント: