突如幻想郷に現れ山の妖怪達からの信仰を瞬く間に集めた八坂神社勢力。
その存在に多くの大妖怪達が警戒を強めていた。
そんな中、地底の異変の真の黒幕は八坂神社であることが判明し
最早彼女達を放置できないと誰もが考えるようになる。
特に地底の鬼達はかつての住処も今の住処も手を出されたとあって
その胸中は直接的な怒りに支配されていた。

身の振り方の上手い山の妖怪達は情勢をいち早く察知し、あっさりと八坂神社を裏切った。
宴会にかこつけて彼女達を騙し討ちし、その力を奪った上で大妖怪達に引き渡したのだ。

八坂神社の処遇は大妖怪達にとっては寛大な、だが彼女達にとっては極めて冷酷なものだった。
「三柱もの神がひとつの勢力を成したが故に増長したのであろう。
二柱までの存在は許そう。誰が消えるかは本人達が決めて良い」



神奈子の決断は誰よりも速かった。



八坂神社の一件は終わった
しかし騙し討ちにトラウマがある鬼達は山の妖怪達に強い不信感を持つ
そんな中、地底の異変後に河童が八坂神社にすり寄っていた事実が明るみに出る

機を見るに敏な天狗は、鬼達が河童に疑心を抱き始めたのを察知し
いち早く河童に不利な新証言や新証拠を捏造し、鬼達の不信が河童に集中するよう画策
河童達も鬼達の疑い、天狗の背信に危機感を強め
「鬼と河童に脅されたから仕方なく」を理由に、一柱を失った八坂神社に庇護を求める

一触即発の空気の中
他の大妖怪達は、鬼と天狗が結びつきを強めるのを苦々しく見ていた
八坂神社は弱体化させたが、地底に行った鬼達が天狗と結びつき
再び地上で大きな顔をされては迷惑だと
そして、この際だから鬼と天狗と河童と八坂神社をまとめて
排除してしまおうと動き出す

だが、紅魔館の吸血鬼が鬼繋がりで鬼達の側に立ってしまう
鬼と天狗と紅魔館が組んだことにより、危機感を一層強めた河童達は
技術をエサに魔法の森の魔法使い二人を味方に付け
彼女達の尽力によって永遠亭を自勢力に引き入れる事に成功

かくして
鬼+天狗+紅魔館vs河童+八坂神社+永遠亭+魔法使い二人vsその他
という勢力図が出来あがり
やがて小競り合いを経て大規模な戦闘に発展して行く…



凄惨な争いの末、魔法の森の二人の魔法使いが諸悪の根源であるとして
スケープゴートになる事で、やっと平和が戻ったとさ。





  • イミフ -- 名無しさん (2010-03-04 00:54:55)
  • 神奈子泣いてねえ -- 名無しさん (2010-03-04 07:28:43)
  • 意味不明 -- 名無しさん (2010-03-05 06:19:56)
  • 河童が河童脅したのかよ
    -- 名無しさん (2010-09-18 20:10:17)
  • ページ名が間違ってるな。以前はちゃんとマジ泣きネタに繋がってたはずだが… -- 名無しさん (2010-09-18 20:58:12)
  • その他www -- 鳥 (2010-11-10 09:47:01)
  • 編集しないの? -- 名無しさん (2010-11-10 21:30:40)
名前:
コメント: