13 :名前が無い程度の能力:2008/03/19(水) 15:47:50 ID:I9DhrN260
霊夢に大自然のおしおきをしたい

37 :名前が無い程度の能力:2008/03/20(木) 01:23:49 ID:iwz4FibU0
13
アイヌの巫女と申したか



鷹がお供の、清楚可憐な北方民族の巫女を引き合いに出して、霊夢を莫迦にしたい。
お酒の席の無意味に高いテンションで小馬鹿にしたい。
「つまり、パートナーの動物と共に、二人三脚で戦う姿は…
 そのキャラクター単体の強さを、抑え目に表現する事になる。
 これによって『守ってあげたくなる』ような『か弱さ』を出している訳ね」
「…そういえば霊夢にも昔、マスコットみたいなのがいたよなぁ?」
最初は、さして興味も無さそうに聞き流す霊夢。
「ああ! いたいた! たしか亀だったな!」
「ちょw亀ってwww こっちは鷹なのに、よりにもよって亀かよ!www」
「いや、霊夢の親がさー、『魔法少女におけるマスコット的な小動物』ってな位置付けで亀を付けたらしいんだけどさw」
しかし、周りの騒ぎっぷりに、霊夢の眉が、ピクリ、と微かに動く。
「亀とか超ダサwwwwっていうか意味不明www」
「しかもこいつ、昔は自力で飛べなかったからww亀にwww乗ってwww」
「マジで?www 超ウケるんだけど!wwwww」
それらの事実について、霊夢自身は何の羞恥も感じてはいない。
だが、周りがそれを馬鹿にして、可笑しがって騒ぎ立てるのは気に障る。
「いい女の子が亀にまたがるとか!www 性的な意味でどうなのよ?wwww」
「それ、すっごく写真撮りたいですwwwww」
「ちょwなんで亀wwそれがカッコイイと思ってたのかしら!?wwバっカじゃないの?www」
「ちょっとチルノちゃん、笑ったら悪いよwwwww」
むっ、とした表情で立ち上がる霊夢。
御幣を握り締めて一堂を睨みつける。
「おっ、おっ、すぐ武力に訴えるの?」
「『外』の巫女は温和で心優しいってのに、『こっち』の巫女は随分と穏やかじゃないんだなw」
「アレじゃないですか? この傍若無人っぷりが個性だと思ってるんですよきっとww」
「そんなんだから、新興の守矢神社に信仰持ってかれるんだぜww」
「まあいいんじゃない?w わたしゃそういう、ぐうたらな霊夢が好きだよwww」
振り上げた拳を振り下ろせず、歯を噛む霊夢。
既に怒りゲージはMAX。
「そうだ、ちょっと乗ってみせてよ亀ww今さwww」
「誰か神社の裏庭の池行って玄爺連れて来いよw」
「おーい、玄爺持ってきたよーw」
「亀キタコレ!wwww」
「誰か動画撮れ動画w」

いきなり喧騒の場に連れてこられ、困惑するしかない玄爺。
「……は? え? あの………」
博麗の巫女の乗騎兼守護役としての大業を果たし終え、神社の横の池で穏やかな隠居生活を過ごしていたというのに。
「あ、御主人さ、ま…?」
だが、突然池から担ぎ上げられ、拉致られて来たその先には、
立ったまま俯き、顔を真っ赤にして震える、かつての主の姿が。
「ほら乗れよw」
「乗れ乗れw」
「でもって飛べよw」
「性的な意味で?w」
「とんじゃう! とんじゃう!ってかww」
「そこまでよ!」
「ちょwそれ、ちがw」

玄爺と霊夢を円形に囲んで、乗ーれ! 乗ーれ! 乗ーれ!のコールが大合唱される中、
ちょっと頬を赤らめたりしてる玄爺。

顔真っ赤にしてぷるぷる震える霊夢かわいいよ! 亀甲(笑)