430 名前:名前が無い程度の能力[sage] 投稿日:2008/01/15(火) 23:39:05 ID:TDGX13CY0
「阿求さん。面白い写真があるんですが」
「……あいや、その。いいです、いらないです」
「そういわずに、ほらー」
「うわわ……うっぷ」
「この前橋の下に身投げした人間の写真です。このぷっくり腫れたお腹がチャーミングでしょう」
「いらないですいらないです……」
「次はー、じゃーん。ほら。木の杭に突き刺さった人間の写真です。あんぐりと空いた口がチャーミングでしょう」
「……お、御手洗いに」
「またまたぁ。ふふ、いい顔しちゃってまぁ。次はですねぇ……」
「も、もうひゃめてくだひゃい……うぅ……ぐずっ……頭から離れなく、なるぅ……」
「解ってやってるんですから当たり前じゃないですか。ささ、次次」
「射命丸さんきらい……うっむぐっ……」
「あらあら。じゃ、これもパチリッと。あー、えぐい写真集が出来ますね。デビューしますか」
「……きらい……」

(やっべまじやっべ阿求ちゃんやばいやばい。ああもう何よこの薄幸そうな表情に人生に弱弱しい体つき!!
ああ妖怪の私からすると、これほどまでに弱々しい存在というのは実に、実に見ごたえがある。
あー。こういうペット欲しいですよねー。いいないいな、可愛いな阿求ちゃん……!!)