295 名前:名前が無い程度の能力[sage] 投稿日:2008/01/08(火) 10:15:36 ID:JfQKMWj.0
文に強力な下剤を仕込んで、トイレから出られなくする。そして、

1 :「文さん、特ダネですよ。特ダネ、マジ」と、トイレの前で大騒ぎして扉をノックしまくる

1':「ちょっと、あっち、行ってて下さい……」とか力無い声で言われたら、「なんかビチビチって音が五月蝿くて聞こえないんですけどー」

2 :チルノ、レティの冷気で外から急速冷却。歯をカチカチ言わせ、太腿とか臍まわりとかを必死で摩擦しながら、凄い勢いで下り行く腹を持て余す我らが文様w

3 :予めトイレットペーパーを全て撤去し、代わりに「文々。新聞」を束にして置いておく

3':ついでに味噌かカレーを塗っておく。ただのドッキリかと思いきや、拭いてるうちに本物のウ○コと混ざって来るからタチが悪い

3":紙質とカレーのせいで全然ちゃんと拭けた気がせず、トイレから出てきても股間を気にしてそわそわしてる文様に向かって一言「なんか臭うな」

4 :飽きてきたら、外の建物をマスタースパークで吹っ飛ばす。踏ん張りポーズのまま硬直する文様でした。