614 名前:名前が無い程度の能力[sage] 投稿日:2007/12/17(月) 22:40:12 ID:gJtm4AX20
≫608
パスタかなぁ

さて、大成功の味を占めた魔理沙は、今度は永遠亭でドッキリ発案
てゐの悪戯に腹を立てた鈴仙が、てゐを攻撃してしまい・・・という同じような筋書き

打ち合わせどおり事が進み、鈴仙に攻撃されるてゐ
しかしここで予想外の事態が発生、てゐが本当に怪我をしてしまい、意識不明の重態に
鈴仙は鈴仙で戦時下の状況を思い出してパニック状態に陥り、
罪の追及を恐れるあまり、負傷したてゐを含む数名を人質に永遠亭の一角を占拠
てゐは適切な処置をしなければ危険な状態にあり、一刻も早い救出が望まれた

罪の追及は、当然企画者である魔理沙に向かう
賛同していた皆も手の平を返したように糾弾し始め、責任をとるため孤立無援のまま、
単身鈴仙の説得とてゐの救出に向かうことに
照明の落とされた永遠亭は既に殺人トラップの巣となっており、
魔理沙は暗闇と死の恐怖に怯えながら永遠亭の奥へと進む
すると突然床板が跳ね上がり──

とここでネタバラシ、血まみれのてゐとばつが悪そうな鈴仙、兎たちが登場する
腰を抜かし失禁までした魔理沙の泣き顔は、バッチリ文のカメラに収められた

しかし、悔しさと安堵感からわんわん泣き出す魔理沙を皆で慰めていると
突然てゐが倒れてしまう。てゐの怪我は血糊ではなく本物だったのだ
永琳の付き添いのもと運ばれていく彼女は、気を失う前にこう言い残した

「一人騙せば詐欺師でも、千人騙せばコメディアンになる。全員騙せばウソもホントになるわ」


  • 実録ドキュメント 「因幡てゐ」  ~嘘に生きた少女の半生 ~


……あれ?