378 名前:名前が無い程度の能力[sage] 投稿日:2007/12/08(土) 22:13:36 ID:QmDLX4VAO
映「来ましたね…。あれほど言ったのに悔い改めなかったとは…。」
⑨「あー!あんたあの時の閻魔!えーと…」
映「四季映姫ヤマザナドゥです。」
⑨「あぁそうそう山田!」
映「や、山田ではありません!」
⑨「何?あたい死んだの!?大往生?」
映「そ、そうです。大往生かどうかは知りませんが…。
ですので今から私があなたを裁きます。」
⑨「どうせ天国でしょ山田?」
映「ま、まず人の話を聞きなさい!あなたは少し人を蔑ろにし過ぎる!
それから山田ではありません!」
⑨「ナイガシロって何よ!日本語を話しなさいよ!ここは幻想郷よ山田!」
映「蔑ろは日本語です!それからここは幻想郷ではありません!
さらには私は山田ではありません!」
⑨「ねぇまだー?」
映「ハァハァ…あ、あなたは少し地獄でその頭を鍛えた方がよさそうですね…」
⑨「ねぇ、何この馬鹿デカい扉ー?」
映「それは天界への扉…って何で開けているのですか!?」
⑨「いや、だってあたい天国でしょ?」
映「あなたは地獄行きです!さぁ、じっくり己の罪を…」
⑨「バイバイ山田ー!!」
映「…………。」



小町「やべーな、六時間も寝過ごしちゃったよ…また怒られるなぁ…
あれ…四季様?」
映「うっ…ひっく…私は…山田ではないと…何度言えば…。」


いじめっぽくなくなった…