411 名前:名前が無い程度の能力[sage] 投稿日:2007/06/16(土) 22:16:59 ID:1lIRg6UU0
「もう、たくさんです!」
 妖夢が突然、そう叫んだ。
 次いで、私に対するありとあらゆる罵詈雑言を吐き散らす。
「幽々子様は、いつもいつも──!」
 それは私に対する不満で。
「だから──なんて嫌なんですよ!」
 それは私への反発で。
「そもそもわたしは、幽々子様の──な所が受け入れられないのです!」
 それは私への反逆で。
「もう我慢の限界です! さようなら、幽々子様。もう二度とここへは来ないでしょう」
 そしてそれは、私への別れの挨拶。
 泣き崩れて、嗚咽を漏らして、ただ悲しむことしかできなくて。
 遠ざかる妖夢の後ろ姿を見つめることしかできなくて。
 妖夢の言葉に胸を貫かれた私は、妖夢を引き止めることさえできずにいた。
 あまりの出来事に体が動かない。言葉の衝撃に足が動かない。
 言いたい言葉があるのに、それを届けることができなかった。
 いつしか妖夢の姿は見えなくて。
 私はただ、悲しみに明け暮れることしかできなかった。