人間と動物の境界は、文化の有無だという。

動物は、狩る、喰らう、殖える―――生きる為に必要な事だけを備えている。
動けぬ仲間を助ける事はしない。
飢えれば共食いもするし、我が子でさえ喰らう。
これに比して人間には、積み上げた文化から生まれた慈愛の心、互助の念といった概念が有る。


だが現実はどうだ。
これが、私が愛し、護ろうとしてきた人間の所業なのか。
慧音は小屋の中を見回す。
自分を中心に、身を寄せ合うようにして震える大勢の幼子達。
立て付けの悪いこの小屋では、既に間近に迫っている冬の寒さを凌ぐには、余りにも頼り無い。


歴史書、教養書、詩集……慧音は手元の書物を炉に投げ入れる。
これらは食べ物と交換できずに残った物。
食料だけでなく燃料も貴重だから、こうして燃やして出来る限り切り詰める。

飢饉に際し、口減らしの為に我が子を捨てる。
人間といえども、暮らしが逼迫すれば文化さえ失い、動物へと還っていくのだろうか。
燃えていく教養書を見ながら、何とも言えない虚しさに胸が染まる。

ただ、生活・採集の為の実用書だけは残した。
無事に冬を越したら、この子供達に生きる術を教えなければならない。

家財道具と衣服は、防寒用の物を除いて全て食べ物に変えた。
それでも大勢の子供達の口をまかなうには絶望的なまでに、足りない。

霊獣ハクタクの角を二本、魔法使いに差し出した。
霊毛とも言える髪を、人形使いに渡した。
私の申し出に彼女達は驚き、躊躇ったが
私が受け取るのを躊躇ってしまう程の、沢山の食料を分けてくれた。
それでも、まだ、足りない。

これ以上、私が差し出せるものといえば―――

慧音は立ち上がる。
不安げに下から見つめてくる幾つもの小さな瞳。
服の袖を掴んで来る幾つもの小さな手。
また捨てられるのではないかと、不安なのだ。
「大丈夫だ。必ず戻って来るから、みんな良い子にしてまっているんだよ」




 *




買い手は、すぐに、大量に見つかった。

里の守護者として知られている慧音。
そういった畏敬の念や、半人半獣である事を、時々ふと忘れてしまう程に、この娘は凛々しい美しさを備えていた。
慧音の姿を見る為に、彼女が開いている寺子屋に顔を出す若者も少なくない。
だが純朴なこの娘は、そのような邪な若い衆の視線に気づく事も無く
教養を身に着ける事は良い事だと、嬉々として講義をしていたのだった。


その慧音が、男に体をひさいているという。
「あの慧音様が……。」
ただでさえ飢饉で鬱屈としていた里の男達である。
「あの慧音様を……。」
なにか、神聖なものを汚す様な背徳感に、誰もが顔を紅潮させて生唾を飲み込む。
下腹部にたぎる熱い泥の様な欲望を、誰も抑えられようはずが無かった。


 *


「ほんとうに…動物と、大差が、無い、ものだな…」

自分の全てを、手放してしまった。

もう、自分には、本当に何も残っていない。

食料が詰まった大きな麻の袋を担ぎ、慧音は灰色の雪空を飛ぶ。
途切れそうになる意識が、痛みで身体に引き戻される。
やがて、力無い足取りで、子供達の待つ庵に辿り着いた。

「済まなかったな、みんな。 待たせてしまった…」
こんな事は経験が無かったから、思っていたよりもかなりの時間がかかってしまった。
戸口を開けた慧音の姿を見て、子供達の沈んでいた表情が、灯りをともしたように明るくなった。
おかえりなさい、そう口々に叫びながら、子供達が慧音の身体に飛びついてくる。

受け止めきれずに尻餅をつく慧音を、幾つもの幼い笑顔が取り囲んでいた。

ああ、そうか。
私は全てを失ってなどいなかった。
こんなにも沢山の、命と笑顔に、囲まれているじゃないか―――








  • 献身ネタは一番胸にくるな…
    涙が -- 名無しさん (2008-12-15 01:01:49)
  • けーね… -- 名無しさん (2009-03-12 05:59:41)
  • 誰だ!?けーねをこんなにしたのは!!? -- 名無しさん (2009-10-08 15:36:22)
  • ↑すまん。俺だ。 -- 名無しさん (2010-03-04 00:11:07)
  • しょうがねえ
    取って置きの取って置きをこっそり家に置いておくか -- 名無しさん (2010-03-04 00:52:02)
  • ↑↑よしいいか絶対そこから離れるな今お前の息の根を止めてやる -- 名無しさん (2010-03-04 15:05:35)
  • けーねが優しすぎる… -- 名無しさん (2010-03-06 08:11:14)
  • この後子供たちが妖怪に食い荒らされてバッドエンドな -- 名無しさん (2010-03-06 18:07:30)
  • ↑多分それに直面したけーねは発狂するな。 -- 外道 (2010-03-06 19:07:45)
  • ↑幻想郷の歴史という歴史全てを消しかねん -- 名無しさん (2010-04-05 16:44:38)
  • ↑のBADENDがぜひとも見てみたいんだが -- 名無しさん (2010-04-05 16:48:24)
  • ↑作者の代わりに書いてみたいな -- 名無しさん (2010-04-05 19:41:54)
  • 外道と壊れかけている生き物は自分の中ではけっこう
    有名なんだが。 -- 鳥 (2010-11-11 12:30:53)
名前:
コメント: