630 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/16(金) 20:52:35 [ SUvL3FXg ]
気がつくと永遠亭に一人ぼっち、しかも竹林から出られないとか。


631 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/17(土) 00:15:01 [ oVf4Q4KQ ]
 >>630
それは良いね。

生粋の姫君っ娘らしいから一人で炊事なんてできない輝夜。
畑仕事どころか収獲の仕方すらわかってない為、すぐに備蓄の食糧も尽きる。
蓬莱人とは言えど、お腹が減ると辛い。
ボロボロになりながら竹林と山野を這い回る輝夜。

何日かぶりに、樹木の根元に生えてるキノコ発見。
クワッ、と目を見開き、キノコ飛びついて貪り食う輝夜。
そこを野良獣妖怪達に見られて、
おいおいあれって永遠亭の姫じゃねーの?え?うっそマジマジうわーっキモッ姫君も堕ちたもんだなぁオイ
従者が居ないと何もできないのかよ国のご両親がないてるよ貴族の威信も何もあったもんじゃないな
とかって散々に言われ、プライドをズタズタに裂かれて泣きながら走り去る輝夜。

しかし空腹の為に足がもつれ、樹木の根につまづいて転ぶ輝夜。
蓬莱人とは言えど、怪我をすれば痛い。
鼻血を拭きながら立ち上がろうとするが、無茶して走ったせいで残っていた体力も尽き果てる。
いよいよ足腰立たないくらいに弱った輝夜。
深い竹林の中心で大の字になり、ピクリとも動かないまま落ち葉に埋まっていく輝夜。
もはや瞼を閉じる力すら残っておらず、眼は半開きのまま夜空へ向けられている。
その虚ろな眼の中には故郷の満月が映っているが、それが輝夜に見えているかどうかはわからなかった。


632 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/17(土) 00:43:01 [ rJHYaiRk ]
てるよいぢめ
______             !      !
'"    `ヽ.   _,,,.. -───!     | ,! -‐-
 で も  i'"´::::::::::::::::::::::::!    /
 き う   〉:::::::::::::::::::::::::::|   ノ  ご ご
 て  :  i::::::::::::::::::::::::::::|  i.  は  `
 る  :  |/:::::::::::::::::::::::::::|  |.   ん
 よ    !::::::;'::::::::::::::::i::::!  ':,  :
  :    |:::::;!::::::::::;'::::::::::!   ヽ. :
  :   _ノ:::::/i::::::::::i::::/|::::|   | ノ ,. -‐
、___,,.へ!::::!:::::| |::::|::::!::;' .|   '´l |
..!::|::::::::i:::::i::::i」,!-i'"|/  |_;|    | |
.!:::i::::::::L_,!ィ''"__」ニ=r、  :|    l !|
::::!::::::!::::;ハ,!ィ'´__:::_!。  !    
!__!___ハ::::,!イ、,ゞ''"´  ....::!    l |
  |::::::(__ン "        |    ! |
 .: !:::::o|:::ハ      ,.._--|    | |
  .|::::::::!::::::::|ヘ、 u  └''"´|    ! _
 :.|::::::∧:::i::|:::::::|`7'ァ- .、.,,! -‐_,,.. -、`
/\/ ':, |::! ○'´ヽ `ヽ、__|,.'"´ _,,.イ
      ', |::::i ポロ  ,.: /  /´ l |
  • ‐十''"´ ヽ/i o ポロ ,/ _,/´`ヽ、_
 ,.-!‐ナ、   |___ r‐--i   ,. --、.,__ノ
/  レ'  i    / ヘ  i  イ_,.:-‐- 、
ヽ、/  ノ    /ヽ、!ィ'´!     ,,.. - 、,_) 
        /_,..-'"//i    ̄"'' ー-、
 r、、 |     >'  | |/     ,r─--:'
 l_|」 |  <、/   | l    ,.イ  |  |
 ロロ |   くi    i l   /:| !    |

639 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/17(土) 15:06:41 [ s8ixJ.Q2 ]
 >>630
野良妖怪どころか生きている存在は小動物すらおらず、インターネットにもつながらず
話す相手が誰一人としていない永遠に静かな永遠亭・・・
最初こそ何とかなると思っていたがやがては孤独に耐え切れなくなり人恋しさから慧音の村へ行こうとする。

しかし、竹林から出られない。
何日歩いても、どれだけ正確に村を目指そうとも必ず永遠亭に戻ってしまう。
そんな毎日が永遠に続く輝夜。


とか?


640 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/17(土) 17:35:50 [ HK/KTWXc ]
 -輝夜は-
2度と永遠亭から出られなかった…。
人間と竹の子の中間の生命体となり
永遠に竹林をさまようのだ。
そして死にたいと思っても死ねないので
―そのうち輝夜は考えるのをやめた


644 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/17(土) 21:39:28 [ ijeW55Ag ]
 >>640
イメージAA作ってみたw

   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |  永遠亭  .|
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |←INてるよ
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |

※光ってないので目立ちません

646 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/17(土) 23:29:08 [ 4jaFTygs ]
   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        | <……妹紅? もしかして、そこにいる貴方は妹紅?!
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |



    ,-へ,  , ヘ           ||
    ,ヽ_,_i=/__,」         ┝┥
   ,'   `ー' ヽ.            ||
   i <〈」iノハル.!〉           ||
   i L>;゚Д゚ノi.ゝ           ┝┥ <……なんて調子良く知り合いが通りかかるわけないわよね
  i>i ir^i `T´i'i |.            || 300の年も前の話なんだから……。
  .i>i !>^i`''´'iイ|.            ||
   i.ル'ヽr_,ィ_ァ'レ             ||


648 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/18(日) 10:54:31 [ z4uB7tHw ]
   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        | <こんなこともあろうかと、ポータブルPC持ってて良かったわ♪
   |        |
   ∈≡≡≡≡≡∋
   |        |
   |        |
   |        |⌒)
   ∈≡≡≡≡≡∋ (
   |        |  \
   |        |   \
   |        |     ◇ ←LANケーブル



    ,-へ,  , ヘ           ||
    ,ヽ_,_i=/__,」         ┝┥
   ,'   `ー' ヽ.            ||
   i <〈」iノハル.!〉           ||
   i L>;゚Д゚ノi.ゝ           ┝┥ <…ああ、ケーブルが短くてモデムに届かないわっ。
  i>i ir^i `T´i'i |.            || たすけてえーりん……。
  .i>i !>^i`''´'iイ|.            ||\
   i.ル'ヽr_,ィ_ァ'レ             ||  °