415 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/03(水) 11:34:52 [ GSlGvObE ]
駆け出しの頃の魔理沙は魔法きのこの胞子の幻覚で
結構酷い目にあってたんだろうなーと幻視

418 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/06(土) 02:20:14 [ uijHnXOs ]
 >>415
胞子を一杯に顔に浴びてしまって、涙とくしゃみが止まらず
這い蹲りながらなんとか家まで帰ったものの、あらゆる薬を試してどれも効かず
魔理沙とは思えないような情けない涙声で誰か助けてとかひんひん泣きながら
三日三晩寝込んだりしてたに違いない

419 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/06(土) 04:03:32 [ rmaL0K/I ]
 >>418
そしてそんな感じで寝込んでいるうちに治るだろうと決め込んでいたが
治るどころか日に日に悪化して、流石にこのままじゃ死んでしまうと
家から這って出るが玄関から十数メートル歩いたところで倒れてしまう。
そこにたまたま通りすがった魅魔様が彼女を看病して無事完治に至った。
それ以来魔理沙は魅魔様に自然とついていくようになった…と勝手に幻視。

しかも当時の魔理沙はマジックアイテムを扱える程度の能力だけで
自力では魔法どころか空を飛ぶことすら出来なかったんだろうなぁ。