285 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/12/17(日) 18:51:59 [ X6..XBoY ]
本来、こういういぢめ方を探求するスレだったと思ったが…

ひょんな事からうどんげと睨めっこをすることになった
うどんげは終始軽く目を見開いて俺を幻視させようと必死だが、異性に見つめられて照れているのか顔が赤い

そんなうどんげが可愛くて、ちょっぴりいたづらしていぢめたくなった

まずは無言・無表情で徐々にうどんげとの顔の距離を詰めてみる。
顔がだんだん近付いてくることに気付いたうどんげは、徐々に呼吸の数が少なくなる
で、とうとう鼻先が触れるか触れないかという微妙な距離で、うどんげがゆっくりと鼻で息をしていることに気付く
さて、どこまで耐えられるのかなと内心ニヤニヤしながら、次はゆっくりとうどんげの両肩に手を置いてみる
態度には表れていないが、うどんげは内心かなり慌てている様子。ついに動揺を隠せなくなったのか、スカートの裾を掴み始める

さて、ここで軽く指先に力を入れて、うどんげの肩を引き寄せるフリをしたらどうなるか

就寝前にこの出来事を思い出して心臓バクバクになり、朝方まで寝付けずに翌日不眠症と対俺恐怖症になるうどんげをいぢっていぢめたい



日本語グダグダになって済まん