689 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/21(水) 16:06:56 [ p3c8vj4. ]
「星が綺麗ね、蓮子」
「そうね、メリー」
「最近、前は見えなかった星が見えるようになってきたのよ」
「夜空を眺めると視力は良くなるわよ」
「たとえばほら・・・北斗七星のミザールの伴星も見えるようになったわ」
「私には見えないわ」
「え?」
「メリー、それは死兆星よ」
「蓮・・子?」
「あなた死ぬわ」
「え・・・え!?」

697 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/21(水) 19:16:09 [ vp6xRQ6M ]
 >>689からはこう続くんだなw


ゆあ、SHOCK!
         ,.--、_,,....,,__,. -- 、
     ,.- '"// ⌒ヽヽ  //⌒l |
   /   l | ___ ___',',nイk___,// ヽ,
  ,'   ヽ_rゝゝ-' ー',.-、- 、イ、   i    
  i  ,.へ_トー'"___,,.ィ !  ハ、、__イヽ、イ     
  r'⌒ r´γ   /__i_. i / V___ハ   ゝ  
 〈_,.イ  イ  ,ィ´,.ー,` レ´  ',-,`!ヽ! ハ O 
   i  i .レイl ト' i    ト' } ! ハ/ヽ(
 。 |  。o i゜`,,'ー' :::::::::::: 'ー',,゜io 〉。  
o  .〉  ! ) l ',    ,.-─┐   从 (   o
   i  /〈  lヽ,.  !´ ̄ヽ! ,.イノ Yヽ、
  ノ  イ /ヽ、| .i>、` ___,,..イ /_ハ,.--、
 ,'  )  i,.-ハ/ ゝ、__ 7 iゝノヽi ヽ./ ,  ヽ、
 i / ./  〈 ノ i ヽ、`}>n<{_,.イヽ(ゝ/ /  i
 ハ !/   }><{、   Y  Y}><{〈 .!ヽ/__/ /
 ! 〈     ハゝ 〉  `ー´  ハィ ゝ、ニニ`ン
/  iヽ/ヽ/ヽ/ゝイ /´ ̄ヽ,   V i`ー--ン´


700 名前:勝手に689をマジ方向に繋げてみるテスツ 投稿日:2007/02/22(木) 06:14:43 [ pjMt4iCc ]
「蓮子! 私が死ぬってどういうことよ!!」
「……『北斗の闘士』の物語、知らない?」
「そんなコトより、どういう事なの……説明してよ!!」
「落ち着きなさい、メリー……落ち着いて聞いて」
「…………」
「この物語の中に度々出てくるのがメリーが見つけた『死兆星』よ」
「…………」
「この星を見た人は近い将来……1年以内だったかしら……に、死ぬ」
「……それで? 私は死ぬんでしょう? そんな話して、どういうつもり!?」
「最後まで話を聞いて。ひとつ、例外もあるの……」
「……教えて。 できることならば何だってする!!」


「メリー……」











「私を、殺しなさい……」


701 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/22(木) 06:26:23 [ pjMt4iCc ]
「ちょ、それは本気で言ってるの? できるワケがないじゃない!!」

「だけど、方法はそれしかないわ」
「……『死兆』の運命は、近しい人の死で相殺できる、と取れる描写があるの」



「…………それで、蓮子は殺されていいなんて考えているのかしら?」

「メリーになら殺されてもいい……それくらい、大好きだから」







「………………バカ……」
「でも、やっぱり私に蓮子は殺せない……蓮子のいない世界なんて、死んだほうがマシよ」


「いいの? 死ぬわよ?」




「……私には境界が見える。 いつか操れるようになるかも知れない」
「遅すぎるかも知れない。先に死んじゃうかもしれない…………でも」
「……最期まで、蓮子と一緒にいたいの!!」


702 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/22(木) 06:42:21 [ pjMt4iCc ]


それから1年。結局何事もなかったかのように過ぎ去った……
相変わらず『死兆星』は消えず、不安も残ってはいたが、平凡な日々が続いていた。




ある日、メリーは眠れなかった。ふと、夜空を見上げてみる…………


「!!? 『死兆星』が……消えた!?  まさか、蓮子に何か……?」

急いで蓮子に連絡を入れようとする……が、通じない。
眠っているだけかもしれない。そう思い、蓮子の家へ…………しかし、何か様子がおかしい。



「あら、メリーさん……その……蓮子を見なかったかしら? まだ大学から戻ってないのよ」




そんなバカな……私と蓮子は、確かに一緒に帰ってきたのに…………
事故ならば、ここまで来るのに気がついたハズである。
そして、蓮子が家に帰らない理由は……何ひとつ、ない。



「今、警察にも連絡を入れたんだけど……メリーさんも探してもらえるかしら……」


703 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/22(木) 07:08:35 [ FSjZqHH6 ]

思い当たるところ、ひたすらに駆け回った。
もう真夜中。人通りもない。


数時間後、あの日語り合った場所で……
……境界を見つけた…………

これで、ひとつの確信を抱いた。この先に―――


境界を越えようとしたとき、聞き覚えのある声が……

『メリー、その境界は越えちゃダメ……』

「蓮子! どこにいるの!?」


『その境界の先……だけど、もう私はいない』
『…………情けないなぁ……急に境界に飲み込まれて』

『……食べられちゃった。 今は冥界、あの世から特別に喋らせて貰ってるの』


信じられるハズもなかった。蓮子が―――もう死んでいるなんて

『ここの主が私たちの事知っててねぇ……結界暴きがバレてたみたい』


なんでそんなにおどけて……まるで誘っているかのよう


『…………来るのね。止めてもムダだと思ったけど』

嘘。どう聞いたって、誘ってる……
そして、意を決して……飛び込んだ。





『……悠久の幻想を彷徨う、マエリベリー・ハーンに幸あれ』


704 名前:後書き? 投稿日:2007/02/22(木) 07:14:45 [ FSjZqHH6 ]
……ごめんなさい、書いているうちにスレ違いっぽくなりました。
やっぱり即興で書いちゃダメですね……全然いぢめてないし。

 >近しい人の死で相殺
レイの死とマミヤ辺りからのご都合解釈です……



境界に飛び込んだメリーの運命は……各人の想像にお任せします。
最後の一行は……後から見直すと意味不明orz



とりあえず、スレ汚し失礼しました。
あと、>>689氏、勝手に使ってゴメンナサイ。