685 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/21(水) 00:31:13 [ nM9s8lqg ]
宴会でルナサをいじめてみる。

「さて、それじゃ一曲弾かせてもらおうかな……」
「え……やるの?」
「?」
「いい加減にしてよ。うざったいのよ、貴方の音は」
「せっかく盛り上がってるのに興ざめよねー」
「いや、あの……」
「だいたい今時バイオリンってねぇ……」
「いつの時代よ。古臭くて聞いてられないわ」
「うう……メルラン、リリカ……」
「よし、じゃあ私が演奏する!」
「あ、メル姉ずるーい!私もー!」
「お、待ってました!」
「じゃ、じゃあ三人で……」
「…………」
「…………」
「え?え?」
「……姉さん……」
「…………わかるよね?」
「あ……う……」
「ほら、そんなのいいから早くやってよ!」
「そうよ、二人で盛り上げてー!」
「うん、じゃあいくわよリリカ!」
「オッケー!」
ワーガヤガヤ

「…………ぐすん」


686 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/21(水) 00:35:03 [ Hnp.qNHk ]
何かへこたれなそうが、同時にいつの間にか消滅してそうな気がする。


687 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/21(水) 03:12:21 [ RpLIBa.c ]
そんな不憫なルナサを
拉致監禁して、発狂するまで現代音楽ばかり弾かせたい


688 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/02/21(水) 07:05:26 [ fG8vOevo ]
 >>685
爪弾きにされるルナサが不憫ですごく良い(*´Д`)
そうだった、ルナサの操る音は、欝の音。
灯台元暗しというか失念していたぜ…GJ!