495 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/21(日) 01:20:24 [ saRZG1oc ]
 >>448
 >文に捏造記事を書いたり盗撮したりするのが楽しいのかと問いただしてみたい。
激しく問い質したい。しかし俺にはSSを書く力が無いのであった…OTL
どなたか↓な感じで書いて頂きたく存じまする…

今日も「取材」と称し、プライバシー侵害まがいのネタ集めや盗撮をして飛び回る文。
「取材」が順調で文の機嫌は良いが、それをされる側は甚だ面白くない。
堪忍袋の緒が切れて文を追いかける者も時々出るが、流石に速度では追いつけない。
ニコニコしながら逃げ切り、取材を続けてまわる文。

そんな文の行動を浄頗梨の鏡で見つめる険しい表情の閻魔様。
溜息をつき、鏡面をひと撫ですると、そこに「もう一人の文」の姿が映る。

翌朝、幻想郷中に「文々。新聞」が配られた。
だが掲載されている写真は全て、文の姿を写したものだった。
記事も、文の私生活や不手際から、文本人しか知り得ない失敗などを、
根も葉もない形で捏造解釈した内容で埋め尽くされていた。
自分で発行した覚えの無い自分の新聞に酷く困惑しつつ、その恥辱的な内容に狼狽する文。
「何故自分の新聞で、自分の醜態を?」と住人達は不思議がりながらも、文の醜態に溜飲を下げる。

「どうです? 私の新聞、楽しんで頂けましたか?」
という自身の声が背後から聞こえ、びくりと震えて振り返る文。
そこには見紛う筈も無い自身の姿が。
満面の笑みを浮かべた文が、動揺の表情を浮かべる文を見つめる。

文はふと我に返り、怒りに任せてもう一人の自分を追いかけるも速度は互角。
引き離されず、されど追いつけず。
攻撃を仕掛けてみても手応えがまるで無く、疲労だけが溜まる。
まるで水面に映る己の姿に石を投げ続けているかの様である。
それからというもの、
もう一人の文は、追えば逃げ、引けば付きまとって来きた。
「取材」と称して。
どんな時でも笑顔で。



定期的に、幻想郷中に「文々。新聞」が配られる。
それ自体はいつもと変わらぬ事であったが、
その内容は全て、発行者である文に関する事で占められるようになっていた。
文は文の「取材」を続けた。
わくわく、という擬音が滲み出るような笑顔で。
文がどんなに付きまとうのをやめて欲しいと頼んでも、もう一人の文は「取材」をやめない。
怒りの形相でまくしたてる文と、それに対して涼しい笑顔で受け答えする文。
文は自分の姿をした者に怒鳴りながらも、そのやりとりの光景をどこかで見た事を、ぼんやりと思い出していた。

「出鱈目な記事を書かないで下さい!」
「新聞の記事は、書く者の主観と読む者の主観にズレが生じる事が往々にして起こり―――
 ―――ですので、私は私が思った通りに記事を書くだけです。」

「言って伝わらないのであれば、私もしかるべき手段に出る他ありませんよ…!」
「何者の、どのような脅しにも私は屈せず―――」

「いい加減にしてくださいっ! もう、私を放って置いて…っ!」
「私には真実を伝える義務と権利が―――」

「お願い、おねがいで、すから、も…やめて……」
「こんなに面白そうなネタを、私が見逃す筈が無いじゃないですか―――」

泣きじゃくる文の顔に、フラッシュの光とシャッターを切る音が何度も浴びせられ続けた。

497 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/22(月) 04:44:21 [ kY4MDpF. ]
 >>495
検閲スタンプを持って文の家に押しかけてくる霊夢を妄想した

511 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/25(木) 04:22:37 [ tQMx5z7I ]
 >>509
GOOD END No.1(文 改心END)って感じの軟着陸ですな。


 >鴉天狗が幻想郷中に謝罪して回っ―――
の一文を無かった事にし、本物の文は心神喪失→今生きてるのはドッペルの方。という個人的妄想を
一人でして美味しく食させて頂きましたぜ。故にgj!

512 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/25(木) 11:18:01 [ qSEwB.xI ]
 >>510
材料が同じでも、って良く言うじゃないか。頑張って!超頑張って!

 >>511
謝罪に回って周囲と関係修復したのが、既にドッペルだったんだと思った。
改心したと見せかけて、まるっと入れ替わってしまっている。
と、文の様子とか閻魔様の台詞とかから邪推。




514 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/25(木) 18:40:10 [ fcRp9NI. ]
え、交友回復したときには既に入れ替わってるんじゃないの?


515 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/25(木) 21:16:08 [ uybEevpY ]
気付くことさえできれば、ドッペルが修復してくれた交友が立ち直る助けになる。
逆に気付けなければ、ドッペルによってずっとこのままの監視生活が続く。
まさに両極端、あるのは白か黒かだけ、と。


516 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/01/26(金) 00:00:43 [ u1moDkP2 ]
監視されてることに感じてMに目覚める

MEnd
これは灰色か?