547 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/11(水) 23:55:23 [ GxVBAOeg ]
本当だ。見れないな。
ところで、>>530見たいな事ができないので、スレ汚し。
正直姉妹スレにしようか迷った。


「こんなところで、お嬢様。どうして、窓辺にいるの?」
 いつもテラスでこっちを見ている。さびしそうに悲しそうにこっちを見てる。
 気づいているのは私だけ。

 もしかして、いつも大人のひとたちが噂しているお屋敷の悪魔って。?

「気にもしないわ。そんなに恐いこに見えないもの。
 きっと世界を御作りになったとき時に、うっかり神様が間違えたのね」

 真紅のかわいいドレスに、青い髪。
 今まで、どうして友達がいなかったのか、解らない。

 じゃあ、私がこれから仲良くしてあげる。今からでも遅くはないのよ。

「あなたの背中についているのは、翼かしら。もしかして、蝙蝠の大きくなったものなの。あなたって」

 ああごめんね。気にしてたの?
 そんな事ないよ。あなたはちゃんとした悪魔よ。

 ねえ、レミィ。ホント、毎日来てもいいのよ。※※※に見つからないようにね。


548 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/11(水) 23:59:00 [ GxVBAOeg ]
「本当に?夜に起きて朝に寝てるの?それもあの屋敷の中で篭りっきりで?だから、あなたの肌は白いのよ」

 ごめんなさいね。
 そんなに太陽が苦手だったなんて。
 もう泣かないで。あなたが吸血鬼でも、私はあなたをレミィと呼んであげられる友人よ?
 そう、あなたは、私の一番の親友よ。

 「あなたは追われてきたのね。でも、大丈夫。ここはとっても静かな田舎なの。」

 少し世の中から、遅れているかもしれないけれど。
 それでも、ここほどいいところは知らないの。

 ねえ、レミィ。必ずどこかに自分の住んでいい場所はあるからね。 

 「自分の屋敷の裏の花畑にご案内?素敵なところ?じゃあだれにも見つからないように行かないと。」

 あなた日傘をさせば、大丈夫なの?
 これで、昼間でもどこにも行けるわ。レミィ良かったね。ホントに良かった。
 さあ、これから、どんなところに行こうか。考えようよ。
 あなたのいつも言っている妹の困ったさんといっしょに、ね。

 ん?何?

 「大丈夫、神様だって許してくださるわ。だって、世の中みんなを神様が御作りになったのなら、
 あなたの友達になっても大丈夫なはずよ。神様はちゃんと見守ってくれるのよ。」


549 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/10/12(木) 00:02:40 [ B5/lcWtI ]


 ねえ、レミィ泣かないで。
 ごめんね。私失敗したわ。あっさり、見つかっちゃってた。
 困ったね。こんなに血がいっぱい出るなんて。
 ああレミィ。
 あなたのせいじゃないのよあなたのせいじゃないのよ。
 あなたが誘ったからこうなった訳ではないのよ。
 だから、泣かないで。
 私が焼かれているのを見ちゃ駄目。こっちを見ちゃ駄目よ。すぐ※※※がくるわ。
 とっても恐い人。また泣いちゃうぐらい恐い人。あなたのお屋敷を焼いた恐い人。
 だから、もう振り返らないで。焼き滅ぼされた振りをしてここを離れて。
 ねえ、レミィ。あなたにも、またきっと親友と安住の地が―――。


 月光高く、風唸る晩に、
 遠い紅い吸血鬼は、花壇を眺め、夜空を見上げて少し泣く。



上記、トゥルーエンド。バットエンドは、主人公に恨まれます。